読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

底にSuica入れがついたカバンが売ってる!自動改札機でバッグごとタッチするのは非効率(笑)

鉄道

スポンサーリンク

電車に乗るために自動改札機を通る時・・

首都圏の人なら今どきはたいてい、ピッとタッチして入りますよね。

SuicaやPASMOなどのICカード。

 

SuicaやPASMOを裸のまま持ち歩いている人もいれば

パスケースに入れた状態でタッチする人もいます。

 

たまにみかけるのが・・

かばんごと、ドスッとタッチ・・いや、置いていく人(笑)

 

自動改札機のタッチ部分にバッグを置くと

ピッと反応して、それで通って行くという・・

 

 

どうなってるのかはわかります。

 

かばんの底にSuicaやPASMOが入ってるんですよね・・と。

 

 

たぶん「ICカードを出すのが面倒」っていうのが一番の理由だと思うんですけど、

でもこのタッチ方法をしているがゆえのデメリットもあると思うわけで・・

 

カバンごと改札機にタッチ

バッグごとタッチのメリット

・かばんから出す手間がない

・紛失しづらい

 

バッグごとタッチのデメリット

・タッチミスが多い

・結果、実は余計に時間がかかっているのをよくみかける

 

やっぱり、タッチミスが多いんですよ、こういう人は。

だってそりゃそうでしょ(笑)

底に入ってるとはいえ、底のどこに入っているかは上からは判別しづらいわけで。

100%改札機のタッチ部分にヒットするかといえば微妙・・

 

一度場所を外してしまうと「もう一度ふれてください」みたいになって

それで焦ってまたミスして・・

 

もともと「手間をおしんで」かばんに入れたままにしてるのに

時間が余計にかかったら意味がないと思いませんか(笑)

 

 

だいたい、かばんを通り越えてまでタッチできるように

という仕様にはなってないと思いますよ、SuicaもPASMOも。

分厚いパスケースだとタッチの読み取りがなかなかできない場合もありますし。

 

かばんに入れたまま使うなんて、想定外でしょう〜〜

一般的な革のカバンとかじゃあ厚いでしょうし。

 

では布の薄いかばんなら・・と思っても

その場合は、バッグ内でICカードが動いてしまいそうなので

たぶんタッチミス(笑)

 

 

「無くしてしまわないように」って人も

専用のパスケースとか用意すればなんとかなるんじゃないでしょうか。

首からさげられるようにすればなかなかなくさないですし。

「かばんのここに入れる!」としっかり決めておけば

基本的にはなくさないと思います。

 

 

もしくは携帯電話のケースに入れてしまうとか。

(これも鉄道会社は推奨していないかもしれませんが)

 

 カード入れがついたスマホケースを買って

下のような電磁波干渉防止シートをつければ

なんとかなりそうです。

 

 

ということで、

カバンにSuicaやPASMOを入れたまま

バッグごと自動改札機にタッチするのはやめておきましょう!

 

だいたい、普通の人がタッチして通過するよりも

時間がかかってることが多いですよ。

そのことに気づきましょう。

 

もうひとつ気になるのは、かばん自体がそこそこ重い場合。

たまーに、自動改札機に「ドンッ」って感じで置いてる人がいますが・・

あれで自動改札機を壊したりしたらえらいことになりそう・・

 

そういう使い方は普通の使い方ではないことは誰の目からも明白なので

そういう使い方をして改札機を壊してしまったら・・責任を問われる可能性がありそうです。

 

そんなんで壊れないでしょ!?と思うかもですけど

タッチ部分とかプラスチックですしね。割れる可能性はありそうです。

 

 

ああいう機械って、たぶん相当な金額しますよ・・

一部の部品だとしても

正直そんなにたくさん作ってるものでもないですから

相当しそう・・

 

改札機全体だと、1台で数百万とかしちゃうんじゃないですかね。

え?!あんな機械1台で!?っと思うかもしれませんけど

相当稼働してる機械ですし、かなり特殊で高度なプログラムがされているものなので・・

 

不正に通過しようとしたらバシッと扉が閉まるというアナログ感がすごくある自動改札機ですが、実は相当高度なものなのではないかと推測します。

 

なので

こういう機械を壊してしまう可能性がある使い方は、自分の身を守るためにもやめておきましょう。

 

ICカード入れつきバッグが売っている

・・と書いてきて、

 

では、SuicaやPASMOをカバンに入れて使っている人って

どうやってICカードをかばんの底に入れてるのかなーと調べていたら

 

なんと、そもそもカバン自体にそういう機能があるんだ!ということを知りました(笑)

 

要は、バッグの底にSuicaやPASMOを入れる部分がついているカバンが売ってるんですよ(笑)

初めて知った・・

 

こちらはかばん内側の底に、ICカード入れがついています。

【2点セット】子供とおそろいでハッピーに、プレゼントにも最適☆キッズミニサイズウエストポーチ&大きなリボンがキュート☆たっぷり収納可愛い手作りトートバッグ~マザーズバッグにも♪ | Ariyana Living アリヤナリビング

 

こちらも同じ。

大森店 大人気バッグ★|Discoat Discoat アトレ大森|ディスコート|PAL SHOP BLOG|パル公式ショップブログ

 

こちらはかばん底の外側に。

これ・・落ちないのかな・・。

かばん|QVC大好き -17ページ目

 

こちらもかばん外側。

リネンかばん つづき - NOSTAL FABRIQUE

 

 

探してみたらたくさんありますね、Suica入れ・PASMO入れ付きカバン。

ICカード入れ付きバッグの一覧紹介みたいになってしまいました。

 

かばんを作ってる工房とかだと、オプションで費用を払えば

底にICカード入れをつけてくれる、というのもあるみたいです。

 

オススメはしないんですけどね・・

でも、これだけ存在しているということは

求める人も多いってことですかね・・

 

基本的には女性向けですね。

たしかに、男性でかばんごとタッチしている人

いなくはないですが、たいていやってるのは女性ですね〜

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+