読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

大河ドラマ・おんな城主直虎で小野政次は不運の人?小野政次の妻と子は?

TV ドラマ 日本史

おんな城主直虎、桶狭間の合戦が描かれました。

第9回「桶狭間に死す」のあらすじストーリーネタバレも含めて、書いていきます。

 

小野政次は不運の人?悪者?

桶狭間の合戦は井伊家にとっても重大事で

今川軍の先鋒として参戦していたその時の井伊家当主で直虎の父・井伊直盛(杉本哲太)は命をたち、

その他にも、小野但馬守政次の弟・小野玄蕃も討ち死にしました。

 

井伊家の被害は甚大で、かなりの犠牲が出たそうです。

 

当主が亡くなったということで井伊家は大混乱、

後継ぎをどうするか?で家中は慌ただしくなっていました。

 

 普通に考えれば、井伊家の血を受け継ぐ、井伊直親(三浦春馬)が後継ぎになるはずのところ、

中野直由(筧利夫)に任せるように、との直盛の遺言が明かされ、それに小野但馬守が同調…

 

というところに、

 

奥山朝利(でんでん)がひっかかり、

中野にあとをまかせることで小野が井伊家をのっとる算段で、直盛に政次が讒言していたのでは?

と、小野家を敵対視。

 

小野政次の弟、小野玄蕃(桶狭間の戦いで討ち死)に嫁いだ自分の娘と、その子を取り返そうとします。

 

手紙のやり取りでは拒否されたので、呼び出すことに…

 

ただそこで、政次と嫁にいった「なつ」が会話するシーンが挿入されるんですが

なつ自身が「小野家においてほしい」と頼んでいました。

そこで政次は「子が玄蕃の子供の頃にそっくりで。。残ってくれて嬉しい」と涙ぐんでいました。

 

 

奥山が政次を呼び出した結果どうなったかというと、

 

政次は、なつとその子を奥山家へ返すことは拒否しました。なつが断ったので…

と言ったところ納得しない奥山でしたが、そこで

「なつとその子を人質にするつもりか!?」と言ってしまいます。

 

そこで政次は逆に、「そんなこと考えたこともなかった。むしろ逆に、なつとその子を取り返したら小野家から人質を取ったかのように思うつもりだったのか?殿が亡くなってこの一大事の時に、奥山殿は自分のことだけを考えて行動していると!みなに知られたらどうなるか…?!」と、会心の一撃で返します(笑)

 

これが効いて、奥山は引き下がるのですが

やっぱり気に食わなかったのか、去って行く政次に後ろから襲いかかります。

 

その後のシーンはありませんでしたが、

そのあと次郎法師(直虎)のところへ行った、負傷をおった政次が

「奥山殿を切ってしまった」

と言っていたので…もみ合いになり、斬り殺した、

ということなんでしょう。。

 

 

…というのがあらすじなんですが。

 

 

2017年NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」完全読本 (NIKKO MOOK)

2017年NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」完全読本 (NIKKO MOOK)

 

 

天虎~虎の女 (TVサイズ)[テーマ音楽]

天虎~虎の女 (TVサイズ)[テーマ音楽]

  • Lang Lang (piano) Paavo Jarvi (conductor) NHK Symphony Orchestra
  • サウンドトラック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

小野但馬守政次が奥山朝利を斬ってしまったのは「やむをえない」ことだった。

 

という風に、おんな城主直虎では描かれるようです。

 

史実上は

「小野政次に暗殺された」もしくは

「攻めてきた今川軍に討たれた」

となっているようで、

 

どちらにせよ、

小野かもしくは小野をバックアップする今川から敵対視されていたことは間違いないようです。

 

史実上はこのあと、小野が井伊家を井伊谷から追い出して乗っ取ってしまうわけですし。。

 

要は、小野政次かもしくは今川によって殺された、と。

 

 

ただ、

おんな城主直虎では、政次が「やむをえず」奥山を殺したことになるようです。

 

「小野が井伊家を乗っ取るために邪魔になる一門衆の有力者を殺した」という従来の説からは外れた話になります。

 

ここが外れてくると、

その後に起こる、小野政次が引き起こす色々な井伊家への反逆的な行為も…全て「そのつもりはなかった」ということになりそうです。

 

直虎のため、井伊家のためにやったことが裏目に出た

 

となるのか

 

井伊家も立てつつ、今川家も立てるとなると仕方がなかった(井伊家を陥れるのは本意ではないが、今川に命令されるのでやむをえず)

 

となるのか。

 

おそらくこの作品での小野政次は、あんまり悪い奴にはならないような雰囲気です。

 

歴史上の事実からみえることだけでいうと

父・小野政直とともに、主家である井伊家を陥れた奸臣という扱いなんですけどね😓

 

そうならない可能性がぷんぷんしてきましたね〜〜

 

 

 

まあ、もしかしたら

 

あれもこれも全て計算づくで

今回のことも計算通りだったけど、

自分の言うことを真に受けてくれそうな

次郎法師を利用して、やっぱりより良い立場を成立させようとしているのか(笑)

 

もしそうなら、

単に陥れた父よりも、もっとよっぽど悪い奴ですよね(笑)

 

 

僕個人としては、悪い高橋一生を見てみたいんですが…(笑)

 

いったいどっちに転ぶのか??

 

 

 できれば、とことん裏がある小野政次(小野道好とする文献もあるようです)

を見てみたいなと思います(笑)

 

 

最後は徳川家康(阿部サダヲ)の命令で処刑されますからね…

 

それも「悪いことをする気じゃなかったけど、行きがかり上こうなった」とか「勘違いで悪者にみなされた」となるのか。

それはそれで、不運すぎる気がします。

 

とことん、裏の裏まで計算している、

自分に都合が良いように仕向ける小野政次を希望します(笑)

 

 

小野政次の妻と子

弟の小野玄蕃については妻と子がいることがあきらかですが…

 

この大河ドラマ上ではきっと、次郎法師(直虎・柴咲コウ)のことが好きだと思われる小野但馬守は

妻がいたのか?子は??

 

妻と子はいたようですが、

史実上は名前が残ってないようです。

 

 ただ子がいたことは間違いないようなので、結婚して妻がいたことは間違いないでしょう。

 

「直虎」では、妻と子は描かれないかもしれませんね。

直虎のことが好き設定ですから。。

 

ちなみに、史実だと、政次の2人の子は、政次が処刑されたあとに殺されたようです。

 

 

 

「直虎」でどう描かれるかはわかりませんが

井伊直親の子、井伊直政(後の徳川四天王の1人)も

小野但馬守は殺そうとしますからね〜〜

 

それが原因となり、

直虎たちも井伊谷から離れることになり

小野但馬守が井伊家を乗っ取ることになるのですが…

 

ここがどう描かれるのか?! 

 

 

もうこのころには正体を現して、直虎に対し

「わしの妻となれ!そうすれば井伊家は存続する」と命令するのか(笑)

 

そういえば先日も、

「還俗して、わしの妻となるか?」と言ってましたよね?政次は次郎法師に対して。

 

あれがまた起こるかもしれないですね😓

 

 

とにかく、高橋一生が演じる小野但馬守政次が

悪くなるのかならないのか。

ここが注目ポイントです。

 

あ、史実的には、井伊直親と小野但馬守政次は仲が悪かったそうですよ。

そりゃそうですよね、政次の父が直親の父・井伊直満を殺したようなもんですから。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このブログへメール 削除依頼について