読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

大林素子を大林素子ではないと判断した理由

芸能人

さっき、横浜の元町中華街の中華料理店に昼ごはんを食べに行ってきました。

 

そのお店へ向かう道すがらの話。

 

 

中華街の門をくぐって中に入ってスタスタ歩いてたら、

正面向こうからスタスタ歩いてくる女の人がいた。

 

あれ?!

大林素子じゃない??

 

とふと思いました😓

 

 

理由は、

 

・背が高い

・マフラーからややはみ出た顔が似ていた

 

 

近くにつれ、そうではないのかという気持ちが高まり、

 

通り過ぎたあと、後ろを振り返ってしまった。

 

 

しかし、次の瞬間、

 

 

あれは大林素子ではない

 

 

と判断して、

 

もう二度とそちらを見ることはありませんでした。

 

 

理由は

 

 

大林素子なら、もっと巨大なはずだ

 

 

と思ったこと。

 

 

あんな、普通レベルに背が高い、なんてレベルではないはずだ!と思うと妙に納得できた。

 

 

まあ、、勝手な独り相撲なんですが(笑)

 

 

背の高さで判別されてしまう、大林素子さんて、

ある意味すごいなと。

 

いや、本人みたことないし、

正確な身長も知らないんですけどね(笑)

 

 f:id:AR30:20161124144725p:image

f:id:AR30:20161124144714p:image

 

もしこのサイズなら、

 

たぶん中華街の門は通れないと思います。

 

 

でも、実際にいたら

すぐバレそうですよねーー

 

だってきっと相当背が高いだろうし(笑)

 

スポンサーリンク

このブログへメール 削除依頼について