読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

三谷幸喜に女優の才能を見出された元フジアナ八木亜希子が真田丸に出演 #真田丸

TV 芸能人

スポンサーリンク

元フジテレビアナウンサーの八木亜希子さんが

NHK大河ドラマ「真田丸」に出演される

というのがニュースになっていました。

 

 

その気持ちを伝えるために

その気持ちを伝えるために

 

 

八木亜希子さんって・・

実は最近はとくに、女優として俳優としての仕事が多いって知ってました??

 

けっこう出演されてるんですよ。

 

 

「ニュースキャスター」という、もともとの本業の役で出ていることもよくあるんですが

そうではなくて普通の役で。

 

最近だと

 

 

NHK連続テレビ小説「あまちゃん」

昼のセント酒

 

などなど。

あまちゃんでは「元女子アナ」だったみたいですが(笑)

昼のセント酒は女性上司です。

 

 

そして一番よく出ているのが「三谷幸喜作品」なんです。

その縁での大河ドラマ出演かなと思っているんですが。

 

フジテレビで放送されたスペシャルドラマ「オリエント急行殺人事件」ほか

映画では「みんなのいえ」「THE 有頂天ホテル」などなど。

 

 

オリエント急行殺人事件オリジナルサウンドトラック

オリエント急行殺人事件オリジナルサウンドトラック

 

 

 

とくに注目は「みんないえ」です。

 

この映画では、「準主役」のような役を演じられていて

「家を建てたい」夫婦をココリコ田中直樹さんとともに演じられていました。

 

これに起用されたのが・・大きいですよね・・

それまで俳優のイメージが全くなかったのに、いきなり準主役に抜擢され。

 

みんなの家の製作記者発表で三谷幸喜監督は

「みなさん、あけましておめでとうございます(笑)。
ココリコの田中君とは、今まで面識がありませんでした。しかし、テレビに出ている彼のどんな仕事にもまじめに取り組む姿に心が打たれ、一緒に仕事をしたいと思いました。
八木さんも本格的な演技は初めてですが、僕が持っている八木さんに対するイメージ―上品で、ユーモアがあって、温かい人―と、八木さん演じる民子のイメージがまったく同じだったので、出演をお願いすることにしました。確かに芝居は下手ですが(笑)、それを補って余りある八木さんの魅力を、充分に発揮してくれています。八木さんには、この映画のイメージキャラクターになってほしいくらいです。 

ご本人は

「私も監督から出演の話をいただいたときは、冗談だと思って受け流していました。しかし、映画の中にいるだけでもいいからと、とても熱心に誘っていただいているうちに、こんなに誘っていただけることはもうないかもしれないと思い始めるようになりました。逃げるのは簡単だけれどがんばってみよう、と出演を決心しました。
初めての経験で、とまどうことの多い毎日ですが、とても勉強になります。役者という仕事の大変さを実感しました。
撮影中は、場の雰囲気を壊さないようにがんばっています。キャスト、スタッフのみなさんが初心者の私を温かく助けてくれます。チームになって、映画を作っていく楽しさを知りました」

三谷幸喜監督作品「みんなのいえ」製作発表

 

まさに「いきなり」の出演依頼だったみたいです。

 

ただ、これ、見てもらえばわかりますが・・

八木亜希子さん、全く違和感なし(笑)

三谷さんは「演技下手」と言ってましたが、正直とくに下手だとは思いませんでした。むしろ「よくいる」というか「こういう人いる」という感じがよく出ていて

なかなかうまいなとすら思いました(笑)

 

「こういう人いる」を普通にやれる、というすごさがあるのかもしれないですね。

 

これ、フジテレビ退社後すぐの仕事だったようですが

この「みんなのいえ」で、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞したそうです。

これって・・日本では王道の賞で、女優として有名な人でもそんなに受賞している人はいないと思います。

(柴咲コウさんや妻夫木聡などが受賞?)

 

 

みんなのいえ スタンダード・エディション [DVD]

みんなのいえ スタンダード・エディション [DVD]

 

 

 

みんなのいえ

みんなのいえ

  • 三谷幸喜
  • ドラマ
  • ¥2000

 

 

たぶん・・三谷幸喜さんが八木亜希子さんのことを好きなんだと思います。

おそらく「みんなのいえ」の八木さんのキャラクターは、もともと三谷さんが八木さんをイメージして書いたでは?と思われます。

 

そりゃ、合うはずだわと(笑)

 

 

ただ、そうやって考えると、

三谷作品にはなんとなく必要なキャラクターなのかもしれませんね、八木亜希子キャラは。

 

「真面目そう」なイメージで、まじめにやっている姿がどこか面白い

みたいな。

コメディエンヌですね。

 

 

今後も女優の仕事が増えていきそうな八木亜希子さん。

野際陽子さんみたいに「元アナウンサー」でも、女優として成功できるか?!

 

実は野際さんのように、年齢を重ねてからの方が、

さらに需要があるかもしれないですね。。

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+