ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

松たか子新アルバム「明日はどこから」に #カルテット 「おとなの掟」巻真紀バージョン収録

東京・渋谷にイルミネーション「青の洞窟」をみにいきました。

 

正直、メイン会場がどこなのか全く知らずに行ったのですが

おそらくこっちだろうと、代々木公園の方向へ。

 

渋谷なんて、普段は行かないので

人が多いのに面食らい(笑)

まあ、行く前からわかってたことなんですけどね、金曜日とは言え、雨なのでもうちょっと少ないのかなと油断してました。。

 

がしかし、多いなやっぱり(^_^;)

 

…という人出のことと

 

もう一つは、ラッピングトラック?アドトラックって言うんですかね?

広告が全面かかれた宣伝トラックがバンバン走ってました。

この光景は、都心部の、しかも若者が集まるようなところでしか見かけないなと。

 

 一番たくさんみかけたのが求人情報サイト?のトラックです。

「短期間でたくさん稼げる!」みたいな触れ込みだったので・・

女性だったらキャバクラとか風俗とかなのかなと思いましたが・・

男性バージョンもありましたね〜

 

しかも、ただ走るだけでなくて、音もけっこうデカイ(笑)

オリジナルの曲みたいな宣伝の歌をかけながら走っていました。

 

松たか子「明日はどこから」宣伝トラックをみた

前には出会い系サイトの宣伝トラックもみたことがありましたが

今回はこんなラッピングトラックもみかけました。

 

松たか子 新曲「明日はどこから」わろてんか主題歌、カルテット主題歌「おとなの掟(松Ver.)」も収録したアルバムを発売 - ひなぴし

 

 

音を出しながら走るのが多いので、当然音楽系もあるんだな〜と思ったんですが

松たか子さんのアルバムの宣伝というのが意外だなという気が・・(^o^;

 

なんとなく、最新ヒット曲を生み出すような若者が好きそうなアーティストなら

渋谷でアドトラックを走らせるのはありそうですが

 

松たか子さんのラッピングトラックというのが意外で(^o^;

 

松たか子さん自身が39歳で若くはないですし

歌手としてのキャリアも当然ある人ですが、女優のイメージの方が強いと思いますので

若い人のCD購入を取り込む・・というのは、ちょっとターゲットが違うような気も。。

 

いや、でも、効果があるのかもしれないと思ったりして。

ちょっといろいろ考えてしまいました。

 

僕が通りかかったときは、

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)「わろてんか」の主題歌

 「明日はどこから」を流しながら走っていました。

明日はどこから

明日はどこから

  • 松 たか子
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes
明日はどこから

明日はどこから

 

 

 

その動画がこちらです。数秒ですが(^o^;

 

www.youtube.com

 

これだと、ほんの数秒で消化不良になりそうなので

公式の動画を貼っておきます(笑)

www.youtube.com

 

これを撮り終えてすぐに、次の曲がかかりました。

それが、TBSドラマ「カルテット」の主題歌だった「おとなの掟」です。

 

おとなの掟

おとなの掟

  • Doughnuts Hole
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

これは、「カルテット」の主題歌ですが、

その際は、「ドーナツホール」というドラマ内ユニットである

出演俳優・女優4人組によって歌唱された歌でした。

 

松たか子、満島ひかり、松田龍平、高橋一生 の4人です。

まあ、ほぼほぼ、松たか子、満島ひかりの2人での歌で、

男性2人はバックコーラスの一部・・という感じなんですが(^o^;

 

※こちらの記事で、男声パートの聴き分けができます↓

#カルテット おとなの掟の男声パートを聴き分ける方法、松田龍平と高橋一生の声がわかる エンディングテーマ曲 - ひなぴし

 

※「カルテット」の内容をより盛り上げてくれたと言われる椎名林檎の曲「おとなの掟」の歌詞↓

#カルテット 主題歌「おとなの掟」歌詞全文が椎名林檎さんの公式サイトで公開 - ひなぴし

 

そういえば、椎名林檎さんバージョンの「おとなの掟」は、ミュージックステーションで椎名林檎さん本人が歌っていました。

 これは、ぼくの予想ですが・・椎名林檎さんは、ドーナツホールの4人が歌った「おとなの掟」を相当気に入ってる風だったので、自分が歌うことにはちょっと抵抗があったのではないかと。。

そこで、それでも歌う、となったときに、「全く別物」として聴けるようにしたい

という思いがあったのではないかと。

・・ということで、この椎名林檎版おとなの掟は、英語歌詞になっております(^o^;

おとなの掟

おとなの掟

  • 椎名林檎
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes
逆輸入~航空局~(初回限定生産盤)

逆輸入~航空局~(初回限定生産盤)

 

 

