読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

iPhoneでのSuica、利用できない機能についてJR東日本の公式回答

Apple iPhone 鉄道

スポンサーリンク

iPhoneでのSuica利用

Apple Pay上でSuica機能が使えるものと聞いています。

 

2016年10月中にスタートと、iPhone7発表時には告知されていたと思いますが

そろそろ10月も終わりに近づき・・いったいiPhoneでのSuica利用はいつからなのか(笑)

 

もしかしたら、もう少しあとなのか・・

 

Appleのティム・クックCEOが来日したりして

試しにApplePayのSuicaを使ったりしてみていたそうなので

そう遠くはないと思われますが・・

 

「10月中にはスタート」と、JR東日本が公式に告知していますので

http://www.jreast.co.jp/press/2016/20160906.pdf

 

さすがに始めるだろうと思います。

 

月末ぐらいからなんですかね?

10月29日〜31日あたりか。

 

 

レイ・アウト ディズニーICカードステッカー ミックス RT-DICSA/MX

レイ・アウト ディズニーICカードステッカー ミックス RT-DICSA/MX

 

 

未確認情報ですが

Apple Watchを自動改札機にあてている人をみた

という話も聞きました。

 

もしかしたら、一部の人でテストを繰り返しているのかもしれないですね。

 

 

厳密にいうと、「モバイルSuica」とは仕組みが違うようなので

全く同じサービスになるわけではなさそうです。

 

そこで、JR東日本が

iPhoneでSuicaを利用するにあたり注意すること・注意事項を

公開しました。

 

Q.

iPhoneなど、どのスマートフォンでもモバイルSuicaを利用できるようになりますか?

 

A.

モバイルSuicaが対応しているのはおサイフケータイ®対応Android™搭載スマートフォンです。
現在iPhone端末向けのSuicaサービスは開始していないため、お手持ちの携帯電話をiPhone7、iPhone7 Plusに機種変更してもApple Payのサービスが開始するまではSuicaサービスをご利用いただけませんのでご注意ください。

※新サービスでは、EX-IC(JR東海が提供する東海道・山陽新幹線の予約サービス)、銀行チャージ、キャリア決済チャージ、ネット決済サービスなど一部ご利用いただけないサービスもございます。
※ビュー・エクスプレス特約はiPhoneへ移行すると解除されます。
※フィーチャーフォン・Android端末からiPhone端末へ機種変更の際は、iPhoneでSuicaカードの取り込みやSuicaカードの新規発行を行う前に、サーバへ預け入れたデータの受け取り操作を行ってください。iPhone内にSuica情報があることで機種変更データの受取りができなくなります。
※再発行登録したモバイルSuica情報をiPhoneでは引き続き利用することができません。旧機種からのデータをサーバへ預ける「機種変更」の手続きができない場合は、誠に恐れ入りますが一度「退会」手続きをお取りいただいた後、Apple Payのサービスが開始されましたら改めて新規登録にてご利用いただきますようお願いいたします。

 

JR東日本:モバイルSuica>よくあるご質問>[その他] スマートフォンでのご利用について

 

この「※」印の部分ですよね。

とくにいま、モバイルSuicaを使っている人は注意が必要なようです。

 

最初は使えない機能も、いずれは使える可能性がないわけではないと思います。

まずは利用者が増えることが大事でしょうね。増えれば対応してくれるはず。

 

 

これまで、モバイルSuicaが理由でAndroidにしていた方

iPhoneに変えよう!

となるかもしれませんが、この注意事項だけは事前にしっかり認識しておきましょう。

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+