読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

ダァシエリイェスの意味とは?元ネタは京急車掌のアナウンスが2chで書かれたもの

2ch 鉄道

スポンサーリンク

ダァ シエリイェス

 

鉄道ファンなら知らないことはないと思いますが・・(笑)

そうでない方は、何を言っているのかわからないかもしれません。

 

この意味とは・・

 

そうです、

 

ドア 閉まります

 

なんです(笑)

 

 

もともとは、京急電鉄の車掌さんがドアを閉める際のアナウンスが

「ダァシエリイェス!」に聞こえる

という2ちゃんねるの書き込みから始まったもののようです。

 

こちらに、元になった2ちゃんの書き込みコピペがありますね。

ダァシエリイェスの元ネタ - タネタン:あらゆる元ネタ・由来を集めるサイト

 

 

なぜか、ダァシエリイェスはたいてい

半角で書かれることが多いですね。

 

感嘆符をつけたりして、勢いよく

ダァシエリイェス!!

 

これが一番しっくりくる(笑)

というのも、元ネタでも半角で書かれているからですよね、きっと。

 

 

ただ、動画で確認してみると・・京急の車掌さんは

「ドア閉めます」とちゃんと言ってます(笑)

www.youtube.com

 

実はこういうアナウンスって

 

あたりまえのことなんですけど、個人差がけっこうあるんですよね(^_^;)

駅のホームの駅員さんの放送だって

すごく声が大きい人から、電車マニアっぽい話し方をする人

すごく丁寧な人と、けっこうまちまちです。

 

だから、実際に「ダァシエリイェス」と言っていた車掌さんもいたんじゃないかと思われます。

 

他の会社でもアナウンスが乱暴な(笑)というか適当な(笑)なんか投げやりな感じの時とかありますしね。(人間がやることですから感情が出るんでしょう。プロなら感情出すなというかもしれませんが(笑))

 

 

 

このダァシエリイェス・・ぼく、好きなフレーズなんですよね・・(笑)

 

これ、マイクごしに言うとたしかに「ドア 閉まります」に聞こえるんですよ(笑)

 

 

 

そういえばふと思い出したんですが

 

昔、関西に「どんきほ〜て」という漫才コンビがいまして。

片方・・ツッコミの方は知ってる人も多いと思います。

今だと、「かつみ・さゆり」という夫婦コンビとしてたまにテレビに出る

あのかつみさんの方です。

ボケの方は・・きびのだんごさん?だったかな。

 

たしか関西にあったホームセンター「ジャパン」の社長の娘?と結婚して

芸人を辞めるとなって、コンビ解散した、ということだったような・・

(その後、かつみさんは奥さんのさゆりさんとコンビとなる)

 

 

そのコンビのネタだったと思うんですが

南海電車のアナウンスをネタにしてました。

 

「つぎは〜〜〜〜がちゃっ・・・・」

 

「ガチャ」ってなんやねん(笑)

と思うんですが、どうやら、「天下茶屋駅」を指すそうです。

 

「次は、天下茶屋」というところ、

大阪の電車はひどいんですよ〜〜

 

次は・・がちゃ・・

 

みたいな(笑)

 

 

略しすぎやろ!!!みたいな(笑)

 

地元民にしか伝わらへんわ!(笑)

 

 

あれ、けっこう笑ったなと(笑)

 

これにしたって、まあ本当に南海の車掌さんがこんな風にアナウンスしてたかはわかりませんが

 

きっとこれに近いアナウンスをしてる人がいたんだと思います(笑)

 

 

普段は聞き流している駅や電車内のアナウンスは

けっこうその喋ってる人の人となりが現れていることが多いので

注目すると面白いですよ(笑)

正直、何言ってるかわからない!みたいな人もたまにいますしね!

 

 

・・きびのだんごさん、その後奥さんと離婚したとの情報もありますが・・

芸人やってる風でもないし、どうなったんでしょうね・・

・・と思ってたら、え?これ、だんごさん??

 


※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+