読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

iPhoneがWi-Fiに勝手につながる、自動的接続しない設定方法アプリ「Wi-Fi Priority」

iPhone アプリ

スポンサーリンク

iPhoneでWi-Fiの設定をすると・・次から自動的に接続されるようになります。

これ、自宅のWi-Fiとかなら、Wi-Fiの電波強度が高いので問題ないんですが

公衆無線LANの場合は・・

 

よくあるんですよね、

電波が弱いところでなぜかWi-Fiに接続してしまって

ちゃんと通信できないという状況が。

 

たしかそういう状況を避けるための設定が「Wi-Fiアシスト」だったように記憶しているんですが。。

 

設定 > モバイルデータ通信 > Wi-Fiアシスト

 

にオンオフ設定がある機能なんですけど

 

Wi-Fiアシストは「Wi-Fi環境での通信が不安定になったときに、自動的にモバイルデータ通信に切り替えてくれる」機能のはずなんですけど

 

弱い公衆無線LANの電波をわざわざ拾って接続してしまう

その結果、速度がすごくおそい

という状況は、Wi-Fiアシストをオンにしていても、全く変わらず発生しています(^o^;

 

これを防いで欲しいんですけどね・・

 

たしかにモバイルデータ通信のパケット消費は避けたい方ではありますが

それにこだわって速度が遅くなっては快適でなくなるので・・

ぼくは「速度が遅くなる」方がイヤです。

 

できれば、電波の弱い公衆無線LANに接続してほしくない。

というか、勝手に接続はしてほしくない。

 

けど、iPhoneの場合は

一度接続した公衆無線LANの接続設定は保存されていて

次回以降は勝手に接続されるようになります。

 

それを防ぐ方法は・・

 

普通にやると、接続設定を一度削除するしかないんです。

 

でも、それじゃあ不便ですよね・・

 

 

ではどうすれば良いかというと

ここでアプリの登場です!

 

Wi-Fi Priority(ワイファイプライオリティー)

 

WiFi Priority

WiFi Priority

  • Florian Schimanke
  • ユーティリティ
  • ¥120

 

これ、相当便利です!

絶対いれた方が良い、インストールした方が良いアプリだとぼくは思っています。

 

Wi-Fi Priorityの使い方・設定方法

Wi-FiPriorityをインストールしてください。

 

WiFi Priority

WiFi Priority

  • Florian Schimanke
  • ユーティリティ
  • ¥120

 

インストールしたら、アプリを開きます。

 

 

Network Name(SSID)に、設定したいWi-Fiのネットワーク名を入れましょう。

今回は例として、東京メトロのフリーWi-Fiを入れたいと思います。

 

なお、設定がちゃんとできているかどうか確認するためには

ちょうどそのWi-Fi電波をつかめる場所で設定する必要があります。

 

まあ、そこでやらなくても大丈夫ではあるんですが

ちゃんとその場で設定できたか確認したい場合は、その電波がつかめるところでやりましょう。

 

 

パスワードは入れなくて大丈夫です。

上部の「Next」をタップ。

 

次に、ネットワークの暗号化方式を入れるように言われます。

 

 

ここが実は、正直微妙なところなんですが・・

「ネットワークのセキュリティを選んでね」という書いてあるとおりの意味で受け取ると、

その公衆無線LANの暗号化方式を選ぶように、ということになります。

 

実は、けっこう多くの公衆無線LANが暗号化されていないので

そうすると「None」を選ぶことになるのかなと。

ぼくはそれでやってますが。。

 

他の方がこのアプリの紹介しているところをみると

「WPA2(iOS8)」を選ぶと良い

と書いてあったりします。

 

ただ・・

これは確実な情報ではないんですが、この「WPA2(iOS8)」で設定したら

何回か使うと、自動接続が勝手に復活していたような。。

すみません、自信はないです。

 

また、Noneで使って大丈夫、という自信もないんですが

ぼくはこれで使ってます。自己責任でお願いします。

 

ちなみに、公衆無線LANは、そのネットワークごとに

暗号化方式を設定している、してない

している場合は、その方式がそれぞれ違いますので

調べてから設定した方が無難だとは思います。

(その公衆無線LANの紹介ページにたいてい書いてあります)

