読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

iPhoneバックアップはiTunesが完全で復元早い、iTunesとiCloudのバックアップの違い

iPhone

スポンサーリンク

iPhoneのバックアップは、Wi-Fi経由でiCloudを使う方法と

PCやMacに直接ケーブルでつないでiTunesで行う方法の2つがありますが

 

どうしてもiCloudでしかできない!

(たとえばPCやMacがない等・・?)

という人以外は、絶対に、iTunesで行うことをオススメします。

 

 

 

 

iTunesとiCloudのバックアップ内容の違い

まず、iTunesでできるバックアップとiCloudでできるバックアップは内容が違います。

 

簡単に言うと、

 

iTunes → できる範囲で全てのデータがバックアップされる(「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックして行う)

 

iCloud → 限られた情報のみ

 

詳しく書いている人はたくさんいるので、割愛しますが(^_^;)

 

 

つまり、全てをバックアップしたいなら、iTunesを使うしかないわけです。

iCloudは「必要最低限」のイメージです。

iCloudからの復元でも使えなくはありません。

 

ただ、アプリ内のデータがいろいろ消えていたりなど、

改めて設定しなおすようなことはいろいろと起こる可能性があります。

 

今までと同じ使い勝手での復元を望むのであれば、絶対にiTunesを使用するべきです。

 

ぼくからすると・・

パソコンやマックを持たずにiPhoneを使うのは・・やめた方がいいと思います(笑)

一応使えますけどね、そういう人はiPhoneはやめた方がいいでしょう。

 

iPhoneを使うなら、PCやMacは必ず用意しましょう。

 

 

iCloudは容量が限られている

iCloudはiPhoneを使い始めた時点で無料で5GBの容量をもらえますが

それ以上になると有料です。

5GBで、iCloudで保存できる内容には限りがあります。

 

iPhoneのストレージで「5GB」っていうのは無いので(笑)

本当に最低限しか保存できませんし、

32GB、64GB、128GB、256GBのiPhoneを使っていたら

写真とか音楽とかのデータもはみだす可能性大ですよね。

 

たいしてiTunesの方は、PCやMacを使うので

そのPCやMacのストレージ・HDDに空きがある分だけバックアップ可能です。

 

この比較だけでも、iCloudが全てのデータを保存できないことは明白だと思います。

まあ今後、Appleが無料の範囲をもう少し大きくする可能性はあると思いますが

それでも、AppleはiCloudの有料契約をしてほしいはずなので(笑)

iPhoneの内容が丸丸保存できるようにはきっとならないと思います。

 

 

バックアップからの復元時間が全く違う

以前この記事で書いたのですが

 

www.hinapishi.com

 

iCloudからの復元、死ぬほど時間かかります(笑)

 

「iCloudでの復元中は、ギガバイトあたり1〜4時間かかる場合あり」

だそうです(笑)

 

ってことは、5GBでも、下手したら20時間かかるんですよ!!!

 

ありえない(笑)

 

 

iTunesならそんなことはないです。

 

これからiPhone7/iPhone7 Plusをゲットするかた

ぜひ機種変更前のiPhoneのバックアップを取る場合には

iTunesを使ってください。

 

iCloud頼みだと、後悔しますよ(笑)

 

 

アイフォーンセブンプラス、早く使いたいな〜

 

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

 

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+