読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

IQ246の真犯人Mは中谷美紀・森本朋美である理由ネタバレ

ドラマ TV

スポンサーリンク

IQ246という織田裕二主演のドラマを観ています。

土屋太鳳、ディーン・フジオカ、中谷美紀が出演しています。

 

織田裕二の怪演が話題ですが・・

ぼくの想像ではなんとなく、回を追うごとに演技がマイルドになっていくのではと。。

 

ありますよね??

たとえば、アニメなんですけど、クレヨンしんちゃんとか(笑)

あれ、放送開始当初はもっと変な喋り方だったし、見た目も今とは違ってるんですよ。

 

けど、視聴者からの声なんかを反映しつつ、

現在の形におさまってきたんだと思います。

 

まあ・・10回程度の放送回でそんなに変わるの!?という話はありそうですが

やっぱり織田裕二さんやドラマ制作スタッフにも

「あれは、相棒や古畑の二番煎じ」的な声は届いていると思うんですよね。

 

それと、あの怪演が好意的な人もいれば、あれが原因でみるのがイヤ

という人もいるということ。

 

実はけっこう、普通に演じた方が見る人が増えそうな気がするんですよね。

 

それが明確になってくれば、怪演を続ける理由はありません(笑)

 

なので、少しずつ変わってくるのではないかと、

勝手に思っています(笑)

 

 

IQ246の真犯人Mは、中谷美紀(森本朋美)である理由のネタバレ

もはや、ほとんどの人が気づいていると思いますが、真犯人である「M」と呼ばれる人は

森本朋美(中谷美紀)です。

 

これで逆に違ってたら、え〜!?となりますが、

たぶん萎えますよね・・(笑)だから、たぶん森本で間違いない。

 

こういうパターンの、最初から「謎の真犯人がいる」場合は

最初から登場している誰かでないと、明らかにおかしくなってしまいますので。

 

アンフェアとかもそうでしたよね、最終的に最初から出演していた、雪平(篠原涼子)の相棒だった安藤(瑛太)が真犯人でした。

まあ、アンフェアの場合は、最初から誰が真犯人かは完全に伏せられていたんですが(そもそも出演者にも伏せられていたとか)

今回は違います。

 

最初から、ハッキリと、森本(中谷)だと言ってます。

 

僕が考える、真犯人Mが森本朋美(中谷美紀)である理由を列記したいと思います。

 

 

・M=Morimoto

 

イニシャルがMの人って・・主要登場人物では森本しかいないと思われます。

CAST(キャスト)|TBSテレビ:日曜劇場『IQ246〜華麗なる事件簿〜』

 

 

・モリアーティ教授=もりもと

 

このドラマの登場人物は、実在の人物とか、物語の登場人物をもじった人がほとんど。

法門寺沙羅駆(ほうもんじしゃらく・織田裕二)・・・シャーロック・ホームズ

和藤 奏子(わとう そうこ・土屋太鳳)・・・・・・・・ワトソン

 

ここから考える相手役・敵役は、モリアーティ教授

この名前に近いのは、森本ですよね、確実に(笑)

 

他に、足利尊氏とか豊臣秀吉とかいますよね。

 

 

・ドM

 

話の中で「ドM」と言われています。森本(笑)

Mですよね、やっぱり。

 

 

・朋美=13

 

森本の下の名前は朋美(ともみ)

朋美って、数字あてはめたら、13じゃないですか?

アルファベットの13番目の文字がMとなってましたが、

13は、朋美にもかかってるんじゃないかと思われます。

 

 

・ネイル

 

Mの姿が少しだけ登場していますが、ネイルをしている女性のようです。

ただ、森本朋美は登場シーンでネイルはしてません。

まあ・・検死を担当する医師だし、仕事のときにネイルしてるとは考え難いですが。。

 

ですが、

第一話のエンドロールで、

 

ネイリスト(中谷美紀)

後藤絵美

 

それが、第二話のエンドロールでは

ネイリスト

後藤絵美

 

となっていました(笑)

 

これって、さすがにここまで出しちゃうのはどうなの!?ってことで変えたのかなと(笑)

 

森本以外で中谷美紀さんがネイルする必要があるシーンなんて・・・

Mにしかありえないような(笑)

 

 

 

ということで、ほぼ森本で間違いないと思うんですが

このIQ246というドラマは、最初から真犯人がわかっていても問題ないドラマだと思います。

 

というのも、古畑任三郎的な作りになっていて

1話完結の毎回の話も、先に犯人はわかっていて、それに法門寺がどうせまっていくのか

という話の流れになっているためです。

 

これにならえば、真犯人Mも同じ。

それが誰なのかは、視聴者にはわかっていて、それに法門寺がどうやってたどりつくのか

というのをみるドラマなのかなと。

 

あ、でも、法門寺は、最初からMの存在は知ってたみたいです。

第一話の沙羅駆の部屋の戸棚に「M」と書いたファイルがあったためです。

 

 

 

まあ・・・

 

 

正直、そんなに推理を楽しむドラマではないですもんね。。

 

このドラマの脚本を書いている人は

推理ドラマとか書ける人ではないんじゃないでしょうか(笑)

 

古畑任三郎や、その他推理ドラマのような、驚きのトリックもないですし

沙羅駆がすごいところからそのトリックに気づく、というようなシーンもない。

 

 

むしろ、犯人に「わからないから教えてください」とまで言ってます(笑)

(第2話で、佐藤隆太に)

 

もしくは、

「罠を張って、それにはまった犯人の行動が自白となる」

みたいなパターンばっかり。

 

これって、「上質なミステリー」と言えるのか(笑)

 

ドラマとしては悪くないんですけどね。

ミステリーではない気が・・

 

 

 

このドラマは、この部分が、もっと本格ミステリーだったら・・

さらに深みを増して、面白かった気がするんですが・・(笑)

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+