読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

Suica/PASMO等鉄道系ICカードの残高確認表示ができるパスケース「miruca(ミルカ)」入金(チャージ)残額が初乗り運賃相当額(IC運賃)に満たない場合は入場できない

鉄道

スポンサーリンク

毎日電車を使っていると、改札でひっかかる人に必ず出会います。

「ピンポ〜ン♪」「チャージしてください」

みたいな(笑)

 

残高が足りずに、乗車できないということなんですが

入場時のICカードのルール知ってますか??

 

入金(チャージ)残額が

初乗り運賃相当額(IC運賃)に満たない場合は入場できない

 

これ、意外と知らない人けっこういるみたいです。

 

「中に入ってから(降りる時に)チャージすればいいか〜」

というのは、できない場合があるわけです。

その駅から行ける一番近い駅までの運賃分のチャージが無いと

改札機を入場できない仕組みになってるんですよ。

 

だから、基本的には、出場したときに「残額が少ない」

と思ったら、その時にチャージしておかないといけないわけですね。

 

次に入場するときには・・

「あれ??残額、いくらだっけ?」となりますし、

それで足りなければ、自動改札機にとめられてしまいます。

 

 

チャージ残額が簡単に確認できたら・・

と思う人もいそうですが

 

そういう人にうってつけのパスケースが登場しました。

 

 

miruca(ミルカ)と言うそうですが

これはパスケース型で、なんとボタンを押すとその場で残額が確認できるというすぐれものです。

 

↑ ここから買えます

 

 

こちらの会社が作られたそうです。

 

www.uniqstyle.co.jp

 

 

こんなとき・・

f:id:AR30:20160820212108p:plain

 

カッコ悪いですよね・・

「払えない」という状況が(笑)

 

これが、ボタンを押すと、いつでも、どこでもすぐに残高が確認できると。

f:id:AR30:20160820212236p:plain

 

自動改札機にも表示されますが、タッチした時にも、miruca上にも表示されるようです。

f:id:AR30:20160820212303p:plain

 

電池で動作するそうですが、一日に5回使用で約1年間持つそうです。

 

f:id:AR30:20160820212346p:plain

 

なんといってもこのmirucaが良さそうなのは、薄いということ。

 

f:id:AR30:20160820212506p:plainf:id:AR30:20160820212525p:plainf:id:AR30:20160820212514p:plain

 

青や赤もあるそうです。

薄いなら、邪魔にはなりませんもんね。

 

【対応電子マネー】
Suica、 PASMO、 nanaco、 ICOCA、 Kitaca、 manaca、 TOICA、 PiTaPa、 はやかけん、 nimoca、 SUGOCA
Suica・PASMOを搭載したICキャッシュカード・クレジットカード等

 

サイズ W58.5 × H88 × D5.6 (mm)
重量  約24g

 

 

↓ここから3色とも買えます

 

今まで「駅に行かなきゃわからない」

と思っていたチャージ残額が、いつでもわかるとなれば便利ですよね。

 

駅のコンビニなんかでも買い物する人はとくに

ICカードの残額の減り方が激しいでしょうから、こういうアイテムはあると便利だと思います。

 

 

「人とは違う、ちょっと良いモノ」アピールにも最適かなと思いますね!

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+