ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

新しい記事は、顔だけ黄色い人というブログでも公開しています。このブログ「ひなぴし」も更新していきます(笑)

FeedlyからInoreaderに乗り換えた話

RSSリーダーという名前で僕は認識していましたが、フィードはRSSだけではないということで、

フィードリーダーというのが一般的な名称になるんですかね?

 

あらゆるサイトの更新情報を取得し、効率よく情報収集ができるアプリケーションソフトウェアのことです。

 

 

たくさんの情報をWEBから毎日得るには

フィードリーダーを使うのが効率的なんですよ。

 

自分が興味を持っている事柄を扱うようなサイトを登録したり

興味があるワードを登録しておいて、WEB上に新たに上がったニュースやブログ記事を読んでみたり。

 

ぼくの場合は、その中から興味をもった記事について

Twitterで発信しています。

 

Twitterアカウントはフォロワーが1万人以上いるんですが

実はけっこうリストにもたくさん登録されていて

 

その登録されている名前が「ニュース」というリストだったりします。

 

ひなぴし (@iPhoone3G) | Twitter

 

要はぼくのTwitterアカウントはニュースを流すアカウント

と認識されているということです。

 

これはけっこう嬉しい。

おそらく、ぼくのチョイスするニュースをまとめてみたい

という人がフォローしてくれたり、リストに登録してくれているんだろうと思っています。

 

 

なので、そのためにも毎日ニュースをチェックして

Twitterへ流すのですが

 

そのための情報収集には、フィードリーダーが欠かせません。

毎日1,000件以上のフィードをチェックしています。

 

チェック、といっても、全部のサイトをみるわけではなく

フィードに流れてきたページのタイトルをみて、チョイスしていくんですけどね。

 

 

まあ、Twitterへ流すというのは「ついで」でやっているだけで

実際には、自分が世の中の流れと自分の興味について最新情報を得るためにやっていることではあるんですけど。

 

これはやり方を間違えると、相当大変な作業になります。

 

 

効率的にやるためにフィードリーダーがあって、

 

多くのフィードリーダーを使っていた人と同じように

ぼくも以前はGoogleリーダーを使っていました。

 

 

しかしそのGoogleリーダーはサービスを終了することに・・

 

で、たしか記憶ではライブドアリーダーを使ってみようか(でもライブドアリーダーも終了するとかしないとかになり)なんて右往左往しているうちに

 

Googleリーダーからの乗り換え対象者を救います!

みたいな雰囲気で登場した、「Feedly」に落ち着きました。

 

正直、Googleリーダーからの乗り換えでのFeedlyは使いやすかったです。

たいてい同じ機能があったように思いましたし。

 

まあ、そこまで細かい使い込みはしてなかったので

細かいところまではわかりませんが。

 

でも、Feedlyにはとくに不満はありませんでした。

 

Feedlyに乗り換えたのが今からもう、4年前ぐらいになるんですかね?

 

 

そしてつい最近、新たなフィードをFeedlyに登録しようと思ったら・・

 

f:id:AR30:20170621154929p:plain

 

おい!

なんだよ!

 

有料登録しろってか!!

 

 

どうやら、登録するのは100件まで(正確な数字を把握してません)のような

制限が設けられたようです。無料アカウントに対しては。

 

前は・・こんなの無かったような気がするんですが・・

 

 

しかも、ぼくはこの時点ですでに100以上の登録をしていたので

数件のフィードを削除しても100未満にならず

 

新たなフィードが登録できませんでした・・

 

なんだよ・・Feedly・・・うざい。

 

 

まあ、たしかに、単に無料でサービスを提供し続けるのは難しいとは思うんですけどね。

 

でも、フィードの数を増やすためだけに有料登録はしたくないなと。

それ以上の機能の活用はしてないし、考えてもいない。

(この作業にそれほど時間も労力もかけたくはないし)

 

 

そこで、Googleリーダーからの移転以来、初めて

新たなフィードリーダーを探すことにしました。

 

そしたら、各所でオススメされているのが

Inoreader

というフィードリーダー。

 

読み方は・・「イノリーダー」なんですかね?

 

iPhoneでもチェックできるようだし

タイトルだけをざっとみていくぼくに必須な

リスト表示も可能。

 

 

さらに、読んだところまでを既読にする機能もあるということで。

(WEB版では「ここより上を既読」「ここより下を既読」のような機能もある)

(iPhone版にはこの機能はないのか?と思っていたが、設定をまさぐってみたら、リストを下へ下へ進んでいけば、次を読み込むタイミングでそこまでの分を既読にする機能があった)

 

この機能は必須なんですよね。

1日に1000件以上もチェックするとなると、一度には無理なんで

何回にも分けてチェックします。

 

その都度、読んだところまでが既読にならないと

非常に使いづらいので。

 

 

で、さらに、今まで同様に

Macでも、Google Chromeに拡張機能を入れることもでき

ほぼFeedlyの使い勝手と同じ感じで使えています。

 

 

おそらくぼくと同じように

Feedlyの有料化で、他に移りたいと思っている人がいるでしょうが

 

Inoreader、オススメですよ!

 

 

Feedlyで登録しているフィードがエクスポートできるのですが

それをそのままInoreaderにインポートすれば

 

今すぐ、Feedlyで読んでいたのと同じ環境で読むことができるようになります。

 

 

フィードリーダーの使い方は、おそらく人それぞれだと思うので

必要な機能も人それぞれ違うとは思いますが

 

Feedlyを使っていた人なら、Inoreaderは使いやすいと思いますよ。

 

 

まあ・・Feedlyには無かった位置に広告が入ったりはしますが

それは無料で使う以上はやむをえないことですよね。

それが嫌なら、Feedlyで有料契約すればいいし。

Feedlyの有料契約もたいした金額ではありませんし。

 

 

まだ使い始めたところなので、これから不満が出て来る可能性もありますが

今のところは満足しています。

 

RSSリーダー、フィードリーダー

何を使おうかな?Feedlyから何に移転すればいいかな?

と考えている人は

 

Inoreaderを候補に入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

Feedlyではできなかったような、細かいいろいろな設定も

Inoreaderではできるそうですよ!

(ただし、ぼくはやる気がない(笑))

このブログへメール 削除依頼について