読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

いきものがかり、紅白歌合戦で「小田急線」と口走る(笑)デビュー曲「SAKURA」

TV 芸能人

スポンサーリンク

今年はNHKの紅白歌合戦をリアルタイムで視聴しています。

あらためて観ると、なかなかおもしろいですね〜

 

いろんな人が出演してますし。

 

ピコ太郎もでてるとは。

あ、ハーフタイムショーという企画コーナーでしたけど。

そりゃそうか、めっちゃ短いし、PPAP(笑)

 

 

さて、さきほど聴いていて

やっぱりいい曲だな〜〜と思ったのが

いきものがかりの「SAKURA」です。

 

この曲がデビュー曲だったんですね。

今年がデビュー10周年だったということで

それを記念してか、今回は初出場の時の2008年の時と同じ

SAKURAを歌唱しました。

 

 

ラストシーン/ぼくらのゆめ

ラストシーン/ぼくらのゆめ

 

 

 

SAKURA

SAKURA

  • いきものがかり
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

この曲を駅前の路上ライブで歌っていたときには

お客さんが1人しかいないときもあったそうですよ。

 

でも、この曲を路上ライブできいたら

こりゃレベルの違うグループだな!とは思いそうですけどね(^o^;

オリジナル曲じゃなくて、誰かのカバーか?と思いそう(笑)

やっぱりメジャーデビューして人気になる人はレベルが違うのかもしれません。

 

 

さて今回紅白歌合戦でこのSAKURAを聴いてちょっとびっくりしたのが

SAKURAの歌詞に

「小田急線の窓に 今年もさくらが映る」

という歌詞があるんですが・・

 

これ、そのままNHKで放送していいんですね、ということ(笑)

 

 

特定の商品名とかブランド名、企業名なんかは

NHKでは報道で必要があるとき以外は許されないようなイメージがありました(^o^;

 

要は、公共放送で宣伝してはいけない

みたいなことで、歌の歌詞であっても、その歌詞を変えて放送させちゃう的な(笑)

 

 

なので、そのまま「小田急線の窓に 今年もさくらが映る」と歌って

しかも、歌詞が表示されるんですよね紅白歌合戦は。

ちゃんと「小田急線の窓に 今年もさくらが映る」と表示されてました(笑)

 

 

実はこれ、

2008年出演のときもちゃんと

「小田急線の窓に 今年もさくらが映る」

と歌ったそうです。

 

その時は、これが原因でNHKが出禁になる

(要は歌詞を変えろと言われたのに、そのままの歌詞で強行して歌ったために)

というようなデマが流れたそうです(笑)

 

 

ということで、NHKが完全に公認してるってことですね。

 

 

まあ・・

よく考えたら

 

「小田急線」は鉄道で、公共性が強いから

その他会社名や商品名ほどの規制はないのかもしれないなと予想。。

 

でも、ちょっとびっくり(笑)

 

 

そして、小田急電鉄の人はきっと

なんだか嬉しいですよね!(笑)

 

さらに、やっぱり宣伝になる気がしますしね。

 

 

NHKもちょっとずつ規制が弱くなってるのかもしれません。

少しは挑戦的な感じで。。

 

www.youtube.com

 

今回も、タモリとマツコ・デラックスが遅れて紅白歌合戦にやってくる

という設定で、ミニコントみたいなことをやってますが

 

そこでも「水森かおり」さんの姿をみたマツコが

「小林幸子!?」って言ってました(笑)

 

タモリ「小林幸子はでてないよ(笑)」

 

 

これ、以前なら許されないような(笑)

でも、この水森かおりさんって、小林幸子さんの巨大衣装を引き継いでるんですかね。

ほぼ小林幸子でした(笑)

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+