読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

WOWOWは最新映画の放映時期が地上波テレビよりかなり早い!WOWOWドラマは邦画好き必見

映画 TV

スポンサーリンク

もうWOWOWに入って・・3年以上になりますかね??

かなり満足しているので、本当にオススメしたいです。

 

ぼくはよく映画館へ行く方でした。

1週間に一度ぐらいのペースで行ってましたね。

映画館でしかできない映画の楽しみ方というのもあるので

映画館へ行くことは全く否定しないのですが

 

ぼくの場合は、こどもができたことによって、映画館へ頻繁に行くことが難しくなりました。

 

行けなくもないんですけどね・・さすがに、家の横に映画館があれば行くんですけど

どう頑張っても、家を出てから映画館のシートに座るまで30分はかかるので

往復1時間ぐらいは映画を観る以外に時間が必要になります。

その時間を・・子供ができてからは、とるのが難しくなったんですよね(^_^;)

というか、その時間ぐらいは、育児に使いましょう!という・・。

 

ただ映画を観ること自体はやめたくない。

 

 

 

 

じゃあどうするか・・となったときに

選んだのが、WOWOWでした。

 

WOWOWの良いところは

とにかく

映画が映画館で上映開始されてから放映されるまでの期間が短い

タイミングが早いんです。

 

まあそりゃ、映画館で観るよりはおそいですけどね(^_^;)

さすがに映画を作ってる会社は、まずは映画館で観て欲しいはずですから。

 

でも、映画館へなかなか行けない人にとっては

映画館以外で、映画館の次に早く観られるというのは重要で。

 

 

映画が公開されてから、だいたいどういうスケジュールで

WOWOW等の有料放送で放映され、DVD販売・レンタル、地上波テレビで放映されるかというと・・

 

 

正確にいうと、たぶん「個々の契約による」と思われるので

絶対このスケジュールというのは無いと思われます。

 

しかし、おおまかにいうと

 

ここからWOWOW、いますぐ加入!

▼▼▼

 

 

ぼくが好きな「邦画」の場合ですが

 

映画館での公開

6ヶ月程度    DVD/BDの発売/レンタル開始 

6ヶ月〜1年程度 有料チャンネルでの放映(WOWOWやスカパー映画関連チャンネル等)

1年〜以上    地上波等での放映

 

 

ちなみに、「洋画」の場合はちょっと違うみたいです。

公開から時間がかかるみたいです。

ただ、洋画の場合、当然ですが外国で作られた映画ですので

日本で公開するよりもかなり前に海外・外国で公開されています。

そこからの時間になるので・・日本公開からの時間では計算できません。

外国での初公開からの時間だと長い、日本での公開からだと短い場合あり、

ぐらいに思っておきましょう。

(契約によっては、日本公開が基準になっていることもあると思いますが)

 

 

「有料チャンネルでの放映」とは主にWOWOW等のある意味高額(といっても月額2千円程度ですが)なチャンネルでの配信で、そのあとに低額の有料チャンネルでの配信が入る場合もあります。ネット配信サイト等もここに含まれますかね。

 

ただ、あくまで個々の契約であり、権利絡みの話なので、そもそも映画の製作にそういう配信サイト等が関わっているような場合には、どこよりも先に放映される場合もありますが。

これは、WOWOWでも地上波テレビ局でも同じことです。その会社が関わっていれば早く放映できることがあります。たまにありますよね、前編後編の映画で、前編公開後で後編上映開始前にすぐ地上波で放映されたり。あれはそのテレビ局が製作に関わっていて、映画の製作委員会が映画館へ足を運んでもらう宣伝の目的を兼ねて、地上波テレビ局での早い放映を許可しているんです。

このパターンは・・まあ、無視していいでしょう(笑)だって、そのテレビ局が作っているんだし。

 

 

最近は、このサイクル自体が早まっているように感じます。

 

映画をつくる人たちは、最も儲かる方法での各所での公開を考えるはずで

もともとは

 

映画で稼ぐ→DVDを売る→早く観たい人を取り込みたい有料チャンネルにできるだけ高く放映権を売る→最終的にみんなが無料で観られる地上波テレビ局に放映権を売る

 

という順番で考えていたと思います。

 

「DVD/ブルーレイディスクを売る」というのが映画の次に稼ぐ手段で

それを売るためには、各所で放映される前に売った方が良い

というのがあったと思うんですが

 

