ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

Suica/PASMO 間違いチャージを取り消し払い戻し お金を戻す方法と裏技

電車で通勤してる人ならほとんどの人が持っているであろうICカード。

 

首都圏の人ならJRのスイカかその他私鉄のパスモですよねー

 

 

定期券として使うのはもちろんのこと、

普通に乗車する際には、駅の自動改札機をタッチすれば、チャージしたお金を使って通ることができます。

 

そういう使い方をする人は、普段からSuica/PASMOにチャージをしておく必要があります。

 

オートチャージだと便利です。

勝手にチャージしてくれますし。

 

Suica/PASMOをオートチャージに設定する方法 - ひなぴし

 

まあ、オートチャージの人は「無くなりそうになったら自動的にチャージしてね」というぐらいなのでよっぽど大丈夫だと思いますが

 

毎回自分で、駅の券売機などでチャージをしている人の場合。

 

 

起こり得るミスが

 

「間違えて、予定よりも多くチャージしてしまった」

 

というもの。

 

 

例えば、1,000円だけチャージするつもりで、

1万円札を券売機に投入して…

なぜか間違えて、「チャージ10,000円」のボタンを押してしまったら…

 

 

はい、当たり前ですが、

1万円チャージされてしまいます(笑)

 

 

お金に余裕がある人ならいいですが

もしこの時、財布に現金がその1万円しか入ってなかったら…

 

そのあとの支払いが全て、SuicaやPASMOだけで済ませられるならいいですが

そうでなければめちゃ困る…

 

まあ、自業自得なんですけどね(笑)

 

 

ただ、そうやって、間違えてたくさんチャージしてしまった場合に

 

チャージの取り消し、お金を払い戻す

現金を戻す方法はあるのか?返金できるのか?

 

について、知らない人もいると思いますので、

ご紹介します。

 

 

東京駅 開業100周年記念 Suica (スイカ)台紙付

東京駅 開業100周年記念 Suica (スイカ)台紙付

 
Suicaが世界を変える JR東日本が起こす生活革命

Suicaが世界を変える JR東日本が起こす生活革命

 
電子マネーのすべてがわかる本―Suica PASMO Edy ICOCA PiTaPa

電子マネーのすべてがわかる本―Suica PASMO Edy ICOCA PiTaPa

 

 

誤チャージを取り消してお金を返してもらう方法(控除)

一般的な「電子マネー」の場合は、一度チャージしてしまうと返金できない場合が多いような気がします。

 

それでは、SuicaやPASMOはどうかというと…

 

実は、チャージを取り消す方法があります!!

ただし、条件があるのでご注意ください。

 

簡単に言うと、

 

間違えたら、すぐに、その場で申し出ろ

 

ということです。

条件は3つです。

(一応ここに書く内容は、鉄道の駅では対応してくれると思います。駅以外の場所でのチャージやiPhoneアプリでのチャージについては、戻せるかどうか、未確認です。。)

 

1.当日であること

2.その場所であること(駅でのチャージなら、その駅)

3.未使用であること

 

1.当日であること

まず、チャージをしたその日でないといけません。

もしかしたら、鉄道会社によっては、直後かどうか?という聞き方をされる可能性もありそうです。

なので、間違ったら、すぐに申し出るのが無難です。

あとの条件を満たしているなら、時間が経っても、今日中なら対応してくれる可能性があるので、申し出てみましょう。

もちろん、人がいるところ、駅員さんにお願いしないとお金を戻すのは無理です。

 

2.その場所であること

別の場所では対応できないようです。

チャージをしたその場所で言いましょう。

 

3.未使用であること

これが一番大事だと思います。

チャージをしたあとに、何らかでカードを使用してしまうと、お金を戻すことはできなくなるようです。

自動改札機で「入場」のタッチをしただけでもアウトっぽいのでご注意を。

 

 

…ということで

 

とにかく、すぐに言わなければ、

チャージしたお金を戻してもらうことは難しい!

と覚えておきましょう!!

 

 

ただ、、

 

そうはいっても、

え???もうタッチしちゃったよ。。

 

というような人もいるかもしれません。。

 

そういう方のために、裏技をお教えしたいと思います。

 

ICカードにチャージしたお金を取り出す裏技

今からお教えする方法は、鉄道会社が公式に認めている方法ではないですし

ある意味では迷惑な行為かもしれませんので

基本的にはやらないようにしましょう。

また、断られても文句は言えないと思った方が良いと思います。

 

その方法とは、

 

SuicaやPASMOのICカードを使って、

切符を買い

「買い間違えた」

ということを申し出て、払い戻す

 

というものです。

おそらくですが、

最初から「ICカードのお金を出したいから切符買って払い戻す」と言うと、断られると思われます😓

そういう使い方は本来の使い方ではないと思いますので。

 

しかし、本当にSuicaやPASMOを使って切符を買ったものの「間違えた」という人もいるはずで

 

買ってすぐに駅員さんへ申し出れば払い戻してくれるはずです。

(くれぐれも言いますが、やってくれなくても文句はいえませんので。。)

 

その時、ICカードで切符を買ったからと言って、ICカードの残額を戻す、ということは基本的にはありません。

ほぼ確実に現金で返してくれると思います。

 

なので、この仕組みを使えば…

 

例えば、チャージした1000円を戻したいなら

1000円ぐらいの切符を買って払い戻しをお願いすればOK。

 

たとえば…一日券みたいな切符なら、

それぐらいの金額かなと思います。

 

もしくは回数券とか?

だいたい数千円です。

 

…もしこれをやる場合にも、

切符を何枚も買ったりするのはやめておきましょう。

 

確実に、あやしまれます😓

 

 

一時期、メルカリで

チャージされたSuicaとかPASMOがチャージされてる金額より高い金額で売られてたの知ってますか??

 

カード払いで買うから、

後払いで、とにかく今すぐ現金が欲しい人が買っていたようです。

 

 

なんか、カードからなんとかして払い戻ししようとしてたりしたら、

そういうあやしい取引をしたカードなのでは?と疑われる可能性もあります。

 

なので、あくまであやしまれないように

スマートに行うことが必要です。

 

 

なんとか全額取り戻したい!!

 

みたいな人の場合は

カード自体の払い戻しを考えましょう。

定期券だと無理ですけどね。。

あと、手間は少しかかるのと、

Suicaだと手数料がかかりますが。

(PASMOは手数料無しです)

 

SuicaとPASMOは払い戻し手数料が違うので注意、パスモは廃止になり無料 - ひなぴし

このブログへメール 削除依頼について 
//スムーズスクロール