読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

第6話は唐揚げレモン!ドラマ・カルテット飯テロシーンまとめ(随時更新)、うまそうな食事シーンは有名フードコーディネーターの仕業

ドラマ TV

スポンサーリンク

ドラマ・カルテットは

「ラブサスペンス」とか「ラブ・コメディ」とか言われていて

 

主要登場人物である4人

巻(松たか子)、すずめ(満島ひかり)、別府(松田龍平)、家森(高橋一生)

この4人の会話劇

が一番の見どころかもしれません。

 

一瞬たりとも目を離せないような

素敵でとても考えさせられるような深い

そして、何かの伏線になっていそうな言葉が盛りだくさんです。

 

さて、その本筋とは直接は関係ないんですが

このドラマを魅力的にしている要素の一つに

 

食事のシーン

 

があります。

 

4人が別荘でそろって食べる食事が・・毎回美味しそうなんですよね・・

 

本筋とは関係ないといいましたが

でも実は登場人物と深く関わる話もあったり(唐揚げレモンとか)

今後もご飯のシーンには注目です。

 

 

そしてこのご飯のシーン、これだけ魅力的にみえるのには訳がありまして・・

 

この番組のフードスタイリストの飯島奈美さんは「かもめ食堂」「深夜食堂」「ごちそうさん」など、多くの作品を手がけられています。

 

 

そりゃ美味しそうなはずだわ・・(笑)

 

この情報をみたら、毎回食事のシーンから目が離せなくなるはず!

夜22時からの放送ですからね・・

終わる頃には23時・・

 

もはや、深夜の飯テロと言わざるを得ません(笑)

 

この記事では、随時更新で

カルテットの飯テロシーン、食事・ご飯の写真を紹介していきたいと思います!

 

 

 

第6話

第二幕のスタートとなった第6話は、四重奏の演奏シーンもない

巻夫婦の回想シーンがほとんどの回でした。

 

ただ最後の3分ぐらいは怒涛の展開で

まさしくサスペンスという感じでしたが・・

 

第1回で出てきた印象的な話「唐揚げレモン」があらためてやってきました。

第6回の食事シーンも主にはこれだけかなと。

 

家森があれだけ唐揚げにレモンをかけるかにこだわってましたが

その前に、真紀の夫・幹生と話したときは「からあげにレモンぐらいで」と言ってました。

 

なので、4人で集まったときには、

真紀の反応をみるために、あえて唐揚げレモンの話をしたのかもしれないですね。

 

こちらは、巻家の家庭で出されていた、真紀が作った唐揚げ(上)とお店(下)のものです。

f:id:AR30:20170222084919j:plain

f:id:AR30:20170222084947j:plain

 

 

第5話

まさかの飯テロシーンなしでした(笑)

なんというか、食事シーンは、ほのぼのしたシーンが多いと思うんですよね。

第5話は第一幕が終わり、第二幕の開始ということで

カルテット・ドーナッツホールの仕事に関するシビアな話と、巻・すずめ・有朱の地獄絵図が主な内容でした。。

 

ほのぼのする暇がなかった・・

あったとしたら、家森が「巻さん、ぼくの割烹着って・・」って言ったところぐらいですかね(笑)

 

とにかく飯島さんのご飯は6話以降に期待しましょう!

 

第4話

家森の過去話から巻の疑いまで怒涛の展開だったこともあり

食事シーンは2回ほど。

だけど、毎回必ず、テーブルにみんなが座って食事するシーンがあるっていうのは

全くジャンルとしては違うんですけど、

ここだけはホームドラマみたいな感じですよね(笑)一家団欒的な。

やっぱりジャンル分けが難しいドラマです。

f:id:AR30:20170208064226j:plain

このおにぎの形がまた・・美味しそうです。

真ん中がぷっくりと膨らんだ形。これ、手でうまーく握るのは相当難しそうですよね。

しかもいろんなお味を用意して、漬物とともに。

日本茶を飲みながらのこの朝ごはんは、とても優雅な気がします。

 

f:id:AR30:20170208064236j:plain

f:id:AR30:20170208064241j:plain

アジフライ!

