読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

NHKコント番組「LIFE!」における星野源の扱いが逃げ恥から明らかに変わった〜人生に捧げるコント〜

TV お笑い 芸能人

スポンサーリンク

2016年の人気ドラマとして印象が強かった

「逃げるは恥だが役に立つ」

新垣結衣さんと星野源さんが主演のドラマでした。

 

ガッキーの可愛さと、源さんのオタク真面目さというか

そういうところが役とハマっていたというか。

 

 

最終回 夫婦を超えてゆけ

最終回 夫婦を超えてゆけ

 

 

星野源さんはもともと

ドラマにも出てたり(ウォーターボーイズなど)、舞台をやったりするなどしていて

音楽関連の事務所は福山雅治さんと同じアミューズですが

俳優業としての事務所は大人計画ということで

阿部サダヲさんや松尾スズキさんのいるような舞台主体の事務所なんですよね。

 

だから、「演技」をすること自体は前からやっていたことだったと思うのですが・・

 

 

LIFE! ~人生に捧げるコント~ DVD-BOX

LIFE! ~人生に捧げるコント~ DVD-BOX

 
LIFE! ~人生に捧げるコント~ series-3 [DVD]

LIFE! ~人生に捧げるコント~ series-3 [DVD]

 
LIFE! ~人生に捧げるコント~ series-1 [DVD]

LIFE! ~人生に捧げるコント~ series-1 [DVD]

 
LIFE! ~人生に捧げるコント~ series-2 [DVD]

LIFE! ~人生に捧げるコント~ series-2 [DVD]

 

 

いやそれでも、

 

このウッチャンナンチャンの内村光良さん率いるコント番組

「LIFE!〜人生に捧げるコント〜」においては

 

2番手・・いや、3番手ぐらいの扱いで

正直、主役になるような感じではなかったんですよ。

 

なんというか、笑わせるという意味では

その他、強力な芸人さんたち(ココリコ田中直樹、ドランクドラゴン塚地武雅)と比較したら見劣りするというか。。

 

またムロツヨシさんなんかはもともとちょっと笑わせるキャラ

みたいなところから出てきた俳優さんなので

そこと比較するのも・・

 

女優陣は・・女優ですからねぇ〜〜

思い切ったことをすれば笑わせられるんですよね。

臼田あさ美、石橋杏奈、西田尚美、吉田羊

 

 

もし星野源さんが、すごく有名だったら

「あの星野源がこんなことするか!?」的になり、笑わせられると思うんですが

 

そもそもこれまでの星野源さんはそこまで有名ではありませんでした(^o^;

 

いや、星野さんファンの方、スミマセン(笑)

でも悪意はなく、ごく一般の人の感覚はこんな感じだと思います。

 

 

歌は売れてきたりしてましたけどね。

それは逆にこのLIFE!で顔が売れてきたから・・という部分もあったのかもという気も。。

 

 

LIFE!でも最近は「うそたろう」という星野さんが主役のコントが始まってましたが

本当にそれぐらいで。

 

 

それが、おや!?変わったな・・

 

と感じ始めたのが、2017年になってからのLIFE!放送をみて。

 

 

明らかに、星野源さんが主役になるコントが増えてるんですよね。

そして、その他コントにおいてもこれまでだったらあまりセリフが与えられなかったようなところで

どんどんセリフを話すようになり。

 

 

やっぱり逃げ恥効果で、星野源ブランドが高まったことにより

「星野源にこんなことやらせるか!?」みたいな笑いが取られるようになってきたのかなと感じました(笑)

 

もしくは「星野源ってこんなこともできるんだ!」的な。

 

 

なんというか

 

まず感じるのは

製作側の星野源の扱いが変わった感。

 

まさか自分でコント作ってるわけじゃないでしょうから

誰かが作って、そこにキャスティングしてるはず。

 

それが今までなら別の人で・・となっていたところに

星野源を、となるところが

やっぱりそう思わせるだけのものが星野源さんに出てきたということかなと。

 

 

もうひとつは

本人の自信みたいなものを感じますね。

 

出演してる人はけっこう人気で知名度も高い人ばかりですからね。

(女優陣の若手はそうでもないですが・・男性陣は有名な人ばかりですよね)

 

だから気後れするところもあったのかなと勝手に予想。

 

なんか・・2017年にはいってからのライフでのコントでは

星野源の自信を感じます(笑)

 

 

こんなにわかりやすく変わるもんなんだなぁ〜〜とちょっと驚きました(笑)

 

まあ、もともとその素質は持っていたからこそ

このコント番組のキャストとして起用されていたんだと思うので

実力といえばそれまでなんですけど

 

やっぱり「当たり役」とか「代表作」って大事なんだな・・・

と強く感じましたね。

 

 

新垣結衣さんはこれまでにも

リーガルハイとか、ポッキーのCMとか

有名になるきっかけは色々あったと思うんで

逃げ恥があったから、ガッキーに何か変化があったかというと

それほどでもないかと。

 

ただ、星野源さんにとっては

かなり大きかったんじゃないでしょうか(^o^;

 

 

もし最近、LIFEをみていない人がいたら

ぜひ観てみてください!

 

 

以前より生き生きとコントを演じる星野源を観ることができますよ!

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+