読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

#真田丸 大坂城落城の戦犯は誰だ

日本史 TV

スポンサーリンク

淀君…

 

茶々様とか、淀殿、淀の方などと呼ばれる人です。

 

真田丸では竹内結子さんが演じられています。

真田丸の大坂城内では、おかみさま と呼ばれてますね。

 

お神様?女将様?お上様?

どれだかわかりませんが(笑)

 

 

やはり、竹内結子淀も

その他ドラマや通説?どおりに気が強いキャラクターではありますよね。

 

前回の放送では、

「裁定を下すのは城の主人である私です」

という中川大志・豊臣秀頼に対し、

「その主人を生んだのは誰じゃ!?私が決める」

と言い放ってました(笑)

 

通説だと、

大坂冬の陣は、徳川家康(内野聖陽)が放った大筒(大砲)が居所の近くに命中し、目の前で侍女が亡くなったのを目撃した淀殿が

ヒステリックに(笑)和睦じゃ!と騒ぎ出したとか。

 

まあ、、これだと話はわかりやすいんですよね。

戦経験もない若い秀頼がなんでもかんでも決めていたとは考えにくいし、

関ヶ原以降、秀頼が成長する過程では実質的に大坂城の頂点にいたわけですから。

 

豊臣譜代の大名、家臣も実力者は誰もいなかったわけですし。

 

だから、

大坂の陣の色々も、淀殿が決めていた、と。

 

 

でも大河ドラマ「真田丸」では、そこのところがちょっと違ってますね。

 

本心かどうかはわかりませんが、

 

「私は秀頼と一緒であれば、小さい国へ移れと言われても何ら問題ない」と。

 

まあ、、それをいうなら、一番最初に言えよって話なんですけどね😓

その話、片桐且元が戦になる前に持ってきたのに。

 

ただ思い返してみれば

 

途中途中で

「私はまつりごとには関わりたくない」

と何度も言っていて

自分の去就についても、よく考えたらそんなに主張はしてなかったような。。

 

真田丸の淀殿は、基本的に

「運命に身をまかせる」方なのかもしれませんね。

 

妹である初からは

「姉は城とともに焼け落ちるのを望んでいるようだ」と言われていましたが、

 

望んでいるというよりは、それが定めなら受け入れよう、ということなのかなと。。

 

いや、それなら、

 

籠城する、しない、とか

牢人衆を信用するしないの話はなんなんだと思いますが…😓

 

まあとどのつまり、

もし死ぬとしたら、信用してる人間しか近くにおきたくない、みたいな気持ちだったということでしょうか。

 

死ぬことはそれなりに覚悟してる気がしますね。

 

 

その淀殿、真田丸では、真田幸村(堺雅人)の意を汲んで、

和睦に反対してました。

 

これもまあ、

 

どうせ死ぬんだから

信用してる人には尽くしてあげたい

 

みたいな気持ちかなとも思うんですけど…

 

 

通説とは全く違う描かれ方をしてますね。

 

ここで反対したということは、

大坂城落城の原因を作ったのはもはや淀殿ではなくなります。

 

和睦☞大坂城は堀が埋められ丸裸になる☞戦えない

 

となって、結局はこの和睦じゃから

完全に豊臣方の敗北が決まったわけですし。

 

 

決断したのは真田丸では秀頼なわけなので、

やっぱり経験不足な秀頼が原因で…

 

ともとれますが

 

 

NHK大河ドラマ「真田丸」テーマ(服部隆之)

NHK大河ドラマ「真田丸」テーマ(服部隆之)

  • アーティスト: 三浦文彰/下野竜也(指揮)/NHK交響楽団
  • 出版社/メーカー: avex-CLASSICS
  • 発売日: 2016/02/24
  • メディア: MP3 ダウンロード
  • この商品を含むブログを見る
 

 

NHK大河ドラマ「真田丸」テーマ(服部隆之)

NHK大河ドラマ「真田丸」テーマ(服部隆之)

  • 三浦文彰/下野竜也(指揮)/NHK交響楽団
  • サウンドトラック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

ドラマを見ている限りでは

悪者は

 

 

大蔵卿局ですね(笑)

 

あの人には救いどころがない(笑)

 

目先の自分たちの利益、安心だけを考えて行動発言して、

ことごとく誤った選択に豊臣家を導いています(笑)

 

そして織田有楽斎(井上順)。

 

ただ織田有楽斎に関しては、そもそも徳川と内通していたという設定なので、そのように行動することはまあ理解できます。

 

なので、

 

やっぱり大蔵卿局ですよ!!

大坂城落城の戦犯は!!

 

…と言いたいところですけど、

 

そもそも、そんな女性1人にベクトル曲げられちゃうってどうなのよ?!という話です。

 

今大坂城にいる上層部の人間は、大蔵卿局をコントロールできなかったということですよね。

 

大野治長も有能な人ではあったんでしょうが、

大蔵卿局の息子ですし(笑)

 

 

とすると、

 

本来ならいたはずの、コントロールできていたはずの

あの男がいなかったことがやはり敗因なのかなと。

 

それは…

 

石田三成(山本耕史)です。

 

三成がいれば…

というのが、真田丸で言われている豊臣方の敗因なのかなと。

 

じゃあ石田三成を殺したのは誰だ!?

 

と考えたら…

 

 

関ヶ原の戦いで西軍を裏切った小早川秀秋??

 

いやいや、、

 

僕は

 

加藤清正、福島正則かなと思いますよ、やっぱり。

 

この二人は豊臣家を守りたいという意思があったはずにも関わらず、

家康についた。

 

三成のことを好きではなかったと言われていますね。

朝鮮出兵の時の、秀吉への三成の報告が

清正を謹慎させる事態にさせたとも言われていますし。

 

 

もしこの二人が家康から「三成に味方する者は立ち去って結構」と言った時に、東軍を離れて三成に合流してれば…

 

石田三成は生き残れた可能性が高い。

 

 

 

なので、

 

 

大坂城の落城の戦犯は、

 

僕の中では、加藤清正、福島正則に決定しました!!(笑)

 

勝手すぎ(笑)

 

 

ま、、

 

三成には味方したくなかったんでしょうけどね。

 

 

家康はハナから豊臣から天下を奪う気での行動ですからね。。

 

それに気づかず、どんな手を使われたかはわかりませんが家康にほいほいついていって、

唯一豊臣家を守ることができたかもしれない男を殺す手助けをしたことが…

 

大きな失敗ですよ。

 

 

まあでもこうやって考えると、

 

関ヶ原後の豊臣家がヤバそうだということは

清正にも福島正則にもすぐわかりそうなのに

そこで大坂中心の政治へ持って行こうとする活動をしないあたり

 

実はもともと、そこまで豊臣のことを思ってなかったんじゃないか、という気もしてきました。

 

誰の目からみても、あー没落していってるなー

が明白だったわけですしね。家康は征夷大将軍になり。

 

 

仮に、関ヶ原後に、加藤清正、福島正則がそういう行動してももはや遅かったでしょうけどね。。

 

清正は秀頼と家康を引き合せようと活動したりはしてましたけど。

 

 

真田丸においても、

加藤清正は最終的には自分のやったことを後悔してる感じではありましたよね。

 

やっぱりアイツ(三成)のいうことが正しかった、的な。

 

そして清正も殺される。

史実では、殺されたかどうかはハッキリしませんが、死因がハッキリしない死に方をしてるようです。

 

 

よくよく思い返してみると、

 

真田丸の中の真田信繁が最も生き生きと、しかも才能を開花し認められていたのは

石田三成の元で仕事をしてる時だったように思います。

 

この大河ドラマ「真田丸」においても

石田三成は御多分に洩れず、嫌われ者でしたが(笑)

 

最後まで「あいつがいれば…」という雰囲気を残しました。

 

 

僕の中では

真田信之(大泉洋・信幸)と並ぶ

真田丸の裏主役ですね、石田三成は。

 

 

 

…ということで、

 

 

とりとめもなく

わけのわからない文章を書いてきましたが…

(スミマセン…)

 

 

大坂城落城の戦犯は、

大河ドラマ・真田丸においては、

 

加藤清正(新井浩文)と福島正則(深水元基)に確定させていただきました!

 

 

やっぱり、勝手すぎ(笑)

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+