ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

映画「土竜の唄 潜入捜査官REIJI」マイルドなヤクザ映画で生田斗真の壊れ具合が良かった

いつものごとく、WOWOWで邦画を観た感想です。

 

洋画は眠くなるんで…ほとんど見ません(笑)

邦画は、時間があれば色色々と。

 

 

この土竜の唄 潜入捜査官REIJIは、予告を見た段階でヤクザ映画っぽい感じだったので、

スルーしようかなーと思ってたんですが、

 

その主役を生田斗真がやってるということと

宮藤官九郎脚本とのことで観ることにしてみました。

 

 

 

通常、ヤクザ映画って、、好きじゃ無いんですよね。。

 

任侠…みたいなのも、しょせん暴力団でしょ?と思うと全く共感できないし

なにより、けっこうエグイシーンが多いんですよね、ヤクザ映画って。

 

拷問だのなんだので。

 

そういうのはみたくないので。。

 

 

そういう意味ではこの「もぐらのうた」は

かなりマイルドなヤクザ映画で

 

そういうシーンが全くないわけではないんですけど

必要最小限にしてあるな、と思いました。

 

なので比較的ストーリーに集中できる。。

 

 

脚本は宮藤官九郎ですが、監督が三池崇史ということで、

これはエグイシーン満載か!?と構えていたんですが、そんなことなかったです(笑)

(三池崇史さんの作品は観たことないです実は。勝手にそういう監督さんかなと思い込んでます)

 

といっても、ストーリーは

実際にはありえないことの連続なんですけど(笑)

 

それを生田斗真がコミカルに、

そして全力で演じているのが好感をもてました(笑)

 

 

童貞の役で、仲里依紗に「セ○クスさせろ!」と言う(笑)

 

ジャニーズでここまでやったのは、

彼が初めてではないでしょうか(笑)

 

 

アイドルとしてではなく、俳優として売り出してもらっているからこそできることなんですかね。

 

アイドルとしてだと、失格だと思われます(笑)

 

 

あれだけカッコいい俳優さんであるにもかかわらず、

この出来損ない感がけっこうリアルで(笑)

 

あーー、こういうDQNいるわーみたいな(笑)

 

 

でも、一応、正義のために

世の中の秩序を守るため

 

しかも警察へちゃんと戻してもらうことを目指して活動するんですよね。

単に頭が悪いやつではない。

いやむしろ、地頭は賢そうな、そんな雰囲気も醸し出せる、なかなかのDQNぶりでした(笑)

 

 

出演者がかなり豪華で

 

山田孝之
上地雄輔
岡村隆史
吹越満
遠藤憲一
皆川猿時
岩城滉一
堤真一
大杉漣

 

など。

 

いやー、ヤクザ映画だったらこんなメンバーそろいませんよね。

 

この面々が共演してる、というだけで観る価値ありそうです。

 

 ナインティナインの岡村さんは結構何度も出てくる重要な役なんですが

正直、岡村さんが出てくるところはコントにしか見えません(笑)

 

まあ、それでいいんでしょうね。

そういう狙いなんだろうと思います。

 

 

終盤で堤真一さんは両足を失うんですが

闇医者に作ってもらったというスーパー義足で復活!

 

すごいジャンプ力とパワーになっており

 

もしそんな義足があるなら

ヤクザ屋さんはみんなそれに変えた方が戦えるんじゃないの!?と思ってしまいました(笑)

 

 

あんまり現実的なことを言う人はこの映画には向いてないと思います。

 

潜入捜査官自体が完全に創作だろう、と僕は思ってますが、

どうなんですかね??

 

 

まあ仮にあったとしても

 

こういう「ダメ警官」ではなく、

賢い方の人がやることになるんだろうなと。

 

 

いや、、、

 

そこまで危ないことまでして

悪を暴く!

ということは、さすがにしないでしょう??

なんのメリットがあるんですか(笑)

 

 

とにかく、生田斗真の半裸(ほぼ全裸)を観たい人

そういう人にオススメする映画です。

 

悪くはなかったですよ。

 

 

 

ひなぴし 顔だけ黄色い人 テーマパークのブログ 鉄道のブログ 日本史のブログ Twitterツイート
このブログへメール 削除依頼について