ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

観覧車で火災事故、ゴンドラが激しく燃え上がる

観覧車は、遊園地やテーマパークにある乗り物の中でも

比較的落ち着いた、ゆったりとして乗り物だと思います。

 

たしかに、高所恐怖症の人からすれば

かなり怖いかもしれませんが・・

 

ジェットコースターや急流すべりのようなスリルは

とくに感じないのが普通だと思います。

 

動きはゆっくりですしね。

 

 

ただ、しかし、

観覧車がこんな風になったら・・怖いですよね。

 

f:id:AR30:20160503152627p:plain

f:id:AR30:20160503152634p:plain

 

これ、実際に起こった観覧車の火災事故の写真のようです。

 

30日午後、バンコク中心部のテーマパークにある観覧車のゴンドラから突然、火が出て激しく燃えました。座席などが焼けましたが、まもなく消し止められ、このゴンドラには客がいなかったこともあり、けが人はいませんでした

 

2016年4月30日に発生した火事のようです。

 

・2016年3月25日にオープンしたタイのテーマパーク「ダイナソー・パーク」

・「巨大な恐竜たちと同じ目線の高さになれる」が売りの高さ50mの観覧車

・この日は悪天候で、乗客はいなかった

・電気系統の故障が原因とのこと

 

火事の映像、動画はこちら

www.youtube.com

 

 

電気系統の故障、ショートが原因だとして

これほどまでに火がまわるというのは・・

 

これ、どうなんでしょうね。

日本の基準ならこんなに燃えない素材になっていそうな気もしますが。

 

ただ、観覧車の場合、まわりはじめてから燃え出したら

逃げ場はないですからね。

とにかくまわして下まで持ってくるしかない気がします。

 

途中でとめて、クレーン車を呼んで・・という方が時間がかかりそうですし。

ただ、こんな写真のようなレベルで燃えてしまった場合は

どういう方法であっても間に合わない気がします。

 

 

これでこれだけ燃えるってことは

たとえば乗客がルールに反して、ゴンドラ内でタバコを吸ってポイ捨てした・・

というだけでも、燃える可能性がありそうです。

 

 

日本の遊園地やテーマパークにある観覧車でこんな火災事故は聞いたことがない気がしますが・・

 

まずは、火が出ないように

そして、燃えないように、対策をお願いしたいですね。

ひなぴし 顔だけ黄色い人 テーマパークのブログ 鉄道のブログ 日本史のブログ Twitterツイート
このブログへメール 削除依頼について