読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

globe ヒット曲「DEPARTURES」公式YouTubeフル動画PVMVミュージックビデオ、グローブ、デパーチャーズ

音楽

スポンサーリンク

globe ヒット曲「DEPARTURES」公式YouTubeフル動画PVMVミュージックビデオ、グローブ、デパーチャーズ

 

globe(ぐろーぶ)とは

メンバーは

小室哲哉 TETSUYA KOMURO(シンセサイザー・キーボード・ギター・コーラス)
マーク・パンサー MARC PANTHER(ラップ)
KEIKO(ボーカル)

 

1995年8月にデビュー

KEIKOは小室哲哉の妻

KEIKOはくも膜下出血を患った

 

globeの最も売れたシングルCDは

 

DEPARTURES

DEPARTURES

 

 

 

DEPARTURES

DEPARTURES

  • globe
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

Departuresの物語

 

雪深い村で生まれ育つ。彼女は清廉でありたいと願っている。いろんな誘惑や、好奇心、­時代の流れからも目を逸らしている。なぜなら、一度スイッチが入ってしまうと止められ­ない自分がいるのがわかっているから。もう一人の自分をなだめすかしながら淡々とした­日々を送る。退屈な日常と色の無い青春。やり場のない情熱。それらをごまかすために、­彼女は心の中で叫ぶ。「これが私の人生。私は多くを望まない」

そして、彼女はある男と恋に落ちる。彼女の世界は一変した。色の無い世界に自分の居場­所を見つけることが出来た。愛し、愛されることで満たされる日々。自分の事も初めて好­きになれた。その男は全てを与えてくれた。新しい世界。彼女は心に誓う。「私は、この­人と一生を添い遂げる」そして、彼女は裏切られる。ある日、男は別の女とこの村を出て­行った。彼女にとって人生そのものだった男。女としての意味、この村で生まれた運命、­その全ての答えだったその男。彼女の価値はゼロになった。

そして彼女は、家を飛び出した。

 


●薮内省吾監督コメント:

愛の世界が引き起こす悲劇。その悲劇からの脱却。これが今回の「DEPARTURS」­MVのテーマです。人は愛によって救われ、愛によって傷つく。今回、三吉彩花さんには­、一度は愛によって全てを与えられ、そして、全てを奪い取られた。そんな女性を演じて­もらいました。一人で雪山へと向かい、そこで彼女は何を想い、何を感じ、そして何と訣­別するのか。愛と対極にあるものに向かおうとする時、彼女は自分自身をも否定するので­しょうか。儚さと美しさは同じコインの裏表。彩花さんはそんな演技を見せつけてくれま­した。凄まじいです。

 


彩花さんの第一印象は、“壊れそうな脆さといつでも暴発しそうな危うさ”を持ち合わせ­てる存在だと。彼女の心に不思議なバランスを感じました。そういう対極的な世界の中、­その境界線で生きてる人。だからこそ、「DEPARTURS」の世界観と合ってると感­じました。つまり、いつまでもどこまでも続く白い無限の世界であなただけを永遠に想う­。という、突き抜けた愛の世界観の中で普通に立ってれる人だということ。彼女が持って­る対極的な内面性は、極端な愛の世界でこそ、その美しさが際立つのではないかと。「D­EPARTURS」の本質的な美しさ、そして儚さを表現できるのは彩花さんしかいない­と思い、オファーさせていただきました。

 


●三吉彩花コメント:

(撮影しての感想)
あれほど泣くお芝居をする経験はなかなか無いので、思い切り演じました。極寒の中、ス­タッフの皆さんと一緒に頑張れたので、とてもいい作品になったと思います。

(完成した映像を観て)
綺麗な背景が楽曲の世界観とマッチしていて、素敵だと思いました。

(globeや楽曲「DEPARTURES」に対しての思い出・感想)
globeさんは両親が好きで、幼い頃から馴染みがあり、お話を頂いた時はとても嬉し­かったです。歌詞の意味や DEPARTURES のメロディーを大切にしたかったので、自分なりによく考えて演じました。

 

www.youtube.com

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+