読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

コストコは金持ち予備軍が買い物レジャーを満喫する場所だ

企業

スポンサーリンク

遅ればせながら・・行ってみましたコストコ。

 

楽しい!いろいろある!

というような話は聞いたことがあるものの

なかなか足がのびず。。

 

人からすすめられるし、一度行ってみようということになり

行ってみました。

 

行ってみたのは、幕張のお店です。

f:id:AR30:20160624150616p:plain

 

コストコ初体験談

駐車場って無料なんですね。

他の店舗もけっこうそうなのかな?

買い物をする会員の方なら無料っていうことで。

 

まあこの幕張の近隣だと

幕張新都心のイオンも駐車料金無料だったりするので

(イオンの方は時間制限があったと思いますが)

そういうもんなのかもしれません。

 

 

行ってみた感じと思ったことをつらつらと書いてみたいと思います。

 

 

駐車場から店内に入ろうとすると、店内入口前にドデカイカートが。

それをみんな持って行きます。

え!?こんなデカイのいるのか・・??と疑問に思っていたら

「店内にはカートはありません。こちらからお持ちください。」の文字を発見。

なるほど、ここから持っていく仕組みなのかと。

普通のスーパーのカートの倍〜3倍ぐらいありそうですね、これ(笑)

 

それを持ったまま、下りのエスカレーターへ。

こういう、カートごとのれるエスカレーターって外国っぽいなと。

昔、カルフールというスーパーへ行った時もたしかありましたね、これ。

 

カートを持ってエスカレーター乗るのってちょっと不安だなと思っていたんですが

やっぱり工夫されてるみたいですね。

一応「カートから手を離さないでください」の注意書きはあるんですが

たぶんエスカレーター上ではカートがころころ転がっていかないような仕様になっているようです。

自動的に、ややストッパーがかかります。

 

エスカレーターを下って行って、本当の入口にくるとそこで会員証の確認があります。

ぼくは会員ではないので入会を・・と進んだら、入会手続きの時はカートが邪魔ってことで(^_^;)

結局、横に置くことになってしまいました(笑)

 

入会ご案内を聞くと、

 

★1人入会すれば本人を含め大人3人が入店可能

★こどもは人数制限なし

★家族カードを同時に作ると(無料)そちらも本人含め大人3人入店可能

★つまり会員+家族会員の組み合わせで来たら、その本人たち2人を含め大人6人まで入れるということ

★原則、全商品返品可能(開封後も、食品なら食べ始めたあとでも)

★会費は有効期間中、退会することでいつでも返してもらえる

★ただし一度退会すると一年間は再入会できない、商品券等を持っていても入れない

 

そして、クレジット払いがオススメですよ〜とのことでしたが

クレジット払いはアメリカンエキスプレスとコストコオリコカードのみらしく(笑)

入会をオススメされました。

キャンペーンで、5年間ぐらいはコストコの会費が無料になるのと同等・・とのことでしたが、そもそもアメックスって会費がバカ高いので(笑)

やめておきました。現金払いでいいです。

 

で、一応本人カードと家族カードを作成。

 

そして・・いざ入店!!

 

 

店内広っ!!

 

そして、天井高っ!!

 

想像してたとおりですが

要は、倉庫のようでした(笑)

 

全ての商品が大量に積まれています。

 

これ、絶対に買わないやろ〜〜個人が〜〜〜(笑)

というような、たとえば長さ10mぐらいあるビニールプールとか。

公園にありそうな木製の遊具とか。

 

それこそ公園にありそうな東屋っぽい造作物とか。

そういう巨大なものまで売ってます。

 

こういうのは売る目的ではなく、みて楽しんでもらう目的なんでしょうね。

 

 

売ってる商品は・・

本当に多種多様。

 

行く前は食品専門??みたいなイメージだったんですが

日用品とか薬、家電、衣類などなど

かなりたくさんの商品がありました。

 

食品以外だとアウトドア系のグッズが充実してるな〜というイメージ。

でも日用品もけっこうありました。

洗剤とかシャンプーとか。

 

大量買いしてる人けっこういましたよ。

 

 

そして、なんだかんだ

ぐる〜〜〜っと1周全部みてまわって

 

ぼくが買ったのは、

 

・こども用のオムツ大箱

・こども用の靴下9足セット

・ピーマン

 

という3点だけでした(笑)

ピーマンは明らかに安かったです(笑)

なんでしょうね、コストコで買う人が少なすぎて売れ残っているのか・・モノもわるくはなかったです。

 

