読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

Amazonで買える小さいLEDライトのオススメ、ズボンにさげて持ち歩く用!

Amazon グッズ

スポンサーリンク

持ち歩く用のライトが欲しいと思って、いろいろAmazonで買ってみました。

 

どういう使い方かというと、

日常的にライトを使うわけではないんですが

急に暗い所に入ったり、机や台の下でモノを探したり。

そういうシーンに出くわすことがあるので・・

ズボンにさげて持ち歩けるような小さいライトがいいんです。

 

・小さい

・ズボン(ベルト)にさげられる

・光量がある

・壊れない

 

これらが条件ですかね。

 

ちなみに、小さいライトをいろいろ探してわかったんですが

たいていボタン電池を使っていて、連続点灯時間(電池がもつ時間)は

7〜8時間はあるようです。

 

 

で、初めて買ったのがこれでした。

 

 

ジェントス スモールキーライト

ジェントス スモールキーライト 【連続点灯8時間】 SK-10G

ジェントス スモールキーライト 【連続点灯8時間】 SK-10G

 

 

これ、光量が十分で、小さいのに普通サイズのライトを使ってるのとほぼおなじような使い勝手で、非常に良かったんですが・・

しばらくズボンにさげてあるいていたら・・

 

あるとき気がついたら、頭から先がなくなってました・・

要はライト部分がなくなって。

その部分がなくなると、電池が落ちて・・

ということで使えなくなりました。

 

ズボンにさげて歩いていたら、壊れてしまうライトは・・ダメですね。

 

 

実はこのあと、また別のメーカーで

やや見た目が違うんですが、同等のライトを買ってみました。

 

頭が取れたのは、前のライトがよくなかったからかな?と思ったので。

 

が、しかし。

 

結局、同じように、頭が取れました(笑)

 

今度はしかも、自分が気づいた瞬間に目の前で頭が落ちていきました・・

そして電池は行方不明・・

 

ということで、このタイプは絶対にダメ、ということです。

 

INOVA(イノーバ) マイクロライトSTS 

 

これ、連続照射時間はかなり長いみたいです。

とりあえず、前と同じような形状のものはやめておこうと。

また頭が取れてしまうので・・(笑)

 

このライトが特徴的なのは、本体のくぼみ部分に指をすべらせると

電源がオンオフされるということ。

 

なんか・・スマホのスワイプみたい(笑)

 

で使ってて困ることが・・・これでも出てきてしまった・・

 

・スワイプしてもちょっと反応がにぶい時がある。電源がオンにならない時もある。

・光量が少ない

 

反応がわるいのはまあ・・何度かやればいいんですけど。

光量が少ないのが最もよくない・・

 

要は、ライトとしての価値が低いんですよ。

 

モノを探したりするのには不向きです。

手元を照らすのには良いんですが・・

 

連続点灯時間が長いというのは、使う電気の量が少ないからなんですかね。

つまり、あんまり明るくならないと(笑)

 

 

ということで、これもアウトー

 

 

ぺんてる 静電気除去グッズ ビールミッシュ ブラック EASL3-5

 最後にたどりついたのが、これ。

今現在使っています。

ぺんてる 静電気防止グッズ ビールミッシュ EASL3-1  ブルー

ぺんてる 静電気防止グッズ ビールミッシュ EASL3-1 ブルー

 

 

これ、商品名に「ライト」って入ってないので(笑)

もしかしたらライトではないのかもしれないんですが・・

しかも普通に検索しても出てこない。

 

ではどうやって出てきたかというと「静電気除去グッズ」を探していたら出てきました。

 

ちょうど静電気除去の小物が欲しいと思っていて・・

そしたらみつけたんですが。

 

 

これは・・ズボンにさげて持ちあるくライトとしてはちょうど良いです。

小さいですし。

頭部分が取れてなくなることもない。

 

何より良いのは、光量が多いこと。

こんなに小さいのにかなり明るいんです。

 

 

静電気除去の機能はまだ使っていないので、その部分の能力は不明なんですが。。

ライトとしてだけでも十分使えます。

 

Amazonのレビューをみると、静電気除去もしっかりできるみたいですよ。

 

 

もし僕と同じようなライトを探している人がいれば、参考に・・

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+