最近はDVDやBD自体、その作品を欲しい!と強く思った人こそが買うという傾向があるため、

できるだけたくさんのところで早く放映することでたくさんの人に知ってもらう

ということが売上につながると考えて

有料チャンネルや地上波テレビ局での放映自体が早くなる傾向にあるように思います。

 

有料チャンネルと地上波テレビ局は、どう考えても有料チャンネルが先に放映されるとは思いますが・・

というのは、あたりまえですが、有料チャンネルで後から放映されるもしくは地上波と同タイミングで放映されるようでは有料チャンネルに加入する人がいなくなるため、

契約時に有料チャンネルの方が高いお金を払って契約しているものと思われます。

(まあ・・観る人数が、地上波と有料チャンネルでは圧倒的に地上波が多いので、実際の金額は地上波の方が高いかもしれませんが。。視聴者1人あたりのために払う金額は有料チャンネルが高そう)

有料チャンネルに放映権を買ってもらうには、地上波より早い放映許可をしないと買わないでしょうしね。

 

映画公開と同時にDVDを売り始めた、なんて作品もあるようです。(しかもそこそこ売れたとか)

 

ここからWOWOW、いますぐ加入!

▼▼▼

 

 

・・・というところから

 

上の放映開始タイミングは、もはやあまり意味を成さないかもしれません(笑)

 

 

ただ大事なのは、

 

・有料チャンネルでは、地上波よりかなり早く観られる

・レンタル屋さんのように「貸出中」がない、しかもレンタル店へ行く手間がない(この手間をかけるぐらいなら、映画館へ行くわ(笑))

・レンタル屋で新作のレンタルをどんどんするよりも有料チャンネルの方が結果的に安い(新作がたくさん放映される)

・DVD/BDを毎回買って、観るのは、明確な金持ちだけでしょう(笑)

 

 

そして、有料チャンネルの中で、

例えばスカパーの映画関連チャンネル「スターチャンネル」とかなんかよりも

WOWOWをオススメする理由は

「かたよりがない」ことです。

 

WOWOWでは

・大ヒットした映画だけでなく、日本で未公開作品も放映される

・洋画中心とかではなく、邦画もアニメもある

・もっと言うと、映画以外も楽しめる(演劇や音楽、スポーツ等。それらのチョイスが良い)

ということで、良い意味であまりコア過ぎずに、いろいろ楽しみたいならWOWOWが絶対オススメです!

 

 

映画はWOWOWで観る!というサイクルに慣れると

ある意味、新作をすぐに観られなくても・・そんなに気にはならなくなります。

 

たしかにネット上なんかで、それらの作品の感想なんかを先に目にしてしまうこともありますが

それらも含めて、WOWOWで観るまでに期待感を醸成してくれます。

 

 

WOWOWなら、映画館だったら自分は選ばなかったな

という映画も、どんどん観られます。

 

そして、観てみたら面白かった、というのもけっこう多い(笑)

 

やっぱり、WOWOW側がちゃんと選んでくれてるからでしょうね、放映作品を。

 

ここからWOWOW、いますぐ加入!

▼▼▼

 

 

WOWOWは、映画以外も「いろいろ放映」している分だけ

この、作品や放映番組の「選定力」「チョイス力」が高いと感じます。

 

それが契約者数に直結しているからでしょうね。

 

 

WOWOW製作のドラマも、変に視聴率を気にしなくて良い分

作り手が本当に面白い、と思ったものをしっかり作っているなと感じますし。

失敗すれば加入者が減るので、地上波テレビ局よりよっぽどシビアな世界ですし(笑)

 

WOWOWドラマも映画並のクオリティがあるな、と僕は感じています。

 

なので、映画・・とくに邦画好きな方なら

WOWOWのドラマもオススメします!

かなり本格的な、上質な内容ですよ。地上波の恋愛ドラマみたいなチャラチャラした感じじゃないですし(笑)サスペンスとかミステリーとか。

 

 

ということで、まだWOWOWに加入していない方は、ぜひ!!

スカパーの人も、いますぐWOWOWへ引っ越しましょう!

スカパーは・・高いですよ〜〜

 

 

ここからWOWOW、いますぐ加入!

▼▼▼

 

 

 

こちらの記事もどうぞ

 

www.hinapishi.com

 

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+