読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

Twitter公式アカウントフォロワー数が最も多いドラマはカルテット!TBSドラマ #カルテット の視聴率一覧、第6回2/21までのデータ

ドラマ TV

スポンサーリンク

カルテットの視聴率について調べてみました。

僕の中では、今冬の一押しドラマなんですが、視聴率はトップというわけではないようです。

 

まあ22時台なので、21時台よりはちょっと条件が良くないですよね。

 

ただ、カルテットの前にはこの枠では逃げ恥

逃げるは恥だが役に立つ

が放送されていたので、視聴率が取れない枠ではないと思います。

 

毎週火曜の夜22時

 

 

カルテットの視聴率データを

確認してみましょう。

 

第1回 1/17 9.8%

第2回 1/24 9.6%

第3回 1/31 7.8%

第4回 2/7   7.2%

第5回 2/14 8.5%

第6回 2/21 7.3%

 

 

 

 

ドラマの視聴率というのは、たいていの場合ですが

初回放送時は「これから新しいドラマが始まる!」と各局で宣伝が行われる結果、初回はそこそこの数字になり、2回目にガクンと落ちるのだそうです。

 

カルテットはそういう意味では

やや落ちていますが誤差の範囲

初回を見た人が続けてみてくれている

というのが出ていると思われます。

 

ただここまでの2、3回で、平均が10%を超えているドラマもたくさんあるので

特別人気がある!とまでは言えないようです。

 

その原因として

 

面白いと感じる人には面白い

舞台をみているような会話劇で、どハマりする人もいるはず

 

その反面、

 

このやり取りを「くどい」と感じる人もいそう

 

好きになれない人にとっては何が面白いか全くわからない

 

ということが理由として言われています。

 

 

たしかに、

たとえば、家森(高橋一生)の論理的(?)せつめいとか(笑)

わけがわからないと思う人もいるでしょうね。。

 

 

そこかしこに、しかも会話の端々に伏線があって

それが回収されていく

え?これもあれとつながってたの??!

という驚きがある

 

そういうドラマなんですけどね😓

 

 

高橋一生さんの人気上昇とともに

このカルテットの視聴率が今後どんどん上がっていく可能性もあると思います。

 

Twitterでは絶賛の声の方が多いかなと。

 

第6回視聴率について

第二幕スタートということで

前回が上がっていただけに、上昇傾向が期待されていたのですが

やっぱり視聴率は上がらず、むしろまた落ちてしまいました。

 

今日は新しい数字も知ったのですが

twitter.com

カルテットの公式Twitterアカウントのフォロワーは、146,000人います。

 

twitter.com

A LIFEは、約35,000人。カルテットの1/5(笑)

 

そして・・

twitter.com

東京タラレバ娘で約7万人です。カルテットの1/2(笑)

 

この数字がけっこう物語ってますよね。

みんなで共有したいドラマで、情報を知りたい、少しの情報も逃したくないドラマであるということ。

 

視聴率でははかれないデータがここに現れているような気がします。

 

ちなみにあれだけブームになった逃げ恥は、

約41万人のフォロワー数・・まああそこまでブームになったらそりゃあね・・

 

ただ今期のドラマの中で、最もTwitterで盛り上がっているドラマは

カルテットで間違いないと思います!

 

第5回視聴率について

初回から4回目まで一方的に下がっていた視聴率が、やや回復しました。

おそらくですが・・

 

やっぱりかなりの数のドラマ識者たちが「カルテットおすすめ!今期1番!」みたいなことを言っているので

ネットニュースなどでもみかける回数が多いため

 

きっと気になって見出した視聴者が増えたのかなと思われます。

とは言うものの、

この回からみても・・ちょっと??な気もするので、これがこのあとの視聴率アップにつながるかは・・

 

出演している俳優さんたちは若い人に大人気のアイドル的な人気がある人ではなく

演技力で評価されてキャスティングされたような方たちなので

「この人が出てるから観る!」みたいな感じの人がいないのも視聴率がのびない原因かなと思います。

 

また、このドラマは「この感覚、わかるわぁ〜〜」と思えるのはきっと30代以上の人たちで、しかも自分たちのリアルとして感じられるのは30〜40代。

そういう人のドラマ視聴ってつかまえるのが難しそう。

 

若い人向けかもう少し上の年代向けの方がヒットしやすい傾向にありそうですもんねテレビドラマって。

 

 

ただ、このカルテットの前の9時台にフジテレビで放送中の「嘘の戦争」が今回ちょっと視聴率を落としていたのが気になります。

今回カルテットの視聴者が増えたのは、嘘の戦争からの流れで観た人が増えたからっぽいなと思っていたんですが・・

 

相乗効果で視聴率が上がることを期待します!!

 

というぼくも、仕事の都合で

ほとんどの場合はリアルタイム視聴できずに録画しています。。

 

・・そんなもんなんですよね(笑)

あ、ティーバーでも観てっますよ!

 

ティーバーでは、ちゃんとテレビCMも観てますし(笑)

 

第4回視聴率について

Twitterでのツイート数は他のドラマと比較してかなり多いそうですが・・

どうなんでしょうね?Twitterでツイートする層の人は

リアルタイム視聴してない気がします。

ティーバーだったり、録画視聴だったり。

 

そういえば北海道地区での視聴率は高いそうです。

初回12・8%、第2話10・6%、第3話11・1%、第4回13.3%

と、2回からだんだん数字を上げてきています。

これって・・

もしかしたら何らかの事情で、北海道の人は

リアルタイム視聴する割合が高いのかもしれません。

 

都会の人はどんどんリアルタイム視聴する人が減ってますからね。。

北海道だけで視聴率が上がる理由がよくわからない(笑)

北海道ローカルの番組で、相当オススメされてるとかあるんでしょうか(^o^;

 

いや〜〜、ティーバーの視聴者数とかも公表してほしいですねぇ。

カルテットは何度も見直してる人も多そうなので、

絶対視聴者多いと思います!

 

 

第3回視聴率について

第3回ではちょっと大きく数字を下げてしまいました。

 

第2回までとはちょっと雰囲気が違うストーリーでしたが、

すずめが中心の、満島ひかりが魅せる演技をした回でした。

 

回を追うごとにコアファンのどハマり度は上がっている気がするんですが

反面、ライトな視聴者は離れてしまっているということなんでしょうか?

 

ぼくは「ここがカルテットの良いところ」と思うようなところなんですが

Twitterなどでは

「俳優陣の『演技してる』考え嫌」という声もありました(笑)

 

いやいや、演技してない感なんてないでしょ(笑)と思うんですけどね。

そういう人にこそ真剣に見てもらって、カルテットの面白さに気づいてもらいたいところですね。

 

次週以降も視聴率には注目していきます。

この記事の視聴率データを更新していきます!

www.hinapishi.com

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+