ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

#わろてんか 第3週 一生笑わしたる 真の主役は #濱田岳 プロフィール・自己紹介

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)「わろてんか」の第3週「一生笑わしたる」

を視聴した感想・口コミ・評価・評判・レビューです。

 

あらすじ・ストーリー

てん(葵わかな)と久しぶりに再会した藤吉(松坂桃李)は、自分が売れっ子芸人だとてんにウソをつく。だがリリコ(広瀬アリス)から、藤吉は船場の大店(おおだな)の長男坊だと聞かされたてんは、長男・長女の自分たちが決して結ばれない関係だと知り、藤吉への思いを断ち切ろうとする。後日、キース(大野拓朗)が起こした喧嘩に巻き込まれた藤吉が大きな怪我を負い、てんは藤岡屋の蔵で藤吉たちを匿うことにする。それに気づいた儀兵衛(遠藤憲一)は激怒し、藤吉を追い出して、代わりにてんを蔵に閉じ込めた。

 

その後、籐吉は儀兵衛にてんとの結婚を申し出るが拒否される

儀兵衛は結婚するなら勘当だとてんに告げるが、てんは籐吉と大阪へ行くことを決意する

 

連続テレビ小説 わろてんか Part1 (NHKドラマ・ガイド)

連続テレビ小説 わろてんか Part1 (NHKドラマ・ガイド)

 

 

明日はどこから

明日はどこから

 

 

第3週の感想 このドラマの主役は実は濱田岳だ プロフィール

濱田岳さん。

てん(葵わかな)を思い続けるも、片想い。

しかしずっと支えていく、という幼馴染・武井風太の役。

 

濱田さんは今回の「わろてんか」が朝ドラ初出演だそうです。

 

濱田岳さんは実は「わろてんか」出演の今、

29歳だそうで、主演の葵わかなさんの19歳とはけっこう歳が離れています。

 

濱田さんが風太を演じる上で気をつけているのが

いいおじさんが少女に『大好き!大好き!!』ってアピールしているような、危ない感じに見えないように、かわいらしいアプローチを考えて演じています

なんだそうです(笑)

濱田さんは29歳よりもっと若くみえるので、あんまり心配ないと思いますけどね(^_^;)

 

 

第3週まで観て一番思ったことが

「この『わろてんか』というドラマは、濱田岳をみせるドラマだ」

ということでした。

 

「わろてんか」というタイトルから「笑えるシーン」を期待してしまいますが

たとえば松坂桃李さんの芸とか・・笑えない(笑)

まあ、「売れない芸人」の役なんで、あたりまえといえばあたりまえなんですけどね。

 

主人公のてんが爆笑している

 全然おもしろくない(笑)

 

なので、お笑い文化を作っていくお話でありながらも

それほどは笑えないという(笑)

 

ただ、誰がみてもおそらく面白いと思えるシーンがあります。

それが濱田岳さんのシーンです。

 

濱田さんはかなり「美味しい」役ではあるんですけどね。

主人公の幼馴染で片想い、おそらく恋は成就しないけど

ずっと主人公を支え続ける

という役で。

 

幼馴染で片想い そして、自分の気持ちを素直には表さない

ということで

やることなすこと失敗続き。

 

たまに本心を表すと、それは全く伝わらないという(笑)

 

最近は・・あんまりみない役柄のような気もするんですけど

どうですかね?

最近は、幼馴染でそのまま結ばれる、みたいなパターンが多いような気がします。

アニメでも実写ドラマでも。

 

こういう役って、うまくやるの難しそうなんですけど

これをうまくやってのけているのが濱田岳さんです。

 

「ただただ不器用」というレベルにとどまらず

ちゃんと笑えるように、笑いを取りにいってるんだな

とわかるので、濱田さんには笑いのセンスを感じますね。

 

そして、そういう濱田さんのシーンを随所に

しかもかなりたくさん入れ込んでくる脚本の狙いは

 

おそらく本当の主役は濱田岳(武井風太)

 

ということなんじゃないでしょうか。

てんがお笑い文化を作り上げていく

その裏でてんに振り回されるも、支え続けた男。

それこそがこのドラマで一番みせたいところかなと。

 

まあ、朝ドラなので女性主役なんですけど。

実は濱田岳主演という。

 

そういう目でみると、かなり濱田岳さんが目立っているのがわかると思います。

 

放送が終わって思い返してみると、

あのシーンが面白かった

というのは、たいてい、風太の濱田岳さんのシーンじゃないでしょうか(笑)

 

 

もともと売れっ子俳優の濱田岳さんのことは顔は知っていたという人が多いと思いますが

どういう人なのかちょっと書き出してみたいと思います。

 

 

濱田岳 - Wikipedia

生年月日 1988年6月28日(29歳)
出生地 日本の旗 日本・東京都
身長 160cm
血液型 A型
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ・映画
活動期間 1998年 -
配偶者 小泉深雪

 

まあ、みてわかると思いますが・・身長160cm(笑)

普通に考えたら、俳優になるなら、かっこいい、背が高い、という条件がありそうですけど

そこをすっ飛ばして活躍している濱田さん(人によってはかっこいいはあるかもしれませんが)

は、やはり演技力が評価されているんだと思います。

 

身長が低いのも、ある意味では武器なのかなと。

なかなかいませんからね、若手俳優で身長の低い人。

 

9歳の頃に芸能関係者にスカウトされ現在の事務所に所属。1998年、ドラマ『ひとりぼっちの君に』で子役デビュー。ダウンタウンの浜田雅功演じる主人公と同居を始める少年、日比野雄大役を演じた

 

東京ドームでの野球観戦の帰りにスカウトされた

という噂です。

おそらくスカウトされた理由は、可愛かったからではないでしょうか。

子役時代の写真をみると、なかなかの顔立ちです。

将来に期待!というのもあったでしょう。

ただ、身長はのびませんでしたが(笑)

 

中学高校とラグビーに熱中し役者活動を休止していたそうですが

2004年に「3年B組金八先生」に出演して芸能活動を再開し

あれよあれよと今のところまで。

 

金八先生が、その後俳優として生きていくと決断するきっかけになったそうです。

 

出身の学校は

獨協中学校・高校で、偏差値62あるけっこう高学歴な学校です。

なので、頭が良い人なのかなと。

 

2011年7月下旬にファッションモデルの小泉深雪と結婚。2012年1月下旬に第1子となる女児が誕生。二人の馴れ初めは、偶然飲み屋で知り合い一目惚れをしたシャイで奥手の濱田が、酔った勢いで小泉の電話番号を聞き出したことがきっかけだった

 けっこう若くして結婚されているんですよね。

23歳ぐらいでの結婚だと思います。

 

シャイで奥手、というのが「わろてんか」の武井風太とかぶると思います。

 

奥さんである小泉深雪さんの写真はこちらです。

 

お姉ちゃんと弟な雰囲気ですよね(笑)

 

火野正平さんと親子とか・・

 

浅利陽介さんと兄弟という話が出てますが

 川島海荷さんの名前も出てますね。

 

これらは「似ている」という話から出てきただけのようです。

火野正平さんの若い頃は、激似ですよね。

濱田さんは年取ったらきっと火野正平化するんだと思います。

 

ぼくは濱田さんのことがとくに強烈に残ったのが

「ゴールデンスランバー」という映画でした。

 

ゴールデンスランバー [Blu-ray]

ゴールデンスランバー [Blu-ray]

 

 

www.nicovideo.jp

堺雅人主演

首相暗殺の濡れ衣を着せられた無実の男が

2日間に亘り逃亡する姿を描いた映画ですが

 

この映画で濱田岳さんは

連続刺殺犯のキルオという、けっこうイカれた役をやっています。

 

警察と敵対するキルオは、警察に追われる青柳(堺雅人)をなぜか助けます。

殺人的な技術は一流、童顔、深刻な状況でもふざけた態度をとる

というかなり特殊な役です。

 

しゃべり方もかなり特徴的でした。

 

この役やってるの、誰だろう??

と映画をみてすぐに気になったのを覚えています。

 

こんな役をうまくやれるなんてすごいなと。。

 

 

で、あとからわかったのですが

そもそもこの「ゴールデンスランバー」の原作者である

伊坂幸太郎さんは、このキルオという役を書く段階で

濱田岳をイメージして書いた

ということだったんだそうです。

 

つまりあて書き!

 

小説であって、テレビドラマや映画の脚本でもなく

映像化されるかもわからない段階でのあて書きって・・・

 

このキルオはもはや、伊坂幸太郎さんからみた濱田岳さんそのものということになりますよね。

 

まあ、実際の濱田さんとはかなり違うと思うんですけど

作家にそんな想像をさせるぐらいに、若いころから印象的なお芝居をする人だったんだなと思います。

 

それと、やはり濱田さんの場合は

身長が低いことが完全に武器になってるなと!

 

「ちょっと身長低いやつも欲しい」ってとき、

おそらく映像作品を作ってたらありますもんね(笑)

 

背が低いだけでちょっと弱そうにみえますし(あ、みえる、というだけです。ディスる意思はありません)

けどそんな人が強く出るところに面白みが出る。

 

そのあたりを、このわろてんかでも、おそらく利用していくんだろうと思います!

ひなぴし 顔だけ黄色い人 テーマパークのブログ 鉄道のブログ 日本史のブログ Twitterツイート
このブログへメール 削除依頼について