読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

iOS10/iPhone Appleのマップアプリで世界中の天気と気温がわかる、中国では大気汚染の指数もわかる

iOS iPhone

スポンサーリンク

ぼくは、iPhoneのヘビーユーザーですが

Appleの純正マップアプリは・・使ってません。

いや、正確には、これまでは使っていませんでした。

 

なぜなら・・

アップルによるMAPアプリのクオリティが・・日本ではとく低すぎたためです(笑)

 

さすがに「わかりづらい」地図は、使う意味がないですからね・・

 

また、代替品がなければやむなく使うでしょうが

Google Mapsという素晴らしいマップアプリが他にありますから・・

グーグルマップで十分でした。

 

ですが、iOS10になり、けっこうAppleによるマップもけっこう使い勝手が良くなってきているようです。

ちょっと使ってみようかな?と思えるレベルになってきたなと。

 

さらに、面白い機能がiPhone純正MAPには追加されていました。

 

iOS10で追加された面白い機能と使い方

基本的な、行き先を調べる機能もいろいろと変わっているんですが

わかりやすく簡単に使える、面白い機能として・・

 

・世界中の、その場所の気温がわかる

・世界中の、その場所の天気がわかる

・中国については、大気汚染の度合いを指数でみることが可能

 

これらは、行き先を調べるとき以外にみても

けっこう楽しめる機能ですよね。

 

へぇ〜いま、ここはこんな気温なんだ〜〜〜とか。

 

今度出張で行く、中国の都市

こんな大気汚染状況なのか・・とか。

 

それらを使う方法をみてみましょう。

 

iPhoneマップでその場所の気温・天気をみる方法

「みる方法」なんて、たいそうなことを言ってますが

何も難しくありません(笑)

 

ただ、その場所を開いて、ちょっと拡大すればOK。

 

 

右側に出てますよね?

太陽のマークと19℃

 

これは、その場所が晴れで気温が19℃であると示しています。

 

ちなみに、あたりまえといえばあたりまえですが

地図が縮小表示(広い範囲の表示)をしている時は、天気と気温が表示されません。

そりゃそうですよね・・

広い範囲だったら、どこの天気と気温を表示するの?となりますし。

 

ある程度、拡大表示して

せまい範囲にした時点で、自動的に表示されます。

 

中国の大気汚染指数をみる方法

これも基本的に、上と同じです。

その

場所を拡大表示すればOK。

 

 

AQI というものです。

 

AQIとは「Air Quality Index」の略で

大気汚染の程度を示す大気質指数を表します。

 

0〜500が最大で数値が高いほど健康への影響が懸念されるそうです。

 

これは

空気質指数 - Wikipedia

からの引用ですが・・

 

指数 カテゴリ 健康影響 措置
  0 - 50 一级 优(優良) 空気の質は十分な状態。 全ての人は通常の活動が可能。
  51 - 100 二级 良(良) 非常に敏感な人は健康に影響を受ける可能性がある。 非常に敏感な人は屋外での活動を減らす必要がある。
  101 - 150 三级 轻度污染(軽度の汚染) 敏感な人は健康に軽度の影響を受ける。健康な人の中にも症状が出始める人がいる。 子供、高齢者、心疾患や肺疾患を持つ人は、屋外での長時間または激しい活動を減らす必要がある。
  151 - 200 四级 中度污染(中程度の汚染) 敏感な人は健康への影響が大きくなる。健康な人でも呼吸器や循環器症状が出る可能性がある。 子供、高齢者、心疾患や肺疾患を持つ人は、屋外での長時間または激しい活動を中止する必要がある。健康な人でも屋外での運動を減らす必要がある。
  201 - 300 五级 重度污染(重度の汚染) 敏感な人は健康への影響が顕著に大きくなり、運動耐容能低下を生じる。健康な人でも症状が出る。 子供、高齢者、心疾患や肺疾患を持つ人は、屋外活動を中止して室内に留まる必要がある。
  301 - 六级 严重污染(深刻な汚染) 健康な人でも運動耐容能低下を生じ、明らかな症状が出る。特定の疾患の患者が増加する。 子供、高齢者、心疾患や肺疾患を持つ人は、室内に留まって激しい活動を避け静かに過ごす必要がある。健康な人でも屋外での活動を中止する必要がある。
非公式の翻訳のため、参考。

 

 

ということだそうです。

北京あたりは・

子供が外に出てはいけないそうです!!!

 

怖い・・

 

 

ということで、

けっこうみるだけでも楽しめるiPhoneの純正公式マップアプリ。

ちょっと使ってみようかな〜

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+