読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

元KARAハン・スンヨン、日本初単独イベントを2016年7月に開催

KARA

スポンサーリンク

スンヨンが日本でイベントを行うそうです。

さすがにライブがやれるわけでもないので・・

 

2会場で、ファンミーティングとランチショーの形式で行うとか。

 

「ハン・スンヨン ~2016 SEUNG YEON TIME~」

主催:韓流ぴあ
協力:WIDMAY
問合せ:チケットぴあ 0570-02-9111(10時 ~ 18時)

 

 

▼兵庫ホール公演

2016 年7月8日(金)18時開場/19時開演 兵庫・神戸国際会館 こくさいホール
料金:全席指定9,800円(税込) ※ハイタッチ付
内容:日本ソロデビュー記念ファンミーティング。トーク&歌唱&ゲーム 他

 

こくさいホールのキャパシティですが・・

 

定員数
2,112名


固定席 :2,022名
1階席  :1,338名
中2階席 :32名
2階   :326名
3階   :326名
立見  :90名
その他 :車椅子スペース

 

けっこうデカイ・・(^_^;)

これ、ちゃんと埋まるか心配になりますね。

1階席ぐらいを埋めるつもりなのか・・

 

 

▼東京ランチショー

2016 年7月10日(日) 東京・パレスホテル立川 ローズルーム
10時30分開場/11時 ~ 昼12時ランチコース/12時 ~ 13時20分ショータイム
料金:全席指定 30,000円(税込)※ハイタッチ付
内容:日本ソロデビュー記念イベント。歌唱&ゲーム&トークを含むファンとの
交流が色濃いイベント。

 

ローズ・ルームのキャパシティは

食事なら600名、シアター形式なら1500名だそうです。

立食パーティーでも1500名とか。。。

この場合、「ランチコース」って一応、食事形式になるんですかね。

にしても、600名が3万円で参加してくれるかどうかは・・

 

 

チケットの買い方

▼雑誌「韓流ぴあ 6月号」(主催者先行)

雑誌「韓流ぴあ」ハガキ先行(特別シート抽選)
「韓流ぴあ 6月号」(5月21日発売)綴じ込みハガキにて応募受付
5月21日(土)~ 5月28日(土)必着


▼チケットぴあ

▽先行抽選「プレリザーブ」
5月21日(土)11時 ~ 5月29日(日)23時59分
▽先行先着「プリセール」
6月2日(木)10時 ~ 6月3日(金)23時59分
▽一般発売:6月4日(土)10時~

チケットぴあ電話予約:0570-02-9999 Pコード:297-057
http://w.pia.jp/t/seung-yeon/(PC・モバイル共通)

 

 

どちらの会場のイベントも、来場者全員とハイタッチをするそうです。

スンヨンのファンか・・

どうなんでしょうね、2016年でたぶん28歳になるスンヨンですから

もうそろそろアイドル的な活動は難しいかなという気が・・

 

とするならば、日本で活動しようとしたら

バラエティタレント??な感じですかね。

 

女優は難しいですよ、知英は頑張ってはいますが。

歌手としても、ニコルは正直日本では・・ですし。韓国でも微妙なのかな。

 

韓国での女優活動等で箔をつけてからまた日本へ来る

という方法の方が良いような気もします。

そういう意味では、ギュリのやり方の方が良いのかなと。

 

今の段階でファンイベントやっても

たぶん数を集めるのが難しいでしょうしね。。

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+