読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

テロを避ける方法なんて無いよね

海外 犯罪

スポンサーリンク

バングラデシュでのテロで日本人の方もお亡くなりになったそうですね。

正直、そこまでこのニュースを詳しくは知らないのですが・・

 

起こった場所は大使館なども集まる場所で

旅行者もよく利用する場所だったとか。

 

「こういうところへ出入りする際に気をつけなければいけないこと」

として今日の朝のテレビでは

 

「非常口の場所を必ず確認すること」

 

と言ってましたが・・まあ現実的ではないですよね。

常時リスクを考えている人ならたしかに、どこへいっても非常口は確認するかもしれませんが・・

 

せめて、海外旅行をするときぐらいは確認せよってことでしょうか。

 

 

ただ、今回のテロの場合

もともと「高い確率でテロが起こりそう」と言われていたわけではなかったと思われますし(ぼくが知らないだけかもしれないですが)

 

しかも、バングラデシュ人が起こした事件ということで。

(ISが犯行声明を出しているが関連は無さそうという報道も)

 

 

これって、完全に日本でもありえるよねっという。。

 

日本の国内で、日本人がテロを起こす可能性だって否定できないと思います。

 

 

外国人が日本へ旅行にきて、

そこで日本人が起こすテロに遭ってしまう。

 

この時に、それを避ける方法ってあるんですかね・・

 

 

たしかに、日本では他の国よりもテロが起こる可能性自体は低いかもしれませんが

よくよく考えてみると、

 

世界でも類を見ない「地下鉄サリン事件」のような大量無差別殺人テロが

日本では起こっていますし。

立てこもり事件もゼロではないですよね。たまに発生しています。

 

そういう組織が秘密裏に活動していても、それこそ平和ボケしている日本では

気づけずにテロを起こされてしまう可能性がありそうです。

 

いろんな主義主張を持った人がいますからね・・

犠牲を払ってでも(自己犠牲・他人の犠牲問わず)目的を達成したいという人。

 

 

警察が仕事してない!

というわけではなく、もし頑張って仕事をしていたとしても

テロを100%防ぐことってできないですよねきっと。

 

 

外国でテロに巻き込まれて亡くなった場合

「自己責任だ」

という話も出ますが・・

 

日本でテロに巻き込まれて同じようなことになっても「自己責任だ」と言われるんでしょうか・・

 

 

とりあえず外国へは行かないのが一番!

という人もいますけど、日本にいても絶対にテロに遭わないわけじゃないんですよねぇ

 

日本でレストランへ食事に行くとき

毎回非常口を確認している人なんて、それこそ1万人に1人ぐらいじゃないでしょうか。

 

 

被害に遭う確率を下げるには、まずはたしかに海外へ行かないのが一番

かもしれませんけど、それでも絶対にテロに遭わないとは言えないし。

 

海外は危険

とだけ言うのはどうかなと思います。

 

 

ま、そういう僕は、若い時は海外に旅行したい願望けっこうありましたけど

最近はほとんど無いんですけどね(^_^;)

 

結局日本が快適だなという・・

 

 

せめて日本でテロが起こらないようにする

これこそが旅行で日本に来る外国人の方への日本人の責任でもあると思います。

 

海外からの旅行者を増やそうとしてますしね。

 

でも・・できるんですかね・・

東京オリンピックもありますし、やらなきゃいけないんですけど。

 

 

結局はテロに対する有効な手立てっていうのは

「警備を強化」以外には無いのかなという気がします。

 

 

個人でテロを避ける方法なんて・・・無い・・

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+