読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

nanacoクレジットチャージはセブン銀行ATMで残高確認できる

コンビニ

スポンサーリンク

実はセブンイレブンのnanacoは最近まで使ってませんでした。

 

しかし、税金の支払いがnanacoでできることを知って、ナナコカードを作り、クレジットチャージができるようにしました。

 

これに関してはまたあらためて詳しく書きますが

ナナコにクレジットチャージすることで、

クレジットカードのポイントがもらえるんですよ。

 

だから、税金の支払いをクレジットカードでやっているのと同じことになり、

ポイントが貯まって大変お得です。

 

ただし、ナナコで税金を支払った時に、ナナコにはナナコポイントはつかないんですが…

 

普通の買い物をする場合は違って

ナナコクレジットチャージでクレジットカードのポイントがついた上に

 

セブンイレブンのレジでナナコで支払った時にもまたナナコポイントがもらえます。

 

ということで、ポイントの二重取りが可能!

 

…と、セブンイレブンが近くにあって、結構セブンイレブンで買い物するという人にとっては、

 

ナナコで支払い

ナナコにはクレジットチャージする

 

これがお得なんです。

 

 

で、nanacoへのクレジットチャージをするんですが、

 

クレジットチャージ自体は

専用のウェブサイトで行うんですが

そこで実行しても、まだnanacoカードにはその分が反映されません。

 

「センター預かり分」という名目で

取り置き状態になっています。

 

ではこれをnanacoカードに反映するにはどうすれば良いかというと、

 

セブンイレブンのレジで、nanacoカードを差し出し「残高確認をお願いします」と言えばオッケー。

 

残高確認をするとセンター預かり分が自動的に反映される仕組みです。

 

なので、買い物をする!となった時に

商品をレジまで持って行って、支払い前に「残高確認をお願いします」と言えば良いんですが、

 

買い物するタイミングでなくても、とりあえずセンター預かり分を反映しておきたいっていう時もあると思います。

 

そんな時にわざわざ列ができてるレジに並ぶのも嫌だし、レジが空いてても残高確認だけ言うのはなんかな〜という方もいるかと。

 

…まあ、僕がそうだったんですが(笑)

 

 

では、レジ以外でどうやって残高確認すればいいかというと

 

実は、セブンイレブンの中にある、セブン銀行ATMでnanacoの残高確認ができることを知りました。

 

まあ調べれば誰でもわかることなんですけど、

一応方法を書いておきます。

 

まず、セブン銀行ATMの初期画面

右下に

 

nanaco

チャージ 残高確認

 

というボタンがあるので、これを押します

f:id:AR30:20160619170721j:image

 

そしたら、右のnanacoを置くところにカードを置いてくださいと言われるので、nanacoカードを置きます

f:id:AR30:20160619170724j:image

 

nanacoカードが読み込まれたら

チャージか残高確認を選びます。

 

チャージだと、ここで現金によるチャージが可能なようです。

 

ただ僕の場合は、クレジットカードでチャージしないと損ですから、現金チャージはしませんが(^_^;)

f:id:AR30:20160619170729j:image

 

残高確認を押したら…

ピヨピヨ

というチャージ時や支払い時に鳴る音がして、

センター預かり分が反映されました。

f:id:AR30:20160619170734j:image

 

…ということで、

 

残高確認もお手軽にできますので

nanacoのクレジットチャージはオススメですよーー

 

クレジットチャージの始め方は、また今度。

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+