読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

iPhoneアラーム音無しバイブ設定方法、iOS10から標準時計アプリでのサウンドなし設定が簡単可能になりました!バイブレーションで起きよう

iPhone iOS

スポンサーリンク

僕のブログのアクセス数が多い記事に、下の記事があるんですが…

 

iPhoneで音を鳴らさずバイブレーションのみで無音アラームを設定する方法。電車での目覚ましに。マナーモードでも音が鳴るiPhone!無音の着信音で解決。 - ひなぴし

 

この記事、どうやらお役御免になりそうです😓

 

実は、iOS10がインストールされたiPhone、iPhone7、アイフォーンセブンプラスで

この設定ができると、気づいていなかったのですが…

 

今日やっと気づきました(笑)

 

 

iPhoneのアラームを設定する、

時計アプリの、サウンド選択に、

「なし」という項目が追加されていました。

 

つまり、音無しのアラームが設定できるということ。

 

日本人はこれ使う人多いですからね…

 

例えば電車の中とか。

 

 

自分だけが気づくアラームを使いたい、という人はけっこういます。

日本人だけなんですかね??

 

今までiPhoneにこの機能が搭載されなかったのは

きっと外国…おそらくアメリカなんかでは

アラームをかけるのに無音なんて使わない

ってことだったのかなと推測します。

 

今回のiPhone7、iPhone7Plusは

FeliCa対応など、日本人向けと思われるところが色々ありますので、、

 

もしかしたらこの無音アラームが設定できるようになったのも、

日本人向け仕様の一環かもしれません。

 

iPhoneアラーム無音設定方法

やり方は簡単です。

今までのアラーム設定画面のサウンド部分で

 

一番下に追加されている「なし」を選択すればオッケー。

 

 

f:id:AR30:20161008162139p:image

 

f:id:AR30:20161008162150p:image

 

これで音が鳴らないアラームの設定完了です!

 

 

ただし!

 

注意点があります。

 

 

設定 > サウンド

 

ここを必ずチェックしておきましょう。

 

f:id:AR30:20161008162240p:image

 

ここの「バイブレーション」の部分

 

「着信スイッチ選択時」

「サイレントスイッチ選択時」

 

とありますが、

 

これ、iPhoneの左側面についてるスイッチがどういう状態の時にバイブレーション…震えるようにするか、設定するところ。

 

通知等があったときに、ふるえるかどうか。

 

iPhoneの左側面についている、

あの「マナーモード」的なスイッチです。

 

着信スイッチ選択時… スイッチを下げてない状態

 

サイレントスイッチ選択時…スイッチを下げた状態(オレンジ色がみえる)

 

だから、アラームを使う時に自分が設定している

このスイッチの状態が何なのかをちゃんと把握しておいて、その時はバイブするようにしておきましょう。

 

 

普通、たいていの場合は

 

音無しアラームを使いたい場合は

サイレントスイッチ選択時(オレンジ色がみえる状態) にしてる人がほとんどだと思いますので

 

少なくとも、サイレントスイッチ選択時のバイブはオンにしておけば良いと思います。

 

ぼくは

着信スイッチ選択時も、サイレントスイッチ選択時もバイブはオンにしていますが…

 

これは人それぞれだと思いますので、

よく確認してみてください。

 

 

無音アラームを使う人は普通、バイブするように設定すると思います(笑)

 

もし、無音アラームだけでバイブ要らないという人は…

バイブ設定は気にしなくていいですが、

そういう人はどうやってアラームに気づくんでしょうか(笑)

 

 

とりあえず、ややこしいことしなくても

簡単な方法で音無し無音アラーム設定がiPhoneでも可能になりましたので

 

ぜひチェックしておきましょう!

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+