 

たぶん、これだと・・もったいないです。

 

が、ぼくはこれしか買うものはなかったですね〜〜。

 

観ていて楽しくはあったんですけどね。

買うか??と言われると・・食品は量が多すぎてうちでは消費できないし、保存できるほど冷蔵庫・冷凍庫が大きくないし。

 

日用品等は大袋で買うと、きっと使いすぎるなと思ったためです。

(キッチンペーパーとかティッシュとか、それなりに安いものもあったんですけどね)

 

 

みてまわるのにはとてもおもしろかったですよ。

 

でも一番良かったなと思ったのは、買い物が終わったあと、

外にあったイートインコーナー。

 

ここは本当にオススメです。

 

ホットドッグとピザ、クラムチャウダー、サラダを注文したんですが

どれも想像してたものの倍量はありました。

正直、ここでは儲けようとしてないんだな〜ということがよくわかります。

 

とくにホットドッグはオススメです。

飲み物付き(ドリンクバー)ですし、それで180円。やっす!!(笑)

 

しかも、ソーセージをはさんだパンだけ渡されて、たまねぎは自分で入れるんです。

 

ぐるぐる回すとみじん切りになったたまねぎが出てくるマシーンをまわして

山程のたまねぎをのっけて

その上、自分の好きなソースを4種類ぐらいから選んで好きなだけかける。

まぜてもいいし。

 

で、できあがったホットドッグはかなりボリューミー。

ソーセージもでかいし。

 

えっとこのイートインコーナー、外からでも入られる位置にあるから

会員でなくても利用していいのかな?

ここだけ利用するのもありかなと思いました。

 

 

あんまり綺麗な写真じゃなくてスミマセン(笑)

ただ、とにかくボリューミーで相当満足できました。

 

コストコに思うこと

コストコってどういう店と思えばいいのかなーなんて思いながら買い物してたんですが、

最初に会員証作るときに店員さんが言ってたんです。

「コストコだとぉ〜〜だいたいお客様は〜〜みなさん〜〜3万円ぐらい〜お買い物されますんでぇ〜〜〜」

 

!?

 

3万!?

 

最初にそれ聞いて、ビビりましたよ(笑)

スーパー来るぐらいの気持ちで来たのに、3万円も買うことになるの??!ここで!?と。

 

まあ、お店の人が言うことだからちょっと多めに言ってるんだろうと思いつつ

ちょっと調べてみたら、「コストコの客単価は1.5万円〜3万円」と書かれているサイトがありました。

 

やっぱり1万以上・・たいてい2万円ぐらい買い物するんだ・・と。

 

それを聞いてから周囲をみながら思ったことは

 

「ここは金持ちが買い物を楽しみにくる場所なんだな」と。

 

見渡してみると、たしかにそれなりにはお金持ってるよ的な人が多いなという気はしました。

そりゃそうですよね、いろんな方法はあるものの一応入会するのにまずは4320円かかりますし。

 

しかも売ってるものは単純に安いわけではなくむしろ単価は高い。

量が多いからその量を考えれば安い、という類のもの。

 

まとめ買いするだけの余裕と財力がある人にしか楽しめない買い物方法ですよね。

 

しかも商品を見渡すと・・正直、「生活必需品がそろっている」とは言いがたい。

他の店ではみかけないようなちょっと変わった商品で、若干高そうなものが、量がたくさん入っているがゆえに安くなっている

 

そういう感じの商品なんです。

 

たしかにスーパーで普通に売ってるナショナルブランドの商品もありますけどね。

そういうのはよーくみると、たしかに安いは安いんですが、

近隣のスーパーでもそれぐらいの金額で買えないこともないよ?レベルなんですよ。

 

そしてとにかく量が多い。

半端なく多い。

 

それをけっこう躊躇なくみんなポンポンカートに入れていきます。

ロールパンみたいなパンが入った袋、ほとんどみんな買ってるんじゃない?ぐらい売れてたんですけど、中の個数、ざっとみただけで25個以上は入ってました(笑)

あれ、どうやって消費するんだろう・・ととても疑問に。

モノは良さそうでしたよ、防腐剤とか入ってなくて。

ただ、だから余計に、どうやって消費するのか疑問で(笑)

 

肉でも、ケーキでも、果物でも。

お菓子でも。

 

とにかく量が多いです。

 

 

それらをみんな、ドサッとカートにのせてのお会計・・

 

