読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

定期券の継続はどこでもできるのか?券売機で更新期間延長できない理由とは?

鉄道

定期券がもうすぐ期限切れになる!

となった時に、期限更新をしよう!と思うと思いますが・・

その時に、「更新できない」という場合があります。

 

それはどういう時かというと・・

 

 

例えば、

 

小田急   小田原線 町田駅

代々木上原駅 経由

東京メトロ 千代田線 霞ヶ関駅

 

までのPASMO定期券で

もともと、町田駅(小田急)で購入したものの場合。

 

 

 

 

この定期券、どこでも継続購入できるかというと

そうではありません。

 

継続購入は、あくまで「買った会社」で同じ内容の定期券を買うという動作なんです。

 

なので、

最初に小田急の町田駅で購入したものなのであれば

少なくとも、小田急線内でしか継続購入はできません。

 

定期券は、代々木上原駅から東京メトロへ接続し、霞ヶ関駅までの経路ですが

 

東京メトロの駅で「継続」購入することはできないんです。

 

これけっこう知らない人が多い。

 

 

最初に買った会社でしか継続購入はできない

とおぼえておきましょう。

 

最初に買った会社の駅であれば、その駅に定期券を買うことができる券売機等があればその場で継続定期券を買うことができます。(更新手続き)

 

ただ、学生の通学定期券の場合には「通学証明書を見せて買わなければならない」等の条件がある場合があるので、どこで買えるかは要確認です。(鉄道会社によって、年度をまたぐ場合は定期券うりばのみ、のような決まりがあったりします)

 

 

上の経路の人で、どうしても町田や小田急線内の駅ではなく

東京メトロ側で、同じ経路の定期券を買いたいという場合、方法はあります。

 

それは、定期券の期限が切れてから

東京メトロの駅で「新規」で購入する

というものです。

 

ただ、あくまで「新規」なので、再度経路の設定等の入力をしなければいけなくなるので手間は増えます。

 

またあくまで「期限切れ」になってからでないと買えないので

「明日切れる定期券」に「新規」の定期券を買うことはできません。

 

 

ということで、

「定期券は、買った駅で更新する」

と覚えておくのが良いでしょう!!

スポンサーリンク

このブログへメール 削除依頼について