読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

Amazonで返品返金してもらった話/小型ライトの電池絶縁シールが取れない不良品

Amazon

スポンサーリンク

たまーに小型のライトが欲しいなと思う時があるんですよね。

小型といっても本当に小さいものがよい。

だからそれほどものすごく光量が多いものでなくてもいいので、とにかく小さいもの。

キーホルダータイプのやつで、LEDライト。

 

それを探していたら・・知り合いがちょうど良いのを持っていました。

同じものをAmazonで調べたら・・

 

静電気除去の機能がついた同じメーカーのライトがあったので

さっそく購入。

 

SEGRY セグリー 静電気除去ライト リール付 (静電気除去・白色LEDライト・リール付き) SG-2

f:id:AR30:20160424225506p:plain

 

これです。

ちなみに、このあとすぐに売り切れになったので今は売ってません。

 

同様の商品で「静電気除去」ではなく「防犯ブザー付き」は売っているようです。

 

ぼくの場合は防犯ブザーが仮に鳴ってしまったら困る状況で使うので(^_^;)

こちらは選べませんでしたが。

 

それでも大丈夫な方には小型ライトとしてはオススメかもしれませんね、これ。

 

 

で、ちょうど良いのが買えた〜〜!と喜んでいるところに

商品が到着。

 

ぼくはAmazonプライム会員ですが、これは・・プライム商品ではなかった・・かな?

 

今回買ったのは

 

トマトショップ

 

というお店が売るものだったようです。

 

 

Amazonで売っているといっても、全ての商品をアマゾンが直接販売しているわけではなくて

楽天みたいにショップの出店もあるんですよね。

 

 

届いた商品をみたら、

これこれ!これだ、知り合いが持っていたのは。

 

ということで、すぐに試しに使ってみたいと思い、

箱から出して確認すると・・

 

電池部分に絶縁シールが貼ってあって。

 

 

絶縁シールは通常、すぐに引き抜けるように

先っぽが飛び出した状態になってますよね?

 

その飛び出した部分を・・・

 

と思ったら、あれ??

 

飛び出してない・・

 

 

よくみたら、電池の部分にある切れ込みに

絶縁シールの一部はみえているんですが

 

本来切れ込みから外に出ていなければならない絶縁シール引き抜き用の先っぽが・・無い!!!

 

ということは、絶縁シールが取れない!!!

 

 

どうしよう・・・

 

 

と思い、しかたなく電池部分の蓋をとろうとこころみることにしました。

 

しかし、蓋がそもそも簡単には開かない構造。

説明書をみると、電池交換の説明が全くない。

このライト、使い捨てだったのか・・とそのとき初めて気が付きましたが。

ただ、交換できないってことは、開けたらどうなるのか・・

 

といっても、開けないことには絶縁シールが取れない。

 

だから、精密ドライバーを使って開けてみました。

 

そしたらやっぱり電池にくっついている絶縁シールの先っぽが取れた状態でした。

 

絶縁シールそのものはすぐに取れたんですが・・

そのあと、部品が元の状態に戻らない。。

 

なんか部品のおさまり方が難しくて、元に戻せない状態になりました。

 

・・・ということで、絶縁シールは取れてもライトは使えない状態になってしまいました。

 

 

どうしよう・・

 

 

1272円・・・

 

 

けど、ネットで買ったものだしなぁ・・

 

なんとなくだけど、海外製品?みたいな感じもするし、どうしようもないのかなぁ・・

 

 

なんて思っていたんですが、ダメ元でメールで上の状況を説明してみました。

 

アマゾンから買った直後に届いたメールにはこういう文章があります。

 

 

一部の商品については、納品書を同梱せずにお届けしています。代金引換、コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いでお支払いの場合を除いて、注文履歴画面で領収書データの表示と印刷が可能です。領収書について詳しくは、ヘルプページをご確認ください。
商品に付いたタグや商品自体に記載された価格にかかわらず、ご注文確定時にサイト上に表示される金額およびこちらのEメールに記載の金額がご請求金額となります。
返品、交換は 返品受付センターでお手続きください。
ご不明な点は 出品者までご連絡ください。

 

「返品受付センター」「出品者」がリンクになっています。

そこから連絡ができる仕組みです。

 

 

今回は「トマトショップ Amazon店」さんとのやり取りになりました。

 

 

4月3日  購入

4月5日  発送

4月6日  到着、不具合連絡

      トマトショップから代替品の有無確認中の連絡あり

4月8日  トマトショップから代替品が無い旨、返金対応する旨連絡あり

4月10日 不良品の回収に配送会社がきた

4月11日 トマトショップに不良品が届き、返金処理が完了

 

 

今回は、代わりの商品が無いということだったので

交換ではなく、返金してもらうことに。。

 

先方が配送会社さんがうちへ来るよう手配してくれるということで

都合の良い日時をお伝えし、回収して持って行ってもらいました。

配送料は先方持ちです。

 

クレジットカード払いだったので、返金に時間がかかるようでしたが

ちゃんと返金されたみたいです。

 

 

良かった・・(安堵)

 

 

まあ、今回対応いただいた「トマトショップ」さんの対応が特別に良かったのかもしれませんが、

本当にとくに問題なくスムーズに対応してもらえました。

 

あやうく泣き寝入りしてしまうところでしたよ(笑)

 

たしかに以前はこういうやり取り自体がわずらわしく

また昔はネットで購入したものは購入トラブルがあってもやむをえないという気持ちでいたので

正直すぐにあきらめて、すぐに別のを、またお金を払って買っていたと思いますが。

 

しかも楽天なら日本の会社だしまだしも、

Amazonはどうなのか・・と思ってましたが、

なんのことはない、ちゃんと対処してくれました。

 

 

同じような状況におちいる方もいるかもしれないので

書いてみました。

 

 

商品は返品する必要があるので

一応できるかぎり届いたときの状態に戻しておきました。

ちゃんと使えると確認できるまでは、届いたときの箱から何から

すぐには捨てない方がいいのかもしれませんね。

 

 

泣き寝入りせずに、まずは行動してみましょう!!

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+