読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

元KARAギュリとスンヨンの日本クリスマスパーティーのチケット料金に差!

KARA

スポンサーリンク

元KARAメンバーの中で、一番活動があいまいになっていたパク・ギュリが

日本でクリスマスパーティーを開催することを発表しました。

 

日本での活動は行われないのかなという気もしていましたので

ギュリファンにとっては嬉しい発表だったと思います。

 

 

さて、先にハン・スンヨンが日本でのクリスマスパーティーを発表していました。

この内容を比較すると・・あれ??というところが・・(笑)

 

http://i.ytimg.com/vi/GV88Mj8YkAs/hqdefault.jpg

 

元KARAギュリの日本での2016クリスマスパーティー

www.youtube.com

" 1st HAPPY CRISTMASPARTY WITH PARK GYURI"

【イベント概要】
場所: シェラトングランデトーキョーベイホテル
アクセスはこちらをクリックしてください。▶

日程 :2016年12月25日(日曜日)
昼公演:11:00開場 / 12:00開演
夜公演:17:00開場 / 18:00開演

チケット及びお食事代金
昼の部 25,000円
夜の部 29,000円

特典 参加者全員とのツーショット写真
(ギュリからの心を込めたささやかなクリスマスプレゼントがあります♡)

チケット購入サイト 
http://kamontv.com/

販売開始日:11月4日(20時より)

主催 : (株)KAMONJAPAN (株)Motion media

 

元KARAスンヨンの日本での2016クリスマスパーティー

『HAN SEUNG YEON CHRISTMAS PARTY 2016 「TRUE COLORS ~あなたは何色のスンヨンがお好き?~」 』


【受付対象公演】
★2016年12月16日(金)
会場  神戸ベイシェラトンホテル&タワーズ 六甲の間
時間  1回目公演 開場13:00/14:00お食事スタート/15:00 開演
     2回目公演 開場18:00/19:00お食事スタート/20:00 開演

★2016年12月18日(日)
会場  グランドプリンスホテル新高輪 国際館パミール 崑崙の間
時間  1回目公演 開場12:00/13:00お食事スタート/14:00 開演
     2回目公演 開場17:00/18:00お食事スタート/19:00 開演

※開場/開演時間は変更になる場合がございます。

【席種・チケット料金】
全席指定  ¥45,000(税込)
※料金には、公演・お食事代金 ・サービス料が含まれます。
また、お食事はテーブルでのコース料理になります。(メニューは後日ご案内予定)
※お座席について、公演前に購入頂くチケットでは整理番号のみのご案内となります。
公演当日 会場受付にて、座席番号の入った「招待状」にお引き換えいたします
※購入時には別途発券手数料等が掛かりますが、詳しくは申込時にご確認下さい。

 

 

ギュリとスンヨンのクリスマスパーティーの比較

ぼくもKARAのファン(正確には「だった」かもしれませんが)なんですが・・

なんとなく気になったので、比較してみました(^_^;)

比較するな!というお叱りはあるかもしれませんが、まあ。。

 

チケット料金

この差がすごく大きいですよね!

スンヨン ¥45,000

ギュリ  ¥25,000(昼) ¥29,000(夜)

 

倍近い差が・・

 

スンヨンはたしか、夏にランチショーをやってるんですよね。

こちらが¥30,000

 

もしこのときに、価格設定で失敗してたらさすがに今回それより高い¥45,000にはしないと思われるので・・

 

夏のランチショーで十分、チケットが売れたということでしょう。。

いやいや、びっくり。

 

¥30,000で、人が集まるの!?

と思っちゃいましたが・・集まったんですねぇ・・

やっぱりコアなファンをひきつける力があるということ。

 

この時の成功があったからこその、クリスマスパーティー¥45,000なのかなと。

 

対してギュリは日本での活動は、これが初めて(?)のような気がしますので

様子見というところなんですかね。。

 

それにしても、「ディナーショー」として見ても

スンヨンの¥45,000はかなり高い部類、相当レベルの高い芸能人クラスの気がします。

 

夏のランチショーに参加した人が、また参加したいと思ってくれるかどうかでしょうね。

前回の内容が充実したものであれば・・

 

開催場所

これは、実はあんまり変わらないんじゃないかというのが想像です。

ただ、ホテルのホールというのは、区切って使うことができるので

たとえば「最大2,000名」とあっても、半分に仕切って「1,000名」キャパで使うことも、「500名」キャパで使うこともできそうです。

 

ある意味、もし集まらなくても

会場を狭めることで、「会場が空いている」感を出させなくてすむ

という思惑もありそうな・・

 

ただ、やっぱりこれぐらいは集められるということかもしれませんけど。

 

 

ギュリの「シェラトン・グランデ・トーキョーベイ」は

たぶん、そのホールを使うと思いますが

宴会 会議 イベント|シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル

 

大中小のホールがあって、立食なら最大2,000名まで入り

小さいホールは100名ほどのところもあります。

 

どこになるのかは・・

まあホールの予約がどれに入っているかですけど

もし他の予約が入っていない状況なら、チケットの売れ行きをみて

使うホールを変えるということも可かなと。。

 

 

スンヨンはたとえば東京公演なら

グランドプリンスホテル新高輪 国際館パミール 崑崙の間

と明確にかかれています。

 

がしかし、ここのホールも区切って使えるので

一概には・・(笑)

 

www.princehotels.co.jp

立食スタイルで2,500名だそうです。

ディナースタイルなら、1,280名。

 

もっと少なくすることも可です。

 

 

ということで、会場の大きさは、さほど変わらないってとこですかね。

 

 

ちなみに、もしスンヨン

1200名呼ぶとしたら・・

 

45,000円 × 1,200人 × 2回 = 1億800万円

 

いや、1200名集まるかはわかりませんけど、

東京公演だけで、これぐらいの売上になる可能性が・・

 

 

ファンがこんなこと言っていいのか!?と言われそうですが

 

この金額はすごいっす。

 

 

これで稼げるとすれば・・

変にテレビ出たりするよりもかなり大きいような。。

 

 

だからやっぱり、

こういう活動に力を入れるんですねぇ。。

 

他の韓国系タレントさんも同じような手法だったような。。

(ヨン様とか?)

 

 

 

でもそれもこれも、

ファンがついてきてくれればこその話です。

 

こういうファンイベントだけをやっていく

というのは現実的ではないので、ファンをひきつけるような

新たなファンを獲得するような、魅力的な活動が必須です。

 

テレビや映画、音楽活動などを期待したいですね。

 

 

 

でも、、これって

たとえば、知英(ジヨン)が今やったら

どれくらい集まるんでしょうか。。

 

逆に言えば、ジヨンはこの手法に手を出さなくても十分露出も多いし

収入も多いんでしょうけど。。

 

 

それともギュリやスンヨンの方が

こういうファンイベントに来てくれる、コアなファンは多い??

 

いやいや・・

 

ぼくはもともと、ジヨン派です(笑)

 

 

ただ、最近の痩せてモデル体型の、小ギレイになったジヨンではなく

昔のぽっちゃりした、油断したらすぐに太ってしまうジヨンの方が良かったなと(笑)

 

そういうファンが多そうな気がしますがジヨンファンは。。

 

どうなんでしょうか。

今の知英ファンは、もはやKARA時代からのファンではないかもしれませんね。

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+