読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

iPhone7/Plusでカメラシャッター消音する方法、音を消すことができるバグ?

iPhone

スポンサーリンク

iPhone7/アイフォーンセブンプラスはもう手に入りましたか?

このページに来ている人はすでに新型iPhoneをゲットした人かもしれません。

 

iPhone7で言われていることとして

「カメラのシャッター音が大きい」

というのがあるみたいです。

 

ぼくはまだ手に入れられてないので、直接確認はできていないのですが

ステレオスピーカーになったことが影響しているとか。

 

 

iPhoneは、少なくとも日本で発売されるものについては

シャッター音を無し、無音にすることはできない

 

ということだったのですが

なんと、iPhone7/iPhone7 Plusでカメラシャッター音の消音が可能!

という情報がありましたのでご紹介。

 

ちなみに、iPhone7より前の機種でも可能かもしれませんので

古い端末の人もためしてみる価値はありそうです。

(ぼくのiPhone6Sは、なぜかたまにカメラシャッター音が、普通に鳴らないことがあるので・・未確認ですが)

 

 

※こうなりました↓

www.itmedia.co.jp

 

iPhone7/Plusでカメラシャッター消音する方法

本来、iPhoneはシャッターの音を消すことはできないはずなので、バグではないかと言われているようです。

 

なので、あとでiOSがアップデートした際にはこの機能はなくなってしまう可能性がありそうです。

 

やり方は簡単です。

 

 

設定 > 一般 > アクセシビリティ

 

ここに「AssistiveTouch」という項目がありますのでここに入り、

「オン」にする。

 

「AssistiveTouch」とは、よくホームボタンが壊れた時などに

それを押せばホームに戻られるように設定するボタンで

ディスプレイの右下などに表示させる、グレーのボタンのことです。

 

これに「消音のオン・オフ」を切り替える機能が設定できる

というわけです。

f:id:AR30:20160920194923p:plain

 

↑ この右端にあるやつですね。

 

 

AssistiveTouchの設定画面で・・・

 

 

「最上位メニューをカスタマイズ」に入る

 

 

このような画面になるので、

「6個のアイコン」の横の「ー」をタップして、表示されているアイコンを減らしていく。

 

「カスタム」だけが残るようにする。

 

 

「カスタム」のアイコンをタップする。

 

そうすると、いろいろな機能の一覧が表示されるので

ここで「消音」を選択する。

 

 

すると、それ以降、

ホーム画面に表示されたアシスティブタッチのボタンを押すごとに

「消音ON」と「消音OFF(音が鳴る)」を切り替え可能になります。

 

 

もうひとつ操作方法があって、

「最上位メニューをカスタマイズ」のところでアイコンはさわらずに

下の方にある「3D Touchのアクション」を選択してそこで「消音」を選べば

 

その場合は、アシスティブタッチのボタンを強く押し込むごとに

「消音ON」「消音OFF」の切り替えができるようになります。

 

これはお好みで、どちらかを・・

 

 

AssistiveTouchのボタンを隠したり出したりできるようにする設定

ただ、このアシスティブタッチのボタンがずっと出っぱなしはイヤだという人もいると思います。

 

そういう人は、必要なときだけ出せるように設定することが可能です。

 

設定 > 一般 > アクセシビリティ > ショートカット

 

と進み、ここで「Assistive Touch」を選択すればOK。

 

こうすると、ホームボタンをトリプルクリックしたらAssistive Touchが表示され

もう一度トリプルクリックすれば消えます。

 

ということで、これも合わせて設定しておきましょう。

 

 

 

いつまで使えるかはわかりませんが、ご活用ください。

 

 

悪用は禁止です!

この機能を使って何らかの問題が起こっても、責任は負えません!

使う際には、時場所時間にご注意を。

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+