※椎名林檎・英語バージョンと、ドーナッツホール・日本語バージョンの両方を同時に聴くことができます↓

www.nicovideo.jp

 

松たか子新アルバムに「おとなの掟」が収録されている

この「おとなの掟」が、松たか子さんの新しいアルバム

「明日はどこから」(わろてんか主題歌とタイトル同じ)

に収録されています。

 

↓こちらのリンクから収録曲の一覧をみていただけます。

明日はどこから

明日はどこから

 
明日はどこから

明日はどこから

  • 松 たか子
  • J-Pop
  • ¥2100

 

なんと、

松たか子、満島ひかり、松田龍平、高橋一生という4人の

Donuts Hole名義の曲がそのまま収録されています。

これって・・権利関係とかややこしくないのかな??と思っちゃったりしたんですが

みなさん俳優さんなので、歌にはとくに権利はないのか・・?

 

なんて思ったんですけど、よく考えたら、満島ひかりさんは

曲出してますよね(^o^;謎です。

 

#カルテット 「おとなの掟」が好き必聴!満島ひかりボーカルの新曲・MONDO GROSSO「ラビリンス」 - ひなぴし

 

「おとなの掟」松たか子ソロ(巻真紀バージョン)も収録

さらに、ボーナス・トラックとして

「おとなの掟」の松たか子ソロバージョンも収録されているようです。

これは聴いてみたい・・しかも、このボーナストラックは

Maki Maki

という名義で収録したそうです。

まきまき・・

 

そう、カルテットでの松たか子さんの役名、「巻真紀」なんですよ!!!!

まあ、TBSとの兼ね合いなのか、そのまま「巻真紀」という漢字表記ではないものの

松たか子さん本人が「役名の巻真紀とかけた名義」と公表していますので

 

これはもう、「カルテット」の「巻真紀」として歌った

と思って聴いて良い、ということだと思います!!!

 

そうやって聴くと、きっと違う曲に聴こえること間違いなしです。

「カルテット」が好きな人は、これはもう絶対に聞かなきゃダメだと思います。

 

 ※ここで試聴ができますが、一部だけでも、違いがわかります↓

おとなの掟 / Maki Maki

おとなの掟 / Maki Maki

 
おとなの掟 / Maki Maki

おとなの掟 / Maki Maki

  • 松 たか子
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

「おとなの掟」に関して松たか子さんは、

椎名林檎さんに優しく厳しく引っ張って頂きましたね。彼女の世界に巻き込まれていくというか、むしろそのことが、楽しくもありました。

 とコメントされていました。

たしか別のところでも、「けっこう厳しく歌唱に注文があった」と言っていた気がします。椎名林檎さんとしてもこだわりの曲だったんでしょうね。

 

その他、松たか子新アルバム「明日はどこから」のおすすめポイント

松たか子さんは『明日、春が来たら』でデビューして、20周年になるそうです。

そのデビュー曲「明日、春が来たら」の作詞をしたのが、「カルテット」の脚本家でもあった坂元裕二さんです。

 

20周年で何か・・ということで、坂元裕二さんとの共作となる

映画「嘘を愛する女」(1月20日公開)の主題歌『つなぐもの』が生まれた(作詞は坂元、曲は彼女が担当)とか。

つなぐもの

つなぐもの

  • 松 たか子
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes
つなぐもの

つなぐもの

 

 

映画「嘘を愛する女」には、ドラマ「カルテット」で共演した高橋一生さんも出演しています。

usoai.jp

 

NHK朝ドラ「わろてんか」の主題歌「明日はどこから」はもちろんおすすめです。

「実は最初、吉本の創業者の話だと伺った時、笑いの裏には様々な苦労もあったのだろうと思って、〈涙はどこから〉というタイトルを思いつきました。でも、さすがに「わろてんか」の主題歌に涙はどうなのでしょう…、ということになり、それに代わる言葉ということで明日にしました。でもそれは、何処からでもやってくるものなんだと思うんです。特に自分の子供なんかを見ていると、ほんと、そう思いますね。今日は疲れたから明日はお休み、なんてことないわけで、人生は止まることなどなく、日々の積み重ねが未来へと繋がっていくわけですから…」

Mikiki | 松たか子 『明日はどこから』 デビュー20周年に放つ、「わろてんか」や「カルテット」の主題歌含む8年ぶりアルバム | INTERVIEW | JAPAN

 

・その他、親交のあるアーティストからの楽曲提供が多数

・松たか子8年ぶりのオリジナル・アルバム

 

 

・・ということで、

松たか子さんの新アルバム「明日はどこから」おすすめです!!

明日はどこから

明日はどこから

 
明日はどこから

明日はどこから

  • 松 たか子
  • J-Pop
  • ¥2100

 

このブログへメール 削除依頼について