ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

平成が終わる日はいつ?GW10連休になる可能性有。新元号に選ばれる漢字の条件とは?

この記事を書いている時点の2018年1月5日は、平成30年です。

平成は2019年の4月で終わるとほぼ確定しています。

(今の状況のままであれば・・つまり、今上天皇がご存命であれば、という意味だと思いますが。あ、ぜひ長生きしてもらいたいと思っています!)

 

日本の元号 由来と意味がよくわかる  平成から大化まで (新人物文庫)

日本の元号 由来と意味がよくわかる 平成から大化まで (新人物文庫)

 

 

平成が終了する日、新しい元号が始まる日はいつから?

上で書いたとおり、

平成が終わるのは

2019年4月30日の予定

です。

 

そして、

2019年5月1日から

新元号になる予定

です。

 

もともと、2019年1月1日から?というような話もありましたが

年末年始はもともと皇室の行事がいろいろあるということらしく

混乱は必至、ということで、このようになったと聞きます。

 

(3月末・4月頭の方がキリが良い気がしますが・・年度がわりで。

ただこちらも、もしかしたら政府側でいろいろとやることがあったりするから避けられたのか・・?)

 

平成が終了して新元号になるタイミングで10連休が与えられる可能性

これは決定事項ではなく、あくまで可能性がある

という内容なのですが、もしかしたら10連休になる可能性があるそうです。

 

4月の終わりから5月の初めはちょうど、ゴールデンウイークの期間です。

そのため、もしそこで祝日や特別の休みがどこかで与えられると・・

すごい長期間の休みができる可能性があります。

 

「働き方改革!」と声高に叫ばれる昨今なので

それにからめて、新時代が始まるタイミングで、こういう長期連休が与えられる可能性は高い気がします。

 

 

↑ こちらは、要は5月1日が「祝日」扱いになった場合のカレンダーの並びです。

祝日と祝日にはさまれた日は「国民の休日」になるため、このような夢の10連休になる可能性が出てきます。

 

昭和から平成になる際には、天皇陛下の即位の礼が行われた11月12日は休日となったそうで、「国民の休日」とされたそうです。

 

また、昭和天皇の葬儀「大喪の礼」の日も休日扱いになったそうですが、こちらは祝日にはなっていないそうです。

 

ということで、皇太子さまの即位の礼が5月1日に行われたら・・

上のような十連休がやってくる可能性もありそうです。

 

いや、5月1日は休みになるが、4月30日や5月2日は休みにならない可能性もありますけどね・・(即位の礼が5月1日に行われたとしてその日が国民の休日になった場合、その国民の休日と前後の祝日にはさまれた日が休みになるかどうかは・・わかりません)

 

新元号に選ばれる漢字の条件

過去には、漢字4文字の元号だった時代もあったそうですが

おそらく、2文字になると思います。

 

その理由も含めて、新元号に選ばれる漢字には一定の条件があるようです。

まああくまで予想なので、絶対とは言い切れませんが・・

 

あ、もしかしたら、あなたの苗字が元号になるかもしれませんよ!?

もし自分の名字や名前がそのまま元号になったら・・・

これから数十年の間、からかわれちゃいますね・・

 

 

ということを考えると、

今現在、日本に存在している名字の漢字の組み合わせも避けられるということになるんでしょうか(笑)

 

まあ、名前に使われそうな、人名っぽい元号にはおそらくならないとは思いますが

名字のように名前は全てをうまく避けることが難しそうなので

キラキラネームだったら、新元号と同じ名前になってしまう可能性も否定できません!!

 

そういう意味でも、これからお子さんができる方は

キラキラネーム、ドキュンネーム(DQNネーム)を子供につけるのはやめておきましょう!

 

宙中元年

(ぴかちゅうがんねん)

とか、ないとは思いますけどね!!

 

 

さて、新元号に使われる漢字の条件ですが・・

 

政府の要領で

1.国民の理想としてふさわしい意味を持つ

2.漢字2字

3.書きやすい

4.読みやすい

5.これまでに元号やおくり名として用いられていない

6.俗用(日常的に使用)されていない

 

と、定められているそうです。

 

さらにココ最近の報道で

「1文字につき15画以内」というような条件もあるとか。

 

元号を今後もみんなに使ってもらうため

画数が多いと使いたくなくなり、どんどん西暦へ置き換えられてしまうため

と言われています。

 

書きやすければ使われる頻度も増えそうですしね。

 

 

また、これは予想ですが

ローマ字で書いたときに

「M」「T」「S」「H」で始まる読みのモノは外されるのではないでしょうか。

ま行、た行、さ行、は行

 

これはなぜかというと、

いろいろな文書の生年月日欄で、元号の略称で使われていますよね?

明治 M

大正 T

昭和 S

平成 H

 

まあ、明治の方は相当少なくはなっていますが・・まだいらっしゃるとは思います。

なので、これらの文字から始まる字は避けられるはずでしょう。

 

そうすると、実はそこそこ絞れるのではないかと思われます(笑)

 

ただ、「これまで使われていない」といっても、2文字の組み合わせで使われていない

という意味だと思うので、漢字自体はこれまでにも使われたことがあるものが登場する可能性もあるでしょう。

 

 

 

あ、ちなみに、たしか

「平成」が決定するときに、事前にどこかの新聞が「これに決定!」みたいな報道を出したら、見事に違うものになったという経緯がありました。

 

おそらく、事前にバレてしまったら、それはとりやめることになるのかもしれません。

 

ということで、

たとえば、予想だ!といって、

いろいろとネットに書いたとしたら

 

それが広まってしまうと、その漢字は元号には使われない

ということになってしまいそうなので(笑)

 

あんまり予想はネット等には書き込まない方が良いのではないでしょうか(笑)

このブログへメール 削除依頼について 
//スムーズスクロール