あれはたしかに、2万円ぐらいいくわ・・と思いました。

何でも量が多いから単価も高い。

パンだって入ってる数が多いから500円とかしますしね。

並んでいる商品はほとんど9百何十円みたいな金額で。

 

まあ20点ぐらいああいうものを買えば、そりゃ2万円ですわな、と。

 

 

これは・・

 

お金持ちが、消費意欲を満たす、お買い物を楽しむための空間だな

 

それが一番思ったことでした。

 

ぼくはといえば・・そういう周囲に圧倒され

商品をみてまわるのは楽しいと思ったものの、ほんの数点しか買わず(笑)

帰りに家近くのスーパーに寄って普通に買い物をして帰りました(笑)

 

 

みんなは・・年間に何回ぐらいコストコに来るんですかね・・

 

2万円の買い物を年間何回コストコでするのか。

 

例えばコストコで買うと普通に買うよりたいてい10%安いとして。

2万円の買い物をしたときは2千円得したことになる・・

 

けど、年会費が4000円強なので

実際には2万円の買い物を年間3回ぐらいしないと、年会費は最低でも元が取れないわけですよね。

 

3回来るのか・・

 

でもコストコに来た分だけ本当は家近くのスーパーへ行く回数が減らないといけないはず。

 

だけど、コストコでは生活必需品がそろうことはないので・・

たぶん減らないだろうと予想。

 

 

だから、コストコで支払ってる分はたぶんほとんどがプラスの消費になっていると想像します。

 

 

これができるってことは・・やっぱり金持ちなんですよ!みんな(笑)

 

 

コストコは会費で儲けている

 

という話はよく聞きますしね。

そりゃそうですよねー。

 

会費ってめちゃくちゃ美味しい収入ですもん。

原価がほぼ無いと言っても過言ではない収入。

 

「いつでも退会できます」というのがミソで、だから結局入ったまま、という人も多いはず。

 

会費ビジネスってこわいもので、最初に入会するときは「高い」と思っても一度入ってしまうと継続する時にはちゅうちょなくお金を払ったりするものです。

新聞とかスポーツクラブとか、なんでもそうですが

実際にはほとんど使っていなくても、お金を払い続けている、なんて人けっこういるんじゃないでしょうか。

 

実は今回ぼくも入会したまま帰ってきてしまいました(笑)

このまま1年経過したら会費はパーです(笑)

もしかしたらもう一度ぐらい行くかもしれないから、その時に解約すればいいかー

と思ったんですけど、これも作戦で、そうすると最低でももう一回はコストコに買い物にいくわけですよね。

 

コストコとしては、毎回やめてもらっても実はいっこうに困らないと思います。

結局買い物しにきてくれてるわけですから。

 

ただ、この「金持ちの買い物の楽しみ」はけっこう麻薬のような中毒性があるような感じがしますので、きっとしばらくするとまた、なんとなーく「コストコいこっかー」ってなる人が多いんじゃないでしょうか(笑)

生活必需品を買いに行くというよりは、遊びに行く感覚ですよね。

それが「お金を使う遊び」なんで、これはおそろしいことです。

 

 

会費を支払った人だけが入店できるというのも、金持ち感をくすぐる良い方法なのかもしれません。

 

いや、もっと言うと、本当の金持ちというよりも、準金持ちというか、金持ち予備軍というか、金持ちに憧れる層というか、そういう人に一番刺さるレジャーな気がします。コストコ。

 

本当の金持ちは、たしかにこんな大袋の商品は買わない気がしますし(笑)

 

ただ・・コストコ自体は

お金をそれなりに持ってないと来られないとこなんですよね・・

 

まあ金持ちって言っても、平均以上ぐらいってイメージですね。

 

 

 

ということで、コストコ・・

なんか変わったものを観に行く、という意味では楽しいところですが

 

買い物によって脳内麻薬・ドーパミンを放出したいわけではないぼくにとっては

そこまで行く意味はないところかもしれないなと思いました。

 

 

これを言うと相当ひねくれていると思われそうですが(^_^;)

 

たくさんのモノをボンボンカートへ投げ込んでいる人をみるのもある意味面白くはあります。

それ、本当に使うの!?

食べられるの!?

 

いやいや無駄じゃないの・・

 

 

なんて独りで突っ込んだりして(笑)

 

もしくは、それを消費するだけの理由があの人にはあるのかもしれないと想像してみるのも面白い。

 

(今カートにたくさんの商品が載ってる人は全員、大家族の人なんだ、とか)

 

 

スミマセン、ひねくれすぎですね(笑)

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+