 

アクセスポイントには暗号化やパスワード設定はせずに

アプリやブラウザでの登録など、別の方法でユーザー認証することも多いです。

 

 

Hiddn Network と Http Proxy はさわりません。

 

 

上部のNext

 

 

こちらは、アイコンをタップすればOK

 

 

インストールをタップ

 

 

このアプリは「プロファイル」というものをiPhoneにインストールするアプリなので

「このプロファイルは東京メトロネットワークへの自動接続を働かないようにするものです」

という確認のメッセージが表示されています。

 

「次へ」

 

 

インストール

 

 

インストール

 

 

完了

 

そして、Wi-Fi Priorityの画面に戻ると・・

インストールは成功した

この新しい設定をアクティブにするには、Wi-Fiを一度オフにして

あらためてオンにしてください

とのこと

 

 

もしいま、その設定したWi-Fi電波がつかめる場所にいるなら

確認してみましょう。

 

 

一度Wi-Fiをオフにして、それからオンにしてみる

 

Wi-Fiの画面を開いて、その確認したいWi-Fiの欄の一番右にある「i」をタップしてみる。

 

 

すると、設定する前にはなかった

「自動接続」という設定項目が追加されています。

 

これをオフにすれば、自動接続されなくなります。

 

ちなみに、その設定した電波がつかめない場所で設定した場合は

次にその電波がつかめるところまでいったときに

この自動接続オフ設定をしましょう!

 

 

自動接続オンオフをやめたい時の設定、あと、ネットワークごとに設定する必要があるので注意

なお、もしこの設定を消したいときは、

 

Wi-Fi Priorityのアプリを削除したとしても

設定は消えません。

 

自動接続設定項目を削除したい場合は

 

設定 > 一般 > プロファイル

 

ここの中にある、消したいプロファイルを選択して削除しましょう。

 

1つのネットワークごとに、1つのプロファイルがインストールされた状態になっています。

 

逆にいうと、

1回設定すればどのWi-Fiでも「自動接続」設定が現れるわけではなくて

ネットワークごとに設定する必要があるということです。

 

ちょっと面倒ではありますが・・他には方法はないので、がんばって設定しましょう。

慣れればすぐですよ!

 

 

Wi-Fi Priorityで自動接続されないように設定すべき公衆無線LANネットワーク一覧

人それぞれ、普段生活している場所や使っているWi-Fiを設定すれば良いのですが

とくに多くの人が設定した方が良いネットワークの一覧を記載しておきます。

 

・0001softbank
・0002softbank
・mobilepoint
・FON
・Wi2premium
・Wi2
・au_Wi-Fi
・docomo
・0033
・livedoor-web
・7SPOT
・LAWSON_Wi-Fi
・FREESPOT
・wifine

 

他にも、スタバのWi-Fiとか、ぼくの場合だと、最寄り駅にあるJRの駅ビル「アトレ」にあるアトレWi-Fiとか

設定することではかどります!

・at_STARBUCKS_Wi2

・atre_Free_Wi-Fi

 

あと、そうだ!

絶対オススメは、東京メトロとか都営地下鉄のWi-Fiです。

これらは、電車に乗っているとき、駅に着くたび接続してしまいますが、

電車はすぐに動き出しますから、接続すると困ります(泣)

自分が使いたいときだけ接続するようにした方がいいですね。

・Metro_Free_Wi-Fi

・Toei_Subway_Free_Wi-Fi

 

これらは、Japan Connected−free Wi-Fi関連のやつですね。

鉄道以外でも、空港とかいろんなところで使われているやつです。

 

 

他にも、お店でフリーのWi-Fiを提供していて

一度でも使ったことがあり、今後も使う可能性があるのなら・・

Wi-Fi Priorityで自動接続のオンオフができるように設定しておきましょう!

 

 

公衆無線LANのフリーWi-Fiについては

セキュリティ面に心配があります。

 

使用する際はご注意を。(VPNを使う等。VPNについてはまたあらためて)

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+