ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

キーレス・スマートエントリーの電池交換を自分でやってみた(トヨタ・アクア)

うちには車が1台、トヨタのアクアがあります。

リモコンキーのタイプなので、毎回鍵を差し込んでドアを開ける必要がありません。

 

キーレスエントリーというものと

スマートエントリーというものがあるそうですが

 

キーレスエントリー・・・リモコンのボタンを押すことで解錠できるタイプ

スマートエントリー・・・リモコンを持っているだけで車両に近づいたりドアノブに触れれば解錠できる、さらにスタートボタンを押すとエンジンがかかる

 

という違いがあるようです。

呼び方の違いは・・よくわかってませんでした。

 

ちなみに、自動車メーカー各社で呼び方が違っているそうで。

トヨタ  スマートエントリー&スタートシステム(スマートキー)
日産   インテリジェントキーシステム(インテリジェントキー)
ホンダ  Hondaスマートキーシステム(Hondaスマートキー)
スズキ  キーレススタートシステム(携帯リモコン)
スバル  キーレスアクセスシステム(アクセスキー)
三菱   キーレスオペレーションシステム(キーレスオペレーションキー)
ダイハツ キーフリーシステム(電子カードキー)
マツダ  アドバンストキーレスエントリー&スタートシステム(アドバンストキー)

 

なるほど・・けっこう長くて覚えることは不可能なようです(笑)

 

 

 ※専用のケース・カバーがあるんですね!

 

スマートキーの電池寿命は?電池切れに備えての交換頻度は?

あたりまえですが、電池で動いているものなので

その使用頻度によって大きく電池の持ちは変わってくるようです。

 

ですが、たいていの電池寿命は

1年〜2年と言われているようです。

 

 

切れてしまってスマートキー・キーレスが使えなくなると、緊急対応として

内蔵されている鍵を使ったりすると思いますが

それをやると警報が鳴ってしまう場合もあったりするとか。

 

そもそも使えなくなったら焦りますので・・

 

そうならないためには

1年に1度の点検や、車検のタイミングでは毎回交換をする

というのが良さそうです。

 

おそらく、点検に出すディーラー等で依頼すればやってもらえるのではないでしょうか。

(技術料ってかかるのかな・・?あとでやりますが、簡単なので自分でも十分できます)

 

電池が切れ掛かっているサイン・兆候

もしこういうことがあったらすぐに電池を変えよう!

という事態を書いておきます。

 

・反応が鈍くなったと感じた時

ボタンを押しても反応せず、数回押したら反応した

 

・かなり近くにいかないと反応しない

 

・通常使用時にはランプが点灯するタイプの場合、ランプが点灯しなくなった

 

これらのことが発生してしまったら

すぐに電池交換をしましょう。

 

おそらく近々全く使えなくなります(^_^;)

電池を変えても状況が変わらないなら故障の可能性があると思います。

 

電池が減りやすくなる、消耗しやすい状況

説明書を読めば書いてあるのですが

「家電製品の近くで保管するな」と書いてあります。

 

電磁波が発生しているため、電子キーが誤作動を起こしたり

常時通信状態になってしまったりして、電池の消耗が激しくなったりするそうです。

 

もしすぐに電池が切れる

という人がいたら、普段の保管場所についてよく見直してみましょう。

 

具体的には

パソコン、テレビ、携帯電話、コードレスフォン、充電器、電磁調理器、電気スタンド

などですが、家電製品全般ですね。

もしかしたら、クレジットカードやキャッシュカード、鉄道のICカードなんかもそうかもしれませんね。

 

クルマの電子キーを自分で電池交換する方法・手順

今回は、ちょうどぼくが電池交換をするタイミングなので

自分のをやってみたいと思います。

 

トヨタのアクアです。

もしかしたら最新のモデルとは違うかもしれません。

また、他の車種でも似たようなものかなと思いますので、参考に御覧ください。

 

こちらがスマートキーです。

 

「PUSH」と書かれているところがあるので、これを押すと・・

非常用の鍵が飛び出してきます。

 

ちょっとこの写真だと見えづらいのですが

この鍵が出てきた穴の右横に、小さい溝があります。

 

そこに非常用の鍵の先っぽを差し込んで回してみます。

キレイに溝に鍵がハマるわけではないのですが、先端でこじ開けるような感じにします。

 

すると、パカっと開きます。

こちらが開いた状態です。

あれ・・?電池がない・・(^_^;)

 

右側の中央に入っている部品を裏返してみたら、そこに電池が入っていました。

 

この電池を入れ替えればOK。

 

トヨタのアクアは「CR1632」というボタン電池でした。

電池の種類はおそらく車種によって違うと思いますので、買う前に調べておきましょう。

 

そしたら、あとは元通りに組み立てれば終了!!

 

 

ということで、全部で5分もかからない

あっという間の作業です。

 

正直、難しくはないので、自分でやるのがベストな気がしますが

やるのを忘れないようにするために、また面倒だという人は

 

点検や車検の都度、依頼した会社に合わせてお願いするのがいいんじゃないでしょうか。

このブログへメール 削除依頼について