読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

コンタクトレンズ激安通販!処方箋不要・送料無料Amazon・楽天/違法?合法?危険性は?

健康 Amazon

スポンサーリンク

コンタクトレンズはネット通販で買うことができます。

でも気をつけた方が良いこともありますので、よく読んでコンタクト通販を利用しましょう。

 

コンタクトレンズの購入に処方箋は必要ないのか?

結論からいうと、必要ないそうです。

そもそも「処方箋」とは、医師が薬剤師に与える薬の指示書であり、

コンタクトレンズ処方箋というのは必須のものではないそうです。

 

でも、コンタクトレンズを買う場合に街のコンタクトレンズ屋さんでは

必ず処方箋を求められます。

その理由は、「その方が安全」であり「その方が儲かる」からのようです。

 

・処方箋をもらうためには眼科を受診することになりますから

目の健康維持のためになる

 

・また、レンズの使用で目に異常が起こることを防ぐために正しい処方箋をもらって使用することはメーカーのリスク回避になる

 

・眼科へお客様を送ることで眼科が儲かる、レンズ屋としては自分の店でのレンズ販売を促進することができる(例えば眼科に店員を派遣している等)ことでレンズ屋も儲かる

 

だから、処方箋がある方が、レンズ屋さんにとっても眼科にとってもけっこう都合が良いわけですね。

 

しかし、コンタクトレンズ等の医療用具について定められている薬事法においても

レンズの購入時に処方箋を提出しなければならないというような決まりはないそうです。

 

なので、処方箋は必要ない、と。

 

厚生労働省は眼科で検査・診察し処方を受けたものを使用しましょう

と推奨はしているみたいですけどね。

 

レンズは誰にでも売ることができるのか

これは、たとえネット通販で売るとしても

「誰にでも売ることができる」ものではないそうです。

 

許可をもらった会社にしか販売はできないそうで

ということは、ネット上でも実際に売ることができている会社というのは

許可を得ている会社ということになりますよね。

(そりゃ、ゲリラ的に非合法に扱っているような会社なら別ですが・・)

 

許可を得た会社からコンタクトレンズを買うことは

インターネット通販においてでも合法です。

 

ただ、悪質な販売業者がないわけではないので、

その見極めは重要なようです。

 

 

ちなみに、病院の会計窓口でコンタクトレンズを売ることは違法になるそうです。

だから、たいていの眼科さんはコンタクトレンズ屋さんが併設されていて、

そちらのお店側で買うことになるわけですね。

もし病院で売っても良いなら、わざわざコンタクトレンズ店併設になってないはずですよね(^_^;)

 

通信販売でコンタクトレンズを買う場合に気をつけること、危険性 

上に書いたとおり、ちゃんとしたお店であれば許可を得ての販売をしているわけですから

通販で買ったから危険、ということは必ずしもないことになります。

 

ただもし危険性があるとしたら、眼科を受診しないことによって

目に異常が出ている場合に、それに気づかない可能性があるということかなと思います。

 

ただこれは、自分で眼科へ行って受診すれば解決できるわけで。

 

・裸眼視力と矯正視力を計測

・目の傷や眼底を確認してもらう

・ドライアイは大丈夫か

 

などなどです。

基本的に、半年に1回は眼科を受診するべきと思われます。

 

街のお店で買うのと通販で買うのの違いは

「病院(眼科)へ行くか」という点なので、これがクリアできればOKです。

 

 

あとは買ったコンタクトレンズが原因で何かが起こったとき

(装着の仕方に問題があれば自己責任だと思われますが)

 

病院や街のコンタクトレンズ屋さんであれば、そこが補償の話し合い等を受け付けてくれる(メーカーとのやり取りを代行してくれる)かと思われますが

個人で通販で買った場合は、通販会社はメーカーとの間で仲介しているだけのことが多いようなので、「直接メーカーへ言ってください」と言われる可能性があります。

レンズそのものに問題がある場合に責任があるのはメーカーなので・・

そうなるでしょう。

 

 

結局、どちらで買っても違法ではないし合法で

どちらで買ってはいけないということはない。

 

通信販売 →安い

直接購入 →安心

 

どちらを取るか、ということになりますね。

ここは自己責任で選ぶしかないと思います!