家森がソースでしょ!というところに子供が「ママがしょうゆでもソースでもどちらでも食べられるようになった方がいいと言った」というのが突き刺さりますね(笑)

面倒くさい諭高のそういうところを引き継がないように、茶馬子がこどもをしつけていたとは。

というところから考えても、茶馬子はかなり普通の人のような気がします。

家森のフィルターごしには相当おかしい人みたいな表現になってましたけど。

 

f:id:AR30:20170208124546j:image

すずめのお粥。

作れるんだ?すずめちゃん(笑)

 

あとこの回は、甘栗とか出てきましたね。

別府と巻が真紀の自宅で食べてました。

 

第3話

第3回は比較的、食事シーンは控えめな感じがしました😓

 

でも全くないわけではなく、やっぱり美味しそうなご飯が…

 

まさに飯テロ(笑)

 

ショートケーキ

すずめがうさぎを刺すか迷ってたら、有朱がちゅうちょなく刺したやつですね(笑)

有朱のあだ名は淀君で、昔アップルストアに勤めてた人と付き合い始めたら、その人は仕事やめてパチンコ屋に並ぶようになった、とか。

あとは有朱がいたクラスは必ず学級崩壊が起きてたとか(笑)

家森との接し方をみても、有朱も何らかの目的をもってドーナッツホールに近づいているのだと思われます。

 

アイス

今回も出て来ました。すずめが別府からもらったのは、なんとなくロックンロールナッツかなと思ったのですが…違いますかねえ??

 

朝食のパン

f:id:AR30:20170201170331j:image

起きて来たすずめが食べようとしてたバゲットのサンドイッチ?

うまそう…

 

湯豆腐

 これ、湯豆腐の真ん中にある、豆腐につけるっぽいやつがうまそう。

そして公式情報によると、湯豆腐鍋の横にある、鶏肉を茹でたやつが相当美味しかったらしいです。

 

ふくろうドーナツ

f:id:AR30:20170201171646j:image

別府の布団に潜り込んだすずめ。

お腹空いてるんですか?と聞かれ渡されたのが、別府の勤めるふくろうドーナツ。

ペットボトル1本分の距離をやってみましたが、別府からのアクションは無し。結局、自分から別府の胸に潜り込んでしまいました。

が、ここではちょっと後悔したような仕草。

このふくろうドーナツは、はらドーナツでコラボレーション商品を売ってます!

 

かつ丼

f:id:AR30:20170201172009j:image

おそらく第3回の放送をみて、もっとも視聴者が食べたくなったのがカツ丼でしょう(笑)

蕎麦屋に入ってカツ丼を頼むあたりが通ですね(笑)

カツ丼代金を払えないんじゃないか?すずめは…と心配になりましたが、これぐらいのお金は持ってたということでしょう。まあ大人ですから。

これ、カツ丼=取り調べ=白状する

というような意味合いがあるのでは?とTwitterでは噂になってました。

 

 

第2話

ブイヤベース

 

ブイヤベースはもちろんうまそうだったんですけど

会話の中心は旧軽井沢に餃子専門店ができたというところから

餃子の話に。

どちらかというと、餃子がうまそう・・と思わせる結果に(笑)

 

 山盛りのフライドポテト

 

 別府と九條(会社の同僚で結婚して上海へいくことになった女性)が行くカラオケや、4人でいったカラオケ、あとは別荘のシーンでも登場した山盛りのフライドポテト。

ポテトのジェンガはみんなやってみたいとおもったはず。

 

ラブラブストロベリーとロックンロールナッツアイスクリーム

 

これは別府が選んだ、すずめと食べるためにコンビニで買ったアイスです。

実在してないものみたいですよ。

こんなに具が入ってるやつ、食べてみたい。

 

みかんつぶつぶジュース

 

 別府が巻と話しながら飲んでいたジュース。

これ、すずめが家森から奪ったみかんつめつめゼリーの姉妹品ですよねきっと(笑)

 

サッポロ一番しょうゆ味

 

別府と九條のクライマックス!朝の寒いベランダで食べるサッポロ一番はうまい。

この時「うまい・・」というタイミングまで同じだったこの2人は

実は一番相性はいいんだろうなと感じました。

しかし九條は近くのチェーン店ではなくて、遠いところにあるかわいいお店を選んだ、ということか・・

 

第1話

唐揚げレモン

 

これは・・別府が作ったことになっていたやつですよね。

これにすずめと別府が勝手にレモンをかけたことから

家森が食いつく、という話でした。

 

たしかにレモンをかけることでカリカリ感が失われる・・

 

レモンかけますか?って聞いたらダメらしいですよ(笑)難しい

 

みかんつめつめゼリー

 

すずめが家森から奪い取ったものです。

第2話のみかんつぶつぶジュースと対と思われます。

 

卵かけご飯

f:id:AR30:20170125193030j:plain

これは巻が一旦自宅に帰ってひとりで食事をしたシーンですね。

卵が新鮮そう。

うしろで男性の遺体が公園の池からみつかったというラジオニュースが流れてました。

 

ベーコンエッグトースト

f:id:AR30:20170125193328j:plain

f:id:AR30:20170125193443j:plain

これは、巻・家森・別府の3人で作って食べていたものです。

ベーコンと目玉焼きをはさんだシンプルなトーストサンドです。

うまそう・・

  

 

カルテット関連の記事一覧はこちら↓

www.hinapishi.com

 

 

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+