読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

映画「ドラえもん新のび太の日本誕生」タイムパトロールに逮捕されないドラえもんに違和感(笑)

映画

スポンサーリンク

うちの3歳の子は、ドラえもんを全く観ていないんですけど。

今回、子供とまる1日一緒に過ごすことになりまして、公園へ遊びにいったり

ごはんを食べたりというのも考えたんですが、あと、普段してないことを何かやろうと思い、ふと映画を見ることにしました。

 

映画自体はこれまで、

アンパンマンとニンニンジャ−を観たのですが、どちらも普段から観ている作品で

かつお子様向けということで、時間も短いものでした。

 

・・が、ドラえもんは普段みていない上に、大人映画並の104分もあるということで。

 

最後までちゃんと観てられるか不安でしたが・・

結果的には、ちゃんと最後までしっかり観てました。

 

やっぱりドラえもんは、言葉がまだ100%理解できないような3歳の子にも楽しめる作品なんだなぁと実感いたしました。

 

 

こののび太の新日本誕生ですが、ぼくはこどもの頃に初代の「日本誕生」を観たことがありました。

 

ぼくが覚えている、初めて映画館でみた映画だったと思います。(みていたかもしれませんが、覚えている中では最古)

 

これを観た時には実はぼくの場合はそれなりの年齢になっていた(はず)なので、内容はほぼ理解できていたように思います。

 

その時は観終わったあとに、「あ〜あんなふうに、自分たちの秘密基地を自由に作れたらいいな〜」なんてことを思ったような記憶があり、とてもおもしろかったと感じていたので、

子供と一緒にみるにしても、日本誕生なら苦じゃないなと(笑)

 

そういう気持ちで、観にいってしまいました(笑)

【チラシ付映画パンフレット】 『映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生』 出演(声):水田わさび.大原めぐみ.かかずゆみ

 

ドラえもん 新のび太の日本誕生 ストーリー・あらすじ・ラスト・結末

家でも学校でも叱られてばかりののび太(声:大原めぐみ)は、家出をしようと思い立つ。ところが、どこに行っても持ち主がいない土地はない。さらに、ドラえもん(声:水田わさび)、しずか(声:かかずゆみ)、ジャイアン(声:木村昴)、スネ夫(声:関智一)もそれぞれの理由で家出したものの、みんな行くところがなく、途方に暮れてしまう。それならいっそのこと、まだ誰も住んでいない太古の日本へ行こうと、史上最大の家出に出発することに。のび太たち5人がタイムマシンで向かったのは、誰もいない7万年前の日本。原始時代の日本で自分たちだけのパラダイスを作り、たっぷり遊んだのび太たちは、一旦、帰宅することにしたが、なぜか現代で原始人のククルと出会う。どうやら時空乱流に巻き込まれて現代に来てしまったらしい。しかも、ククルの家族がいるヒカリ族は、精霊王ギガゾンビとクラヤミ族に襲われたというのだ。ククルとともに原始時代に戻った5人は、ヒカリ族を救うため立ち上がる……。

 

ギガゾンビというのは、実は未来人だったんです。

未来の技術力を駆使して古代の人々を従わせるという。。

 

しかも時空乱流を人工的につくりだす装置があって、

それによって、タイムトラベルでこの時代にこられないようにすることで

永遠に自分の好きな世界を作ってしまおう、というのがギガゾンビのねらい。

 

ドラえもんはドラゾンビ様となり、のび太・しずかちゃん・ジャイアン・スネ夫とともにヒカリ族を助けるためにクラヤミ族・ギガゾンビと戦います。

 

最終的には、のび太がつくりだした架空の生き物、ペガサスのベガ、ドラゴンのドラコ、グリフィンのグリの活躍もあってギガゾンビを倒し・・

 

中国の奥地に住んでいたヒカリ族たちを現代では日本になる土地へ移住させ、そこで幸せに生活してもらえるようにする。

 

という内容でした。

 

ギガゾンビは最後にタイムパトロールによって逮捕されるのですが

ここが・・(笑)

 

 

ドラえもんは、なぜタイムパトロールに逮捕されないのか

一番に思った、感想・口コミ・評価・評判・レビュー

 

これ、ドラえもん関連のことを詳しく書いたところであれば必ず出てくる話なんですが

ドラえもんって、タイムパトロールに逮捕される対象ではないのか??という疑問があります(笑)

 

今回のこの映画では、ギガゾンビを倒すところでタイムパトロールがのび太たちの助けに入ります。

 

タイムパトロールとは・・たぶんですが、タイムスリップ?タイムトラベルをして歴史を改変しようとしたり、何らかそれに関わる犯罪を取り締まる人たちなんだろうと思います。

 

藤子不二雄Fさんの作品で「タイムパトロールぼん」というのがあって

実はぼくはこれがとても好きなんですけど。

 

藤子・F・不二雄大全集 T・Pぼん 1: 藤子・F・不二雄大全集 第3期

藤子・F・不二雄大全集 T・Pぼん 1: 藤子・F・不二雄大全集 第3期

 

 

このタイムパトロールというのが、タイムトラベルができるようになる未来には存在しているようです。

タイムトリップ専門の警察のような組織なんですかね。

 

今回、タイムパトロールの隊員さんが登場して何をやったかというと、

 

 

・ギガゾンビの逮捕(罪名・時空破壊未遂罪?)

・ベガ、ドラコ、グリの回収

 

まず、ギガゾンビについては

古代人たちを操って歴史を改変しようとし、さらに時空破壊?をやって

なんびともこの時代に入って来られないようにした

これが罪、ということでした。

 

なるほど、悪いやつだ。

 

ただ、よく考えてみると、

ドラえもんは時空破壊はやってないものの、

 

時代は改変してるよね!?という(笑)

 

未来の道具を使って、岩山に穴を掘りまくり、現代のホテルのような空間を再現してみたり(笑)

植えるとカブのような植物が生えてきて、その実を割ると、スパゲッティやカツ丼など、美味しい料理が出てくるというありえないモノを育ててみたり。

 

あの・・植物とか、それを育てるための人口太陽とか、人口雲とか・・

回収してませんよね・・(笑)

 

また、ヒカリ族さんたちの前で、ドラゾンビとしてギガゾンビの手下であるツチダマに

サンダーボルト的な技を繰り出してみたり(笑)

 

 

いやいや、もっと言うと、

のび太くんたちがいる時代にやってきて

のび太くんの未来がよくなるように、改変してるんですよね!?という(笑)

 

 

ベガ、ドラコ、グリという3匹の架空の動物については

「これはあなたのペットですね?のび太くん。この動物たちはこの時代にいてはいけない生き物なので、未来にあるファンタジーアニマルランド(みたいな名前)に連れていきます」

 

えっと・・

 

ドラえもんって、のび太さんのペットですよね?(笑)

この時代にいてはいけないので・・・(以下略)

 

と、なぜならないのか(笑)

 

 

 

タイムパトロールの方々がドラえもんの存在に気づいていない・・なんてことはないと思うんですよねぇ。。

 

ギガゾンビがやろうとしてたことにも気がついたわけですし。

 

 

のび太くんたちと並んで立っているドラえもんを実際みているわけですし(笑)

あれを普通の人間と判断することはないと思われます。

 

 

・・となると、あやしくなってくるのは

ドラえもんが実はタイムパトロールにうまく取り入っているという話。

 

賄賂的な・・・(笑)

 

 

まあ、そういう『黒い』ところがもし無いとすれば。

 

ドラえもんがのび太を導くことが

その後の世界の維持に重要な役割を果たすのか。。

 

 

ただ、ふしぎなのは

ドラえもん自身がタイムパトロールを怖がってないことなんですよね(笑)

 

「ヤバイ!隠れなければ!!!」的な行動は取ってないので。

 

 

そうすると、やはり、あのアオダヌキ、

タイムパトロールに金を握らせてるかもしれませんぜ・・だんな(笑)

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+