読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

iPhone7/Plus ハイブリッドケースAmazon人気オススメランキング、ハイブリッドケースの意味とは?

iPhone ケース

スポンサーリンク

iPhone7/iPhone7プラスをもうすでに手に入れた方もいるかもしれませんね。

ぼくは、予約開始日のソフトバンク予約開始時間が16:01と聞いていたので

その時間に待ち構えて、すぐにアクセスしたんですが・・なかなか予約できず(笑)

結局予約画面に進めたのは、16:08頃でした。

 

たしか前回もそれぐらいの時間に予約ができたんですが・・

それで手に入ったのは、発売から2週間後ぐらいだった気がします。

 

どうやったら、16:01に予約できるんですかね(笑)

何か特別な方法を取ると、こういう「殺到」するときに、サイトに入りやすくなるんでしょうか・・

 

 

すでにiPhone7を手に入れた人も、まだiPhone7Plusを手に入れていない人も

早めに液晶画面保護フィルムとケースカバーだけは準備しておくことをオススメします。

やっぱり届いた瞬間から必要になるものですし

もし手元にあって、まだケースカバーをつけてない、保護フィルムをつけてない

という状態のときに

傷がついたり破損したりするような状況におちいると・・

後悔しかないので(笑)

 

とにかく、先に用意しておきましょう。

 

iPhone7/iPhone7 Plusのハイブリッドケースとは?

iPhone7/iPhone7Plusのケースを探していると、

硬いポリカーボネート製、硬めだけどやや柔らかいTPU、完全に柔らかいシリコン

革製、アルミ製、木製など

いろんな材質のケースカバーに出会うんですが

その中に「ハイブリッド」と書かれたケースがあります。

これってどういうケースなんでしょうか。

 

ハイブリッドの意味とは

「異種のものを組み合わせたもの」「ふたつの要素を組み合わせて作ったひとつのもの」という意味だそうです。

 

なので、ハイブリッドケースとはつまり

2つ以上の素材を組み合わせて作ったケースカバーということになります。

 

組み合わせる意味は、

組み合わせたそれぞれの良いところを両方持ったケースカバーにする

ということです。

 

たとえば、硬い素材なら薄く作ることができますが、柔らかい素材なら厚めになります。

硬い素材の場合は破損に対して弱いけど、柔らかい素材は強い。

であれば、これらを組み合わせて、最強のケースカバーにしよう、というのがハイブリッドケースです。

 

たとえば、ケースそのものを2重構造にして内側に柔らかい素材、外側に硬い素材にして手触りをよくするとか

 

側面部分は柔らかい素材を使用して落下等の損傷に強くした上で、背面部分は厚みを出さないために硬い素材にするとか

 

一部をアルミにしてかっこよさを演出するとか

 

要は「いいとこどり」ケースということです(笑)

ハイブリッドケースは比較的値段が高めのことが多いのですが

最近はアマゾンでも価格がおさえられたオススメケースカバーが登場しています。

ぜひハイブリッドケースも検討してみてください。

 

iPhone7/Plus ハイブリッドケースAmazon人気オススメランキング

iPhone7

耐衝撃でストラップホール付き! 

 

 米軍MIL規格取得!

 

 比較的硬め素材のハイブリッド

レイ・アウト iPhone 7 ハイブリッドケース(TPU + ポリカーボネイト) クリア RT-P12CC2/C

レイ・アウト iPhone 7 ハイブリッドケース(TPU + ポリカーボネイト) クリア RT-P12CC2/C

 

 

 バンパー部分の色がアクセント

 

 Spigenなら安心

 

 

iPhone7 Plus

 米軍MIL規格取得

 

 硬め素材のハイブリッドケース

レイ・アウト iPhone 7 Plus ケース ハイブリッド(TPU + ポリカーボネイト) クリア RT-P13CC2/C

レイ・アウト iPhone 7 Plus ケース ハイブリッド(TPU + ポリカーボネイト) クリア RT-P13CC2/C

 

 

 二重構造で安心

 

 信頼のSpigen製

 

 

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+