ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

iPhone・Apple Payに取り込み後のSuicaカードは使えない、元には戻せない

iPhoneにスイカが入れられるようになってそれなりに時間が経ちましたが、いまだによくわかっていない人が多いのが実情だと思います。

 

今日はよくある間違いで、困っている人をたまに駅でみかける

 

iPhoneのApple Payに取り込んだあと、

プラスチックのSuicaカードはどうなるのか

 

について書いてみたいと思います。

 

iPhone・Apple PayにiPhone・Apple Payに取り込んだSuicaカードは使用不可になる

iPhoneのApple PayにSuicaを追加する方法はいくつかありますが、

 

今回言っているのは、

 

JRの駅で売ってるSuicaカード(ICカード、プラスチックのやつ)をiPhoneに取り込む

 

という方法でiPhone・Apple PayにSuicaを追加した場合の話です。

 

iPhoneに取り込んだ後に手元に残ったSuicaカードもそのまま使えると思っている方いませんか??

 

答えはノーです(笑)

使えません。

 

なぜなら、そのカードの情報をiPhoneに取り込んだためです。

 

カードの情報はApple PayのSuicaとして取り込まれてしまったため、

その手元に残ったプラスチックのSuicaカードは、これ以降使えません。

駅の自動改札機にタッチしても使用不可になります。

なぜなら、もうカードの中身は無いからです(笑)

 

JR東日本のサイトでも公式にこう書かれています。

取り込んだ後のSuicaカードはどうなる? | Suica Apple Pay よくあるご質問

取り込んだ後のSuicaカードはどうなる?

iPhoneでSuicaカードの取り込みを行うと、操作完了(Apple PayにSuicaを設定)後はSuicaカードは利用できなくなります。当該カードは無効となり、再び入金(チャージ)してご利用いただくことはできません。

 

ゼロからはじめる Apple Pay/Suica スマートガイド

ゼロからはじめる Apple Pay/Suica スマートガイド

 

 

iPhoneのApple Payに取り込んだSuicaカードはどうしたらいいの?

これも回答がありました。

無効となったSuicaカードを駅へご返却いただく必要はございませんので、お客さまにて処分・廃棄をお願いいたします。

 

通常のSuicaの場合は、駅で払い戻しの手続きをすることで、カードは鉄道会社へ返却することになりますが

iPhoneのApple Payに取り込んでしまったSuicaカードは自分で処分して良いそうです。

単なるプラスチックのカード状態になってますので、持っていても意味はないですし

使えるカードと見分けがつかなくなる危険性もあるので(駅の券売機などに入れれば弾かれるのでわかるとは思いますが)、廃棄した方が良いでしょう。

 

そもそも廃棄なんてもったいない!という方は、

プラスチックのSuicaカードからSuicaの中身を吸い出してiPhone・Apple Payに入れるのではなく、iPhoneで直接「新しいSuica」を作った方が良いと思います。

プラスチックカードを取り込まなくても新しいSuicaを作ることはできます。

 

またすでに手持ちでSuicaカードを持っているのなら、それは駅で払い戻しの手続きをすればオッケーです。その場合は鉄道会社が回収します。(その後、リサイクルなどされているかは不明ですが…)

 

なおSuicaは払い戻しに手数料がありますので、ご注意ください。(手数料で損をしない方法もあります)

SuicaとPASMOは払い戻し手数料が違うので注意、パスモは廃止になり無料 - ひなぴし

 

一度iPhone・Apple Payに取り込んだSuicaをカードに戻せる?

もしiPhoneでのApple PayでSuicaを使ってみて

やっぱり面倒だから元のプラスチックカードに戻したいと思ったらできるのか…?

 

答えはノーです。できません。

 

元のプラスチックカードはもはや

単なるプラスチックカードになっていますので

何の手続きもできません。

 

もしまたプラスチックカードのSuicaが使いたいなら

あらためてJR東日本の駅で買いましょう。

 

そしてiPhone・Apple PayのSuicaは払い戻しをしてください。

 

 

…ということで、

他にもいろいろあるので、順次書いていきたいと思います。

このブログへメール 削除依頼について