読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

千葉県市原市でカブトムシを安く買うことができたお店

昆虫 動物

スポンサーリンク

カブトムシを買うなんて・・という人もいるとは思いますが(^_^;)

うちも、実際にカブトムシを取りに行ったりして

実際にカブトムシを捕まえることはできました。

小さいですけどね(笑)

 

www.hinapishi.com

 

ただ、それなりに大きいカブトムシに触れたい

子供に触れさせてあげたい

という気持ちがあり、来年は大きいカブトムシを捕りにいこう!と心に決めていましたが。

 

今回たまたま、通りかかったところで

とても安い値段でカブトムシが売ってるのを発見してしまいました(笑)

 

まあ、買う必要はないといえばなかったんですけど

 

実際にみてみたら、やっぱり欲しくなりました(笑)

 

 

「そんなの買うなんて考えられない」と笑われるかもしれませんが(^_^;)

都会暮らしだと・・なかなか手にはいらないんですよねやっぱり。

これから捕りにいっても、さすがにもう時期が過ぎていて

大きいのには出会えないですし。

 

で、買ってしまったという話なんですけど

同じように、都会から来て、たまたまこの辺りを通りかかって

しかも、カブトムシ買いたい・・という人がいたらと思い、

情報を書いておくことにしました。

 

 

ぼくは今回、養老渓谷へ遊びに行った帰りに

たまたま出くわしたんですけどね。

 

場所はこちらです。

 

 

正直、非常にあやしいお店だったんですけどね(笑)

常設ではなさそうですし。

 

この建物が目印です。

 

この屋根の下部分で、カブトムシ等の虫と野菜や果物を販売されていました。

期間限定でしょうね。

 

この写真上では荷物が置かれた状態になってますしね。

 

なぜここに立ち寄ったかというと、

この交差点で信号待ちすることになったときに、ふと目をやると

こんな看板があるのが目に入ったから。

 

 

カブトムシ・・あれ?安くない??

みたいな(笑)

 

まあ、買うのは信じられないと言う人もいるでしょうが(笑)

コンクリートジャングルの都会では捕れないんですよね・・

セミはみかけても、カブトムシは・・

 

ちなみに買ってみたカブトムシ(オス)はこんな感じです。

 

 

ビニール袋に入れてくれました。

メスも一緒に買いましたが、ほぼおなじぐらいの大きさです。

 

まあ・・普通のカブトなんでしょうが、うちの子は満足してました。

し、実際に持ち帰ったことで、たくさんカブトムシに触れることができて

これまでちょっとこわごわ触っていたのが、だんだん慣れてきてくれました。

 

 

ちなみにこのお店でクワガタムシも売ってくれるみたいですが

「クワガタはなかなか捕れないから、1000円」ということでした(笑)

 

この辺りでは捕れない、という意味だと思いますけどね。

 

 

自分で捕りに行っているそうです。

原価タダでは・・と、ちょっとこのビジネスの儲けに驚愕しましたが(笑)

 

 

どこかはわからないですが、「牧場に行くといる。草にいるんだよ!」と力説されてました(笑)

 

 

カブトムシをオス・メス1匹ずつ頼むと、元気そうなのを選んでくれました。

 

 

 

カブトムシだけでなく、野菜や果物も売ってるんですが

うちはここでスイカ1玉も購入しました。

 

直売所みたいなところか・・と思ってたんですけど

スイカには「秋田産」とありました(笑)

まあいいか、と(笑)

 

800円で、それなりのサイズでしたし。

 

帰宅して食べたら、十分甘かったです。

 

 

もし、千葉県市原市方面へ行く方で、

カブトムシを買うことに興味がある方は・・

行ってみてもいいかもしれません。

 

ただ、営業時間や休業日、期間限定なのかどうかは不明ですので

自己責任でお願いしますm(_ _)m

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+