読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

Amazon ねこ好き必読の本!人気ランキング!

Amazon ペット

スポンサーリンク

猫好きさん・・熱いですよね(笑)

猫好きさんにオススメのTシャツは、相当売れているみたいですよ。

 

naita.hatenablog.com

 

猫好きさんには絶対読んでもらいたい、

人気の猫関連本をAmazonからご紹介したいと思います。

 

ネコが考えていることが書かれた本

ネコの写真集

ネコの絵本

ネコの飼い方・育て方・介護の仕方

ネコの雑誌

ネコの機嫌の取り方

 

などなど。

 

売れ筋のねこ本をご紹介します!

 

 

素敵なエピソードとともに、猫の気持ちが語られる本

作者さんが動物の気持ちが読み取れる特殊(?)な能力あるそうです

猫の言い分 お伝えします。

猫の言い分 お伝えします。

 

 

 女性自身のスタッフの中で猫好きスタッフが集まってつくった本だそうです

ねこ自身 (光文社女性ブックス VOL. 155 女性自身MOOK)

ねこ自身 (光文社女性ブックス VOL. 155 女性自身MOOK)

 

 

 ビジュアル系バンドマン煉さんが助けた猫・虎徹の成長記録です

煉と虎徹

煉と虎徹

 

 

 テレビ番組に出演する猫の紹介、猫が活躍するテレビ番組の紹介など

ザテレビニャン (カドカワムック)

ザテレビニャン (カドカワムック)

 

 

 

 猫のタマと2人暮らしのおじいさん。コミックエッセイ。ハートウォーミングなお話。

ねことじいちゃん (2) (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

ねことじいちゃん (2) (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

 

 

 

 四季折々のねこを読んだ俳句たちです

ねこのほそみち ―春夏秋冬にゃー

ねこのほそみち ―春夏秋冬にゃー

  • 作者: 堀本裕樹,ねこまき(ミューズワーク)
  • 出版社/メーカー: さくら舎
  • 発売日: 2016/04/06
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 撮らずにはいられなかった猫たちの写真でいっぱい

岩合光昭写真集 岩合さんの好きなネコ

岩合光昭写真集 岩合さんの好きなネコ

 

 

 心に猫がすむ人にささげる猫を取り上げた雑誌

ねこ 2016年 5月号 Vol.98 〔付録:竹脇麻衣さんによる「大人のぬりねこ」小冊子〕

ねこ 2016年 5月号 Vol.98 〔付録:竹脇麻衣さんによる「大人のぬりねこ」小冊子〕

 

 

 

 老いた猫を幸せに健康を維持してどのように最期を迎えるのか

猫とさいごの日まで幸せに暮らす本

猫とさいごの日まで幸せに暮らす本

 

 

 

 災害が起こる前から準備できること、災害が起こったら?猫と生活する人必見

ねことわたしの防災ハンドブック

ねことわたしの防災ハンドブック

 

 

 子猫を育てるための情報が満載

0才から2才のネコの育て方

0才から2才のネコの育て方

 

 

 

その他の猫関連本のオススメはこちらで確認できます!!

 

猫好き必見の猫関連本の一覧はこちら

 

 

猫はみていて飽きないですよねー

というぼくは、猫アレルギーなんですけどね(笑)

 

ただ、たしかにかわいい。

 

従順でない感じが逆に良いのかもしれませんね〜

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+