読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

テレ東アニメ「NARUTO疾風伝」は終わる気がない(笑)むしろずっと続けるつもり

マンガ アニメ

スポンサーリンク

週刊少年ジャンプで連載されていた岸本斉史先生のマンガ

NARUTO

 

最終回を迎え、完結しましたが・・

 

 

いや、よく考えたら、漫画・ナルトですら終わってないのか・・

 

 

子世代のうずまきボルトが主役の「BORUTO」が

現在も週刊少年ジャンプで連載されているようですし。

 

まあこちらは

 

原作・監修 岸本斉史

脚本 小太刀右京

漫画 池本幹雄

 

ということで、もはや岸本先生が描いているわけではないんですけどね。

 

 

テレビ東京で放映中の「NARUTO疾風伝」は、

未だ、ナルトの最終話まで到達しておらず・・

まだ最終決戦最中。

 

途中で「引き伸ばし?!」ともとられる放送が続いていたんですが。。

 

ここに来てやっと終結・・

 

 

 

 

したと思ったんですが(笑)

 

全然終わる気がないそうです(笑)

 

 

まあ、原作が終わってからここまで引き伸ばしてる時点で

きっとアニメは何らかの形で続けるのでは?という気がしていましたが・・

 

 

昔だったら考えられなかった気がするんですよね。

原作のマンガが終わってるのに、アニメだけ続くとか。

 

でも、最近だと、ドラゴンボールとかが

アニメオリジナルで展開されてますよね。

 

 

これって・・

やっぱり、原作者さんがそれを許してくれる

というところが大きいんでしょうね。

 

原作者がうんと言わない限り、たぶん展開不可能な気がしますし。

 

 

その点、ドラゴンボールなんかは

失敗臭が相当強烈な、海外映画なんかにもどしどし許可出してますし(笑)

鳥山明さんはある意味、割り切りできる人なのかもしれないですね。

自分の描いたマンガはマンガで愛着ありつつも

それが派生して、著作権・権利料でお金を稼いでくれるなら、それもありかと・・

 

いやな言い方しましたけど、

ファンにとっても、「いろんなドラゴンボール」をみられる可能性が増えるわけで

決して悪いことではないと思います。

(まあ、原作好きの人からは「認めたくない」という声も上がりそうですけど)

 

 

NARUTOの原作者・岸本斉史先生も

その点、鳥山明先生と同じなのかもしれません。

 

しかも、今のところ、すぐに新しい連載やるって話でもなさそうですもんね。

 

 

NARUTOだけで食べていけますよ!!

海外でも人気ですし、

もうコミックの売上だけでなく、関連グッズなんかもすごいですし。

 

きっとNARUTOも、海外から映画化のオファーきそうな気が・・

ハリウッドとかで。。

失敗臭がどぎついですけどね(笑)

 

 

NARUTOの今後に関しては

 

2016年10月12日 AM3:05から放送された、ジャングルポケット出演の

「一夜づけ」という番組内でこういう風に言われていました。

 

ナルトとサスケのラストバトルの決着がついて・・

 

いよいよ最後の戦いですが・・

 

安心してください!!!

 

 

NARUTO疾風伝は、まだまだ終わらない!

 

少年時代や第四次忍界大戦とラストバトル後の

木ノ葉のメンバーの姿が描かれる!!!

 

 

えっと・・・

 

こうなると、本当に終わりませんよね(笑)

 

いつまで続けるのか・・

 

 

 

ですが、やっぱりこのまま

ナルトの息子である、ボルトの話にスライドしていくってことなんですかね(^_^;)

 

NARUTOのかわりになるアニメがないですし

正直、これだけ登場キャラクターが多いNARUTOですから

「BORUTO」とタイトルを変えずとも、ずっとその忍び世界を描いていくことも可能な気がします。

 

 

そもそも、けっこう祖先の話までやってますからねNARUTOは。

 

その後の、後の世代の話までやるっていうのは・・

ぼくとしてはありだと思ってますが。。

 

 

嫌だって人もやっぱりいますかね(笑)

 

 

さっきも言いましたけど

こういう作品はいままでほとんどなかったですから。

原作終わったあとのその後や、サイドストーリー

脇役を主役にしたスピンオフとか

 

いろいろみせて欲しいです!!

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+