読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

大河ドラマ真田丸、スピンオフ・続編・番外編は?

TV

真田丸が終わってしまったので、確実にやってくるであろう、真田丸ロス(笑)

 

正直、最初からハッピーエンドではないとわかっている物語で、そういう気持ちになるのも滑稽ではありますが😓

 

毎週いろいろと楽しませてもらいました。

 

これ聴きながら、読んでください(笑)

 ↓

NHK大河ドラマ「真田丸」テーマ(服部隆之)

NHK大河ドラマ「真田丸」テーマ(服部隆之)

  • 三浦文彰/下野竜也(指揮)/NHK交響楽団
  • サウンドトラック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes
新・出港!真田丸 ~新たなる船出~

新・出港!真田丸 ~新たなる船出~

  • 服部隆之
  • サウンドトラック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes
真田丸紀行

真田丸紀行

  • 服部隆之 / 辻井伸行(ピアノ)
  • サウンドトラック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

大河ドラマ真田丸の面白さ

脚本の三谷幸喜さんの力によって、

登場人物たちが生き生きと新しい視点で描かれ

物語として面白いのはもちろん

 

史実、とくに最近わかったようなことまで積極的に取り入れられてつくられていたのが印象的でした。

 

決して史実通りではないんですが

史実と思われる新情報を取り入れつつ

新しい物語が生み出されていたんだなーと感じます。

 

なので、

単なるドラマ好きだけでなく、歴史、日本史好きな人も、真田丸は好んで観ていたでしょう。

 

 

真田幸村(真田信繁)をこんな風に描いた作品は、これまでなかったんじゃないでしょうか。

(…と言えるほど、他の作品には触れてないので😓あったらスミマセん)

 

武官として、猛者としての幸村ではなく

どちらかというと文官としての、調整能力が高く、人から好かれる

そういったところにスポットライトがあてられていて

とても新鮮でした。

 

むしろ、大坂の陣において「いきなり猛者扱い」なのが浮いているというか(笑)

 

ただ、たしかに史実上の幸村もそうなんですよね。

別に大坂の陣まで、大きな武功を挙げてきた人ではないし。

 

関ヶ原以降にのみスポットライトがあてられたこれまでの他の作品とは、まったく楽しみ方が違っていました。

 

片桐且元がけっこう取り上げられていたのも、

僕にとってはけっこう新鮮でしたね。

他の作品ではあまりみかけない、もしくは出てきても端役ですし。

且元も賤ヶ岳七本槍の一人とはいえ、

正直武力的に有名な武将ではないですし。

 

大野治長が牢人寄りの考えをもって行動するというのも新鮮。たいていは今回でいう、大蔵卿局側の人として描かれますしね。幸村とは対立する、的な。

 

豊臣秀次も完全に別人でしたよね他作品とは。

たいてい「殺生関白」として酷いやつとして描かれるんですが

この真田丸では最近の研究から可能性があったこととして

「秀吉からの期待プレッシャーに耐えかねて自害した」人という

かなり斬新な人になってました。

でもこれも、完全な「創作」ではなく、最近の研究から「ありえる」とされた秀次像ですし。

 

他にも、千利休とか、ずんだ餅推しの伊達政宗とか(笑)

いろんな人のことをこれまでとは違う視点で描いているのが印象的でしたね。

 

主人公である真田信繁(真田幸村)以外の登場人物のことも丁寧に、しかも魅力的に描かれていて

全員に背景やそこに至るストーリーを想像させてくれる感じでした。

 

 

【Amazon.co.jp限定】真田丸 完全版 第参集(「真田丸」扇子 徳川ver.付) [Blu-ray]

【Amazon.co.jp限定】真田丸 完全版 第参集(「真田丸」扇子 徳川ver.付) [Blu-ray]

 
真田丸の謎―戦国時代を「城」で読み解く (NHK出版新書 474)

真田丸の謎―戦国時代を「城」で読み解く (NHK出版新書 474)

 
2016年NHK大河ドラマ「真田丸」完全読本 (NIKKO MOOK)

2016年NHK大河ドラマ「真田丸」完全読本 (NIKKO MOOK)

 

 

真田丸のスピンオフ・続編・番外編は放送されるのか?! 

幸村の物語は完結してしまいましたが、

 

もっと真田丸を楽しみたい・・、いや、真田丸から離れなくない・・

という人、けっこういると思います。

 

そういう方が期待するのは

 

真田丸のスピンオフ作品、続編、番外編ですよね。

 

 

あれだけたくさんの人が出演していた真田丸ですから

あらゆるストーリーが考えられ、誰を主人公にしても面白い作品を作ることができそうです。

 

真田信繁の物語の「続編」を作ることは不可能ですけどね、最終回で死んでますし。

(いや、死んでないのか・・?あのあと佐助と鹿児島へ逃げたか・・(笑))

 

でも「真田丸」という物語はそもそも真田一族やそこに関わる人達が一艘の船に乗っていると見立てて書かれた作品。

 

とすれば、たとえば、その後の真田家を描く、とか、そういう形での続編もありかと思います。

 

 

たとえば信繁の兄・真田信之(信幸・大泉洋)は、あれだけ父と弟に翻弄しながら苦労して生きてきて、

しかも父・弟にかなしい思いをしているにもかかわらず

 

実はあのあと、93歳までも生きるんですよね(笑)

松代藩の基礎を作ったのは間違いないんですけど、息子の真田信吉・信政そしてその子たちまで巻き込んで、また色々とお家騒動が起こった歴史がありまして・・

 

その辺を描くことも可能。

 

ということで、話の題材としては事欠かないかなと思われます。

 

 

では、作品を作る側の意欲はどうかというと・・

 

 

番組のチーフプロデューサー談

――放送はあと約1か月で最終回を迎えます。早くも“真田丸ロス”を心配する声もありますが、スピンオフの予定は?

「企画書、書いちゃいましょうか(笑)。最近は“超高速関ヶ原”のあいだを見たいとか、お手紙やメールをたくさんいただきます。本当にうれしいことですが、堺さんと三谷さんのスケジュールが合うのが何年後になるんでしょう……。もし実現したとしても、三谷さんのことだから、どんな変化球のスピンオフになるかは僕も想像がつきません(笑)」

 

www.jprime.jp

 けっこう期待できそうな雰囲気ですよね!

制作側としてはけっこうやる気ありと感じます。

 

 

真田丸の撮影打ち上げ時の番組スタッフ談

「結局、この日は朝の5時くらいまで飲んでいたそうです。撮影の終盤になると順番にクランクアップを迎えるのですが、誰が音頭を取るわけでもなく、自分の撮影がなくて仕事が入ってない人は、ほとんど集まってサプライズで花束を渡したりしてましたね。『新選組!』のときは土方歳三でスピンオフが作られたのですが、今作も似たような動きがありそうです。まだ確定はしていないのですが、物語はたくさん伏線を残して進行しているので、三谷さんはそれをスピンオフで回収するんじゃないかっていわれています」

 

www.excite.co.jp

 

こういう話が関係者から出るということは

NHKとしては乗り気ってことですかね。

 

 

主役の堺雅人さん。

けっこうやる気です(笑)

 

 《堺は演じ始めた当初、信繁が幽閉生活を送った「紀州・九度(くど)山での日々が大事になるのでは」と言っていたが…》

 2回くらいで終わりましたよね(笑)。「九度山編スピンオフ」、やりたいですよ。セットを使い回せるし、衣装もたぶん残っているので。

 「上杉の人質生活編」もいいですね。やり切っていないし、スピンオフ全5話くらいで。(上杉景勝役の)遠藤(憲一)さんの都合が付けば、の話ですが。(家臣の)直江兼続も、もっと見てみたいですしね。

www.sankei.com

 

一部の情報だと、

 

こちらも人気ドラマですが、堺雅人さん主演で大人気だった「半沢直樹」シリーズが

大河ドラマ撮影のため、続編がずっと作れない状態になっていた

という話もあるので・・

 

もしあっても、ちょっと先になっちゃいますかね??

まあ、堺雅人さんが出ない形での真田丸スピンオフも可能性がゼロではないですが

やっぱり何らかの形では出演してほしいですし。

 

 

なんとなくの想像なんですが

舞台役者さんとかって、スピンオフとか好きなんですかね・・??

と思うのは、実は真田丸の脚本家である三谷幸喜さんもスピンオフが好きである可能性があるからで・・

 

 

そして、脚本家・三谷幸喜さんの場合。

 

とくに続編や番外編について三谷さんは公表されていないと思いますが

 

可能性はあると思います!!

 

 

というのも、大河ドラマではこれまでほとんどの作品で

スピンオフや続編・番外編が作られたことがないのですが

 

唯一放送された作品があります。

 

それは・・

 

 

「新撰組!!」です。

 

 

新撰組!!の脚本は・・そう!三谷幸喜!

 

 

いや〜〜

もし「続編なんてありえない」考えの人だったら

つくられてませんよね〜〜

 

だから可能性は、ある!!

 

 

この時は、近藤勇の死で幕を閉じた物語のまさに続編、

その後の土方歳三の戦いを描いたものでした。

 

真田丸におきかえると

幸村の死で大坂の陣は終焉を迎えているので

続編となると、完全に真田信之・大泉洋の話になってしまいますね・・

まあそっち方向で、とことんコメディ路線へ行くというのもありかなとぼくは思いますけど、

一部のファンからは怒られそうです(笑)

 

やっぱり途中ですっ飛ばしたところを掘り下げるパターンですかね。

 

九度山のところなんかは

ホームドラマとして全11回とかで、1クール放送できそうです(笑)

これもコメディかな(笑)

 

関ヶ原の合戦なんかは超高速だったので、もう少し描くこともできますが・・

それそのものには信繁は関わってないので

新撰組!!の時と同様に、山本耕史さんが主役になってしまいそうです(笑)

まあ石田三成もかなり人気でしたけどね。

 

 

 

ただし、三谷幸喜さんはよく

本づくりで「追い詰められる」という話を聞くので(笑)

しばらくは真田丸に関わりたくない症候群になっている可能性があります(笑)

 

他にもたくさんの仕事を抱えていらっしゃるでしょうから

それらが片付いてから、しかも出演者たちとスケジュールが合う状況になれば・・

という感じでしょうか。

 

堺雅人さんを始め、人気の俳優さんばかりなので難しいとは思いますが・・

 

むしろ真田丸をきっかけに人気が出た、名前や顔を知られた俳優女優さんもたくさんいて、

みなさんより忙しくなりそうですし。

 

 

 

朝ドラなんかでは、放送終了1ヶ月後にすぐスピンオフが放送された例があるみたいですけど、

この場合は、本放送の撮影と同時に進んでいないとたぶん不可能。

 

堺雅人さんの発言から、それはなさそうな気がします。

 

 

いろいろ考えると、、

 

2018年ぐらいになってしまいそうな気がしますね。。

 

新撰組!!も2004年の一年間の放送で、スピンオフが放送されたのは

2006年の正月ですし。

約1年後です。

 

 

1年後でもいいから、観たい!真田丸の続編!!!

 

半沢直樹のあとで!お願いします!!

スポンサーリンク

このブログへメール 削除依頼について