読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

iPhone7電池残量ゼロでもSuicaで改札が通れるのか、予備バッテリーは必須

iPhone 鉄道

スポンサーリンク

モバイルSuicaについては過去にこういう記事を書いたことがありました。

 もし電池が切れて、なくなってしまった場合には、どうやったら改札を通してもらえるか

という話です。

www.hinapishi.com

 

もし、スマホや携帯電話の電源がオフになり

バッテリー切れになってしまい、モバイルSuicaが使えなくなった時は

上の記事の内容で、有人改札で精算をして出場しましょう。

 

これは、iPhone7にのるApplePay上でのSuicaでも同様と思われます。

 

 

しかし、面白い情報をみつけました。

 

 

・モバイルSuicaは、スマホの電池が切れてもしばらく使える

・バッテリーが切れてスマホの電源が勝手に落ちても通常は微量ながらバッテリー電池残量が残っている

・それが残っている状態なら、スマホの電源がオフ状態でも改札を通れる場合がある

・ただし、電源がオフになってから時間が経つなどして完全に放電(電池がなくなってしまった)したら、不可能になる

・また、この状態で「乗り越し精算」が必要になった場合に、有人改札の機械でこのスマホの読み取りができるかはあやしい

 

 

ということなので。

 

もしiPhone・ApplePayでSuicaを使っていて、乗車中に

バッテリー切れで電源がオフになってしまったら。

そのあとiPhoneを下手にさわらずに、

出場する駅まで来たら、すみやかに一度改札機でタッチしてみる

 

こういう対応が良さそうですね。

これはiPhone・ApplePayのSuicaでも、おサイフケータイのモバイルSuicaでも同じだそうです。

 

もし予備バッテリーを持っているなら、即座にちゃんと充電しなおしましょう。

いや、切れる前に、充電しましょう。それが一番です。

 

これでタッチしても反応しない

改札機でエラー音が鳴る、という場合はきっと電池が完全になくなっていますので

あきらめて、上のリンクにあるように「現金でお支払い(切符料金)」をしましょう。

 

定期券を持っているかどうかも、機械で読み取りができなくなった場合には

駅員さんにも確認不可能になるため、もし定期券があったとしても運賃を取られる場合もあるということは理解しておいた方が良さそうです。

 

ということで、もしSuicaをiPhoneで使うなら、

予備バッテリーが必須と考えておいた方が良さそうなので

 

iPhone7/iPhone7Plusに最適な持ち歩き専用予備バッテリーをご紹介します。

Amazonで人気のオススメアイフォーンセブン/プラスに使いやすい予備バッテリーの一覧です。

 

 

Amazonで買える!iPhone7/Plus用予備バッテリー人気おすすめ

 持ち歩きに最適な超小型

 

大容量バッテリーの代表格

 

 

 信頼の日本製予備バッテリー

パナソニック モバイルバッテリー 5,800mAh USBモバイル電源 ホワイト QE-QL202-W

パナソニック モバイルバッテリー 5,800mAh USBモバイル電源 ホワイト QE-QL202-W

 

 

なお、iPhoneケースと一体になったバッテリーケース。

要は予備バッテリーがくっついた状態なので、普通に使っていて、元のiPhoneの電池よりも多い電池量で使用できるケース、ということになります。

 

バッテリーケースについては、まだiPhone7用が登場してきていないようですが

もしかするとiPhone6s用が使える可能性もあります(要確認)

 

iPhoneのバッテリーケースはこちらからどうぞ

▼▼▼

http://amzn.to/2c0Z1P3

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+