読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

iPhone7/PLUS 予備バッテリーAmazon人気オススメランキング!予備電池、予備電源は用意するべし

iPhone

スポンサーリンク

iPhone7/iPhone7プラスを活用したい!という方には、予備バッテリー、予備電池、予備電源を用意することをオススメします。

 

僕はもうかれこれずーっとiPhoneを使用していますが、予備バッテリー無しでの行動は考えられないです(笑)

 

少しずつバッテリーの持続時間は改善されてきていて、同じことをするだけなら、電池の持ちは以前より良くなってきているのですが、

新しい機能や新しいアプリもどんどん追加されてくるわけで。

 

それらを活用しようとすると、また大きなバッテリー消費があるんですよね。やむをえない。

 

 

とくに僕の場合は、常駐で、バックグラウンドで動かしているアプリがとても多いので、機内モードにしない限り、どんどん電池が減っていきます。

 

常駐系アプリでバッテリー消耗が激しいのは、これまでの経験上、GPS機能のついたもの。

常駐させておいて、その都度場所を認識してなんらかの動作をしてくれるアプリです。

 

わかりやすい例だと、マップ地図系はバッテリー減りますね(笑)

とくに自分の位置を認識させた状態でほっておくと、ひたすらGPS情報をつかみにいくようですので。

 

 

それから動画。

最近は家のハードディスクレコーダーで録画したテレビ番組…NHK大河ドラマ「真田丸」とか(笑)

iPhoneで持ち出してみているんですが、

やっぱりこれもバッテリー食う気がします。

 

たまに、宅外から「リモートアクセス」という機能を使うのですが、これは外から4G回線を経由して自宅のハードディスクレコーダーにアクセスしそこから動画再生をする機能で、

この場合は、なおさら電池減ります。

 

同様に、YouTube視聴も減りますね。

 

 

という具合に、iPhone7/アイフォーンセブンプラスを活用すればするほど、電池は足らなくなります(笑)

 

なので、転ばぬ先の杖、出かけた先で充電できるとは限らないし、そこでモバイルバッテリーが売っているとは限りませんので。

 

普段から自分専用を用意して、持ち歩いておきましょう。

 

容量が巨大なやつから、モバイルバッテリー自体のサイズがコンパクトで持ち歩きしやすいものまであります。

 

アマゾンで人気の、おすすめ予備バッテリーをご紹介します。

 

iPhone7/PLUS 予備バッテリーAmazon人気オススメランキング

 

まず購入を検討しても いいかなと思うのは、iPhone7/iPhone7Plus向けの、バッテリーケース。

バッテリー付きケースなら、別に予備バッテリーを持ち歩く必要なし。

iPhone7やiPhone7プラスだけを持ち歩けばOKという状態は、願ったりかなったりですよね。

iPhone7のバッテリーが増えたような感覚です。

 

 

 

 軽くて小さい予備バッテリー

 

 

 

 

 

大容量の予備バッテリー

 

 

「iPhone6対応」で安心の予備バッテリー

 

 

日本メーカー、パナソニックの予備バッテリー

 

パナソニック モバイルバッテリー 5,800mAh USBモバイル電源 ホワイト QE-QL202-W

パナソニック モバイルバッテリー 5,800mAh USBモバイル電源 ホワイト QE-QL202-W

 

 

どこまで使えるか・・!?ソーラーパネルバッテリー

 

 

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+