ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

#おんな城主 #直虎 で瀬名姫(菜々緒)は徳川家康(阿部サダヲ)と結婚するが産んだ長男とともに信長の命令で処刑される

おんな城主直虎は井伊家の話ですが、井伊家が後の世まで名前を残すきっかけとなったのは、

井伊直虎(柴咲コウ)の元許嫁であった井伊直親の息子、井伊直政が

徳川四天王の1人と言われるまでに出世し

江戸幕府が開かれて以降も井伊家が名家として残ったためです。

 

なので、おんな城主直虎においても

井伊家が大きくなるにつれ、それにもまして徳川家・・いや、徳川家康がどんどん出世していく、というストーリーになるはずです。

 

 

 

徳川家康の役は阿部サダヲさん。

正直、今までの家康像とはちょっと違うなという感じですが

 

今川家での人質生活が、妙に似合ってましたよね(笑)

 

まだ「竹千代」と呼ばれていた時代のようです。

その後、松平元康等と称すようになり、最終的に徳川家康となる人。

 

直虎が生きた時代よりもさらにあと、

豊臣秀吉が天下を統一したあとの秀吉死後に

江戸幕府を開き初代将軍となって

豊臣家を滅ぼします。

 

今川人質時代の竹千代がまさか天下をとるとは

たしかに誰も思ってなかったでしょうね。

 

そんな家康は、

今川人質時代に元服・・いまでいう成人になったようです。

(12,13歳ぐらい)

 

この時に、瀬名姫(菜々緒)を妻に娶ったのだとか。

 

歴史を知らない人で、おんな城主をみている人からすれば

え!?この2人が結婚するの!?という感じだと思いますが(笑)

結婚してしまうんです(笑)

 

名前はこの時に一度「元信」になったそうですが

のちに「元康」へあらためたとか。

どちらにせよ、今川義元の「元」の字をもらってたんですよね。

今川の庇護の元、領地を持っていたわけですし。

 

 

大河手帳2017 おんな城主 直虎

大河手帳2017 おんな城主 直虎

 

 

 

NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」 音楽虎の巻 イチトラ

NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」 音楽虎の巻 イチトラ

 
おんな城主 直虎 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

おんな城主 直虎 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

 

 

 

天虎~虎の女 (TVサイズ)[テーマ音楽]

天虎~虎の女 (TVサイズ)[テーマ音楽]

  • Lang Lang (piano) Paavo Jarvi (conductor) NHK Symphony Orchestra
  • サウンドトラック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

亀の笛

亀の笛

  • 菅野 よう子
  • サウンドトラック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

今川義元の西進、上洛行動に伴って起こった

織田信長との戦い・桶狭間の戦いにおいて

元康は先鋒を任されました。

 

この時点で現代人からすると「死亡フラグ」が立ちまくっているわけですが(笑)

ここがのちに天下人になる人の強運。

大高城へ兵糧を運び込めという指令に従って行動し成功したときに

義元が死んだという報告が入り・・・

 

それに乗じて、今川から独立して織田と結ぶことにした・・と。

 

 

まあこの時点でも、まだまだ弱小の小国の主でしかなかったと思いますが。

その後に、弱体化した今川を武田氏とともに割譲していき

三河および遠江を領する大名になりました。

 

実はそののち、今川氏真を自分の領地へ招いたそうです。

それなりに面識もあったりしたからですかね。。

 

 

さて、菜々緒さん演じる瀬名姫は、築山殿という名前の方がよく知られています。

 

築山殿の方は、元康が今川を裏切ったときも今川家の方に身をおいていたので

それは危険な目に遭ったのではないかと思われます。

実際、築山殿の親はそのときに自害したそうです。

 

その後、今川方の人質がいる元康と人質交換をしてもらうことで

ようやく、三河の元康の元へいくことができました。

 

・・が、元康の母親と折り合いがわるかったらしく

元康の本拠地・岡崎城には入れてもらえず、「築山」という岡崎城の外れにあるところで幽閉されたような生活を送っていたとか。

 

大変な生活ですよねこれまた。。

 

 

松平元康は、家康に改名・・まあ、元は義元の元ですからね。

その字をとっぱらうと。

 

築山殿は家康の正室でその子に長男の信康が産まれます。

この人は聡明な人だったと聞いていますが・・

 

でもこの人、家康の長男でありながら、江戸幕府の2代将軍ではないですよね?

2代将軍は秀忠です。

 

信康は正室の子で長男なので文字通り跡取り息子だったわけですが

実は亡くなってしまいます。

 

というか、殺されます。

それには築山殿も関わっていて、築山殿も一緒に殺されてしまいます。

 

 

殺されたのは織田信長の命令と言われていますが

最終的には信長が命じて、家康が手を下したのでしょう。

 

まあ信長の命令にはしたがっておかないと

ひとたまりもない立場だったというところでしょうか。

 

跡取り息子を殺して嬉しい親がいるわけないですしね。。

 

 

信長から殺せと命令された理由は、謀反を疑われたから。

 

信康は信長の娘を嫁にもらっていましたが、その娘との間には

女の子しか産まれず、なかなか男の子が産まれなかった。

それを心配した築山殿が元武田の家臣の娘を側室に迎えたり・・

 

これは信長の娘にとっておもしろくないですよね。

 

さらにこれは事実かどうか微妙な話なんですが

武田氏と密通していたという疑いがあって・・

 

それで謀反、殺せ

となったそうです。

 

 

いやいや・・

 

瀬名姫、けっこう壮絶な人生を歩んでますよね。

 

 

おんな城主直虎の瀬名姫、菜々緒さんは

Sっ気たっぷりのちょっと「怖い」(笑)感じの姫を演じられています。

 

・・とすると、

やっぱりそういう企みをしていた、という風に描かれてしまうのか・・

 

でも実際にはそんな企てはなかったという話もあるみたいですし

歴史考証の小和田哲男さんがどのようにされるのか注目です。

 

 

今川人質時代の竹千代は、すずめまでも手なづけてしまうような

やさしい感じの人でしたが・・

 

最終的には、野心いっぱいの奸物になってしまうんでしょうか・・(笑)

まあでも、その奸物の方が、阿部サダヲさんのキャラクターは活かせそうですけどね。

 

信康が生きていれば・・

 

みたいなことは後年の家康が何度も口にしていたという話も聞いたことがあります。

 

それくらい聡明な人だったんだろうと。

 

 

そんな息子を産んだ築山殿もきっと聡明な人だったんでしょう。

 

あ、そして、築山殿は美人だったみたいですよ。

あの時代の美人が・・菜々緒さんみたいな人かは不明ですけどね(笑)

ひなぴし 顔だけ黄色い人 テーマパークのブログ 鉄道のブログ 日本史のブログ
このブログへメール 削除依頼について