読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

超簡単なフレンチトーストのレシピ!しかも超早い(笑)材料も今すぐそろう

モーニング レシピ

スポンサーリンク

こどもの頃、よく親が作ってくれたのが

フレンチトースト

 

ぼくにとっては、土日の朝のイメージなんですよね。

 

土日の朝で時間がある時に

親がよく作ってくれました。

 

フライパンで焼くんですよね。

 

毎回「作る」となると、多めに作ってしまい

食べ過ぎてしまうという(笑)

カロリー高めですからね、食べ過ぎには注意です。

 

 

このフレンチトーストを、手早く作る方法を模索しておりました。

 

だいたいこれでいいのではないか

というものに巡りあったので、共有させていただきます。

 

 

超簡単なフレンチトーストの材料

今すぐそろうものしか使わないことにします。

 

・砂糖 おおさじ1(けっこう甘め、好みで加減してください)

・バターorマーガリン トースト1枚に塗る程度の量

・卵 1個(もしかしたら、半個でもできるかもしれません)

・食パン 1枚

 

本当のフレンチトーストだと牛乳を入れると思いますので

もし牛乳があるようなら、入れてもいいかもしれません。

が、牛乳を入れると「液」の量が増えますので、その分だけ卵を減らす必要があります。

 

あとで意味がわかると思います(笑)

 

超簡単なフレンチトーストの作り方

皿とか器もできるだけ使わないようにしたいなと。

 

まずは、「卵1個を溶くことができるぐらい」の器に

バターを入れます。(まだ卵はいれません)

 

バターだけを器に入れて、まずは電子レンジにかけます。

10秒〜20秒ぐらいで、完全に溶けると思います。

油断すると爆発するので注意。

そのあと卵と混ぜるので、混ぜられる程度にやわらかくなればOKです。

 

溶けたバターが入った器に

砂糖おおさじ1(甘めなのでぼくは大さじ1より少なくしてます)と、卵を入れて菜箸で混ぜます。

 

もし牛乳を入れるならこの時に入れてください。

ただし、牛乳を入れるとこの液体の量が増えすぎちゃいます。

この液体はこのあと全て食パンの上にのせますので(^_^;)

もし牛乳を入れたら、その分だけ卵の量を減らしてください。

卵半分にして、牛乳を80mlぐらいですかね??

 

なお、牛乳を入れない場合でも

そもそも卵を半分の量だけ使ってもできると思います。

実は1個だとけっこう多めです。

まあ「余ってもしかたない」なら、卵1個使ってやるのが簡単かなと思いますが。

僕の場合はまさにそれで、余らせてもそのあとの使い方にこまるので

牛乳なし、卵1個にしてます。

 

卵、砂糖、バターがまざった液体ができたと思います。

 

 

次に食パンを用意します。

皿の上においてください。

 

皿の上においたら、さきほど「混ぜる」のに使った菜箸でパンに穴を開けていきます。

上から突き刺して、たくさん穴を開けてください。

パンが崩れない程度にたくさん。

 

何のための穴かというと、このあとさきほど作った液体をこのパンにかけるのですが

その液が内部まで染みこむようにするためです。

 

なお、パンの耳近くは念入りに穴を開けた方が、耳がおいしくなります。

ただし、耳が崩れないように。

耳が崩れると、このあと液体をかけたときに、その崩れた部分から液体が皿にこぼれていってしまいますので(笑)

 

 

穴が開けられたら、そこにさきほどの液体をかけます。

 

一気にかけないでください(笑)

たぶんこぼれます。少しずつかける。

 

パンの表面にまんべんなく広がるようにかける。

 

 

卵を減らさずに牛乳を追加したら、たぶん液の量が多すぎて

1枚の食パンにはすべてかからないと思います。

なので、液体の量は要調整です。

卵1個分の液体量が、ギリギリぐらいです。食パン1枚にのる量として。

 

 

かけられたら、ラップをしてください。

 

 

こんな感じ。

時間をおくと少しずつ染みこんでいきますが

その時間がもったいないので(笑)

 

液体がかけ終わったらすぐにラップ!

 

 

そして、

電子レンジ 600W 1分30秒

 

チン!!

 

 

で終了(笑)

 

 

めちゃめちゃ熱いので要注意!

 

 

出してみたら、こんな感じ。

 

 

簡単に言うと、パンの上に卵焼きがのったような見栄えになっていますが

砂糖とバターでまさしくフレンチトーストの味になってます。

牛乳入るとよりマイルドな感じの美味しさになりそうですが。

 

 

断面はこんな感じ。

 

 

けっこうしっかり染みこんでますよね。

 

この方法だと焦げ目がつかないのがちょっと残念なんですが

というか、焼いてないから「トースト」ではないよね!?というツッコミもありそうですが(笑)

 

フレンチトーストの味を楽しむには十分です。

 

 

こどもも大好きな味だと思います。

 

 

 

ちなみに、電子レンジでのチン!を

トースターで焼く、というのに変更すれば、もっとフレンチトーストっぽくなります。

 

その場合は、

トースターにアルミホイルを敷いて

4分〜5分程度焼く。

 

f:id:AR30:20160418071505j:plain

f:id:AR30:20160418072016j:plain

 

もし時間があるなら、

トースターで焼くのはオススメですよ。

 

ただ、時間をかけないのが僕のモットーですから。

 

電子レンジは超時短でオススメです!

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+