読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

病気にかかること=罹患とは何と読む?意味は?らかん、羅漢、羅患ではない(笑)

言葉

スポンサーリンク

このTwitterまとめを見てまして。

男性は一定の年齢になるとなぜ「蕎麦打ち」にはまってしまうのか?「男性は蕎麦打ち、女性はパン焼きのイメージ」 - Togetterまとめ

 

わかる気がするわぁ〜〜と思って読んでたんですけど。

 

このまとめの中で、そば打ちのことが病気扱いされてました(笑)

 

そして、31歳からそば打ちを始めた夫のことを

「夫は31歳で罹患しました」と書かれていました。

 

 

そういえば、この「罹患」って難しい言葉だよな、と。

 

 

これ、読み方わからない人もけっこういそう、と思い、

ブログを書くことにしました。

 

 

きっと誰かに教えたくなる読めるようで読めない超難読漢字2000 (コスモ文庫)

きっと誰かに教えたくなる読めるようで読めない超難読漢字2000 (コスモ文庫)

 
これだけは知っておきたい!難読漢字ドリル

これだけは知っておきたい!難読漢字ドリル

 
マンガでかんたん!暗記丼――歴代の首相も!世界の国名も!難読漢字も!

マンガでかんたん!暗記丼――歴代の首相も!世界の国名も!難読漢字も!

 
難読(苗字編)

難読(苗字編)

 

 

罹患の意味とは?

これは率直に言いますと、

 

病気にかかる、という意味です。

 

なので

罹患率=病気にかかっている人の割合

罹患者=病気にかかっている人

という意味です。

 

罹患の読み方は?書き方間違いの例

実はこっちの方がわからないという人が多そうですよね。

意味は前後の文脈から想像できますから。

 

罹患

 

大きく書くと

 

罹患

(スマホ等では大きくないかもしれませんが)

 

これ・・

 

「らかん」と読んでしまう人がけっこういます。。

 

そのため、漢字を

「羅患」と「羅(ら)」の字だと思ってしまう人がけっこう多い。。。

 

罹(り)なんです。

羅(ら)ではない。

 

「らかん」を変換したら「羅漢」という字が出て来ることもあるので

これと間違えてしまう人も多い。

 

「羅漢」だと仏教用語で、羅漢像などの仏像があったりします。

 

しかし今回のは「罹患」

 

罹患の読み方は

「りかん」です。

 

「罹」の漢字の意味は

病気や災難などを身に負うこと

 

だそうで、

「患」も病気になる、というような意味だそうですから

 

罹患と二文字続けて、病気になること、病気にかかること

なんだと思います。

 

 

けっこう間違えて「らかん」って言っちゃってる人がいると思いますが・・

いずれは「らかん」でもOKとなるかもしれないですよね。

 

「早急」も本当は、「さっきゅう」ですが、「そうきゅう」で通用してますし

「独壇場」という言葉も、本当は「独擅場」で「どくせんじょう」という言葉だったのが真ん中の字が「だん」と誤読されて

現在では「独擅場」(どくだんじょう)で通じるようになったとか(NHKでも「どくだんじょう」を使っています)

 

・・という風に、

言葉って変わっていくんですよね。。

 

言葉は生き物。

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+