読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

iPhone7/PlusバンパーケースAmazon人気おすすめランキング、バンパーとは?

iPhone ケース

スポンサーリンク

iPhone7/アイフォーンセブンプラス・・もう手に入れました??

僕は・・ソフトバンクのホームページで、予約開始10分後には予約完了していたにもかかわらず、

未だiPhone7プラスを入手できず・・(笑)

 

iPhone7Plusでしかも、ジェットブラックカラーにしたのがまずかったんですかね(笑)

 

まあ、別に、2〜3週間ぐらい待ったからといって

どうということはないんですけどね。。

 

ただ、すでに持っている人は、うらやましいです。

早く、ダブルレンズでの撮影をやってみたいです。

 

 

iPhone7やiPhone7Plusのケースカバーで人気なのは

「バンパー」タイプのようです。

 

iPhone7のバンパーケースとは?

バンパーと言われても、あのクルマの前部部分の部品??

と思う方が多いのではないでしょうか。

 

iPhoneケースでいう「バンパー」とは

 

側面を覆うタイプのもの

 

です。

 

ディスプレイ(前面)や背面には何もなく、

要は、「枠(わく)」のような形をしたものです。

 

iPhoneやスマホをはめこんで使う、枠(わく)みたいな形状のもの。

角と辺を守る感じですかね。

 

ただ、このバンパーケースをつけると

やや厚みがあるため、スマホが地面と平行に落下しても、直接画面が地面に触れることはありません。

 

ただ、もし地面から石が飛び出していたりしたら、画面が割れると思いますが・・

 

「バンパー」といっても、背面部分に透明なパネルがついているものもあります。

 

 

ということで、やはり衝撃には強くない、というのがバンパーケースのデメリットかなと思います。

また、iPhoneのアンテナは側面にあるという話があって、バンパーが金属だと電波が弱くなるのではないかという話もあります。

しかし最近のバンパーケースはその部分を考慮したつくりのものもあるようです。

 

バンパーケースのメリットは、なんといっても見た目かなと思います。

側面しか覆わないので、ほぼその端末、iPhoneそのままの見た目を楽しむことができます。

 

自分の望むものに合わせてカバーケースは選ぶしかありませんね。

 

iPhone7/PlusバンパーケースAmazon人気おすすめランキング

iPhone7/iPhone7Plusのバンパーケースの中で、Amazonで売れている人気おすすめのバンパーケースをご紹介します!

 

iPhone7

 クリアケースが最もiPhoneの見た目を損なわない

エレコム iPhone7 ケース / アイフォン7 ハイブリッドバンパー バンパー クリア PM-A16MHVBCR
 

 

 アルミバンパーと背面にパネルがついたタイプ

レイ・アウト iPhone7 ケース アルミバンパー+背面パネル(クリア)/ブラック RT-P12AB/B

レイ・アウト iPhone7 ケース アルミバンパー+背面パネル(クリア)/ブラック RT-P12AB/B

 

 

 アルミバンパーのおすすめ

イングレム iPhone7 ケース アルミバンパー/ブラック  IN-P7AB/0B

イングレム iPhone7 ケース アルミバンパー/ブラック IN-P7AB/0B

 

 

 衝撃吸収バンパー

 

 アルマイト加工!

 

 

iPhone7Plus

 アルミバンパーに背面パネルがついたもの

レイ・アウト iPhone7 Plus ケース アルミバンパー+背面パネル(クリア)/ブラック RT-P13AB/B

レイ・アウト iPhone7 Plus ケース アルミバンパー+背面パネル(クリア)/ブラック RT-P13AB/B

 

 

 かっこいいメタルバンパー

 

 航空宇宙アルミ!

 

衝撃吸収バンパー

 

 

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+