 

 

ネット通販でコンタクトレンズを買う前に眼科を受診した方がいいわけですが

受診する場合に気をつけた方がいいのは

その病院が「ちゃんと処方箋を渡してくれるか」を確認しておくことだと思います。

「提携しているお店でのコンタクトレンズ購入しか認めない」

というような眼科だと、処方箋を渡してくれない可能性もあるためです。

 

コンタクトレンズの購入には、ネット通販の場合においても

「どういうレンズを買うのか」を自分で指定する必要があります。

その情報は眼科を受診しないと得られない情報だと思われます。

具体的には

 

・コンタクトの種類

・ベースカーブ

・サイズ

・度数

・乱視度数、乱視軸

 

と言われるようなものです。

 

コンタクトレンズ激安通販!処方箋不要・送料無料Amazon・楽天

では、実際に売っているところを確認してみましょう!

 

基本的に「通販で買おう」と思う方が選ぶのは「ソフトコンタクトレンズ」だと思います。

 

私のオススメとしては・・ネット通販で買うなら、「ワンデー(1day)」が良いと思います!

やっぱり、できるだけ目に負担をかけない方が良いですし、

ワンデーを買っても、通販なら十分に安いためです。

 

ぜひコンタクトレンズを通信販売で買う場合は、ワンデーを選んでくださいね。

 

なお、2ウィーク(2週間)や1ヶ月タイプも売っています。

もちろん送料無料です。

(ほぼ全商品が送料無料だと思いますが、注文時に念のため確認してくださいね)

 

しかも、発送も早い!

即日発送してくれるものもありますよ!

Amazonプライム会員なら、とくに!

すぐ発送してくれます(笑)

 

▼ここからAmazonプライム会員には入れます!

 

 

 参考に、コンタクト通販の商品の一例を。

(リンク先で度数等を選び直すことができます)

ここに並べるコンタクトレンズ以外にもたくさんあります。

 

それらは、この一覧の下のリンクからみることができますよ♪

 

アキュビュー ワンデー

ワンデー アキュビュー トゥルーアイ 【BC】8.5【PWR】-3.50 90枚入

ワンデー アキュビュー トゥルーアイ 【BC】8.5【PWR】-3.50 90枚入

 

 

 メダリスト ワンデー

ボシュロム メダリストワンデー プラス コンタクト レンズ 30枚入 BC8.6 PWR-3.50

ボシュロム メダリストワンデー プラス コンタクト レンズ 30枚入 BC8.6 PWR-3.50

 

 

 シード ワンデー

 

 デイリーズ ワンデー

※ぼくのオススメです。いつもこちらを買っています。なぜなら・・安いから(笑)

デイリーズアクアバリューパック(90枚入) 【BC】8.6 【PWR】-1.75

デイリーズアクアバリューパック(90枚入) 【BC】8.6 【PWR】-1.75

 

 

メニコン ワンデー

 

 

自由に選びたいという方は

この下のリンクをクリックしてページを開いてください。

 

コンタクトレンズ、カラコンを通販で買うなら、アマゾンのコンタクトレンズストアへ。値段比較して安いコンタクトレンズをお探しの方におすすめ

http://amzn.to/2bLkDKl

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

 

 このページを開いたら、上部にある選択部分を選んで

該当のレンズを表示させてみてください。

2ウィークや1ヶ月も選択可能です。

 

↓この部分です。

 

ちなみに、もしコンタクトレンズメーカーで選びたいときは

ブランド別のリンクが下にあります。

 

また、度数や乱視度数で絞り込みたいときは

左にメニューがありますので、活用してください。

 

 

なお、検索結果には「カラーコンタクト」が混じっていますので

カラーコンタクトが必要無い方は間違えて選ばないようにご注意ください。

 

知ってるコンタクトレンズ商品を選ぶのが安心かもしれませんね。

街のコンタクトレンズ屋さんで買うよりもきっと安いはずです。

 

 

ちなみに、楽天で買いたい方には、こちらのショップをオススメします。

 

ここから楽天のコンタクト通販ショップへ行けます。

↓↓↓

 

 コンタクト通販 レンズゲット

 

実は・・ぼくは毎回こちらで買っています(笑)

楽天ポイントをけっこう持ってるので、楽天で買うのが効率的でして。

この楽天・レンズゲットで、デイリーズアクアのワンデーをいつも購入しています。

 

 

 

 

ということで、ぜひ、ネット通販でのコンタクトレンズ購入を検討してみてください。

そして、眼科検診は忘れずに。

 

 

※購入する際には販売店の注意事項等を厳守してください

※専門家ではないので、言い回しが間違えている可能性はありますご了承ください。あくまで購入は自己責任でお